新しいレシピ

おいしい料理:リッチランドラムシングルエステートオールドジョージアラム

おいしい料理:リッチランドラムシングルエステートオールドジョージアラム

健康的な食事はまだおいしいはずです。

より素晴らしい記事とおいしくて健康的なレシピのために私たちの毎日のニュースレターにサインアップしてください。

ケイト・マリン

リッチランドラムシングルエステートオールドジョージアラムの最初の味は、キャラメル、バニラ、エスプレッソのノートで始まります。次はサトウキビとタバコのフレーバーで、ダークチョコレートとイチジクのヒントが入った長いフィニッシュが続きます。ジョージア州リッチランドで最初から最後まで手作りされた深い黄金色のラム酒は、サトウキビシロップと湧き水のみを使用して作られています。比類のない風味の純粋で丈夫なラム酒は、きちんと、または角氷とオレンジの皮と一緒に楽しむのが最適です。

ジョージアのテロワールを真に反映したリッチランドラムは、サトウキビが栽培され、蒸留所が同じ所有者によって運営されている単一のエステートラムです。サトウキビの発酵から蒸留、熟成、瓶詰めまで、すべてのステップが慎重に、職人技で、そして最終製品に多大な注意を払って行われます。樽がブレンドされることはなく、防腐剤、味覚増強剤、着色料、添加物が添加されることはありません。これにより、各ボトルのラム酒の真の風味が際立ち、愛情を込めて作られた場所と時間を反映できます。

リッチランドラムシングルエステートオールドジョージアラムはで入手可能です www.richlandrum.com とで 店舗 全国で。リッチランドラムはの一部です グッドフードアワード、私たち全員が食べたい種類の食品を作る食品および飲料の生産者を称えるプロジェクト–おいしく、本物で責任感があり、 グッドフード商人ギルド、あらゆる規模のグッドフードビジネスを結び付け、招集し、促進するためにアメリカのクラフトフードビジネスを統合する全国協会。

----------

グッドフードアワードでの草の根活動から、ニューヨーク大学のフードスタディーズマスタープログラムでの継続教育まで、ケイトマリンは素晴らしい料理と良い人々への比類のない情熱をもたらします。

より良い食べ物の発見:


ラム酒の世界への旅:2021年に試すブランド

かつてはパーティードリンクに過ぎないと考えられていたスピリッツの世界は、その瞬間を迎えており、今では すべてのスタイルで最高のラム酒.

圧倒的なココナッツエッセンスを備えた、病弱な甘いラム酒の時代は終わりました。 新しいアロマ, フレーバープロファイル との範囲 興味深い蒸留方法.

から カクテル対応の白いラム酒 エレガントに飲みやすい 最高のダークラム、2021年はこの精神に分岐する年です。

ウイスキーと同じコレクターファンベースや同じ規模の投資機会はないかもしれませんが、ラム酒の大きな魅力の1つは、比較的低価格であることです。最高品質を簡単に楽しむことができます ラム 50ドル未満で、他の多くの酒についても同じことは言えません。

白、濃い、またはスパイスの効いた、おいしいラム酒のボトルを楽しむことになると、誰にとっても何かがあります。

リスト全体を読む時間がありませんか?これが私たちの絶対的なお気に入りのラム酒です:

  • 2021年の全体的な最高のラム酒。ロンサカパ23年センテナリオ
  • 2021年の最高の価値のラム酒:マウントゲイエクリプスラム

最高の予算のラム酒から、きちんと飲むための最も滑らかなラム酒まで、次のボトルを購入するときに知っておく必要のあるすべてがここにあります。


イタリアの素晴らしさを刷新

モンテカシーノの宮殿のようなパラッツォにある象徴的で人気のあるメデオレストランは、最近改装されました。

豪華なベルベットで覆われた椅子と弾力のあるカーペットで、かかとを蹴って裸足でパタパタと音を立てるような新しいインテリアが自慢ですが、どんなに魅力的であっても、そうしないことをお勧めします。

壁のアートワークは、アーティストのカースティメイホールによる飛行中の活気に満ちた鳥を特徴としています。

インテリアデザインは、SAデザインのエキスパートであるDavidMuirheadが率いていました。新しいメニューには、スターターとしてポテトサラダを添えたタコカルパッチョ、ほうれん草とヤギのチーズルラードを添えたスービッドチキン、ピーマンソース、ベビーポテト、焦げたタマネギなどの特製料理をメインディッシュの1つとして含むアラカルトオプションがあります。もちろん、特製デザートは、キャラメルバニラソースとシナモンアイスクリームを添えたアップルストロベリークランブルです。

試してみてください:セージとバターソースを添えた子牛のトルテリーニ。


2018年のGoodFood Awardsで、40を超える南部の食品会社が大賞を受賞しました

Good Food Awardsは、週末にサンフランシスコで2018年の受賞者を発表しました。この賞は、ビールから漬物まで15のカテゴリーで美味しくて持続可能な食品を生産する食品会社を表彰しました。

Good Food Awardの受賞者は、美味しく、本物で、責任を持って調達されることが保証されています。すべての製品は、業界固有の環境的および社会的基準を満たし、賞の原則に準拠していることを確認するために、ブラインドテイストテストと審査プロセスを受けます。ブラインドテイストテストが行​​われた2,000の製品のうち、南部は9つの異なる州から40を超える受賞製品を生産しました。

ジョージア州クラークスビルにあるMtnHoneyのSourcombHoneycomb Honeyなど、南部の受賞者の一部は過去に表彰されました。これは2017年に受賞者でした。

ジョージア州ピッツのオリバーファームは、南部で最高のオイルのいくつかを生産しています。過去には、ピーカンオイル、ピーナッツオイル、ひまわり油がこの賞を受賞しました。今年、そのピーカンオイルは2度目のグッドフード賞を受賞しました。 「石油生産が拡大し、さまざまな石油の特性と使用法についてもう少し理解し始めると、私は畏敬の念を抱き、それが無数に使用できる方法に疑問を抱きます」とクレイオリバーは言いました。 「バランスの取れた栄養のためには、自然においしいナッツオイルとシードオイルが必要です。」サザンキッチンのアソシエイトエディターであるケイトウィリアムズは、このオイルをサラダドレッシングに加えるか、スパイスを効かせたピーカンバターに混ぜて、パンケーキやワッフルの上に盛り付けることをお勧めします。

私たちはまた、サイダー、エリクサー、スピリッツのカテゴリー全体で多くの受賞者の大ファンです。サザンキッチンの寄稿者であるBethMcKibbenは、昨年、2つのGood FoodAwardsを受賞したRichlandRumについて書いています。ジョージア州の小さな町リッチランドで、彼女は次のように書いています。「町の市長を30年間務めてきたアドルフ・マクレンドン市長は、リッチランドのメインストリートまたはその近くにラム酒蒸留所を建設するという大胆な計画を立てました。」蒸留所は新しい仕事をもたらし、ゆっくりと消えていった町を活性化させました。ほぼ10年後、リッチランドラムは現在14の州と5か国にあります。アンバーンのラムパンチまたはバナナフォスターで受賞歴のあるラム酒を使用することをお勧めします。

カクテルマエストロでサザンキッチンの寄稿者であるジェリースレーターも、サイダーカテゴリーの受賞者の1人の大ファンです。彼は、フレンチ75カクテルにひねりを加えたシャンパンの代わりに、2018年に最初のグッドフード賞を受賞したフォギーリッジサイダーを使用するのが好きです。

ルイジアナを拠点とするElGuapo Bittersは、初めての受賞者であり、甘くてフローラルなものからスパイシーでおいしいものまで、さまざまなフレーバーのカクテルに次元を加えています。今年の優勝者であるチコリピーカンをオールドファッションドで使用することをお勧めします。結局のところ、苦味のない昔ながらの何ですか?


すぐにチーズボードを作成したい場合は、Southern Kitchenのガイドを参照して、完璧なチーズボードを作成し、チーズと豚肉の両方のカテゴリから受賞製品を含めることを検討してください。受賞歴のある注目すべきチーズの1つは、ジョージア州トーマスビルにあるSweet GrassDairyのThomasvilleTommeです。この乳製品は、2009年と2015年に世界チーズ賞を受賞しました。「繊細でありながら複雑な土の風味とクリーミーな食感」を備えたこのセミソフト熟成チーズのトロフィーケースに、グッドフード賞を追加できるようになりました。

他の何人かの勝者が私たちの目に留まり、私たちはそれらを試すのが待ちきれません。きゅうりのピクルスは南部で人気がありますが、アジアのフュージョン料理と韓国料理の人気が高まっているため、キムチも一瞬です。サウスカロライナ州ブラフトンでは、ジュースハイブとスリーシスターズファームが、サンドイッチからチャーハンまで、あらゆるものに追加できる2種類のキムチを作りました。漬物が気に入らない場合は、フロリダ州サラソタのSapore DellaVitaのカルダモンローズキャラメルソースやジョージア州アトランタのXocolatlSmall Batch Chocolateのペルー70%チョコレートのバーなどの甘いおやつを試すことをお勧めします。

南部からの受賞者の完全なリストは次のとおりです。

ビール
Fullsteam Brewery、Farm’s Edge:Alexis、Farm’s Edge:Brumley Forest&Farm’s Edge:Dinnsen’s Orchard、ノースカロライナ
ポートシティブリューイング、バージニア州タイディングエール
ストレンジランドブルワリー、スコッチエール、テキサス

シャルキュトリー
アメリカンピッグ、ピカンテサラミ、ノースカロライナ
ファーマーズドーターマーケット&ブッチャー、ウェストバージニア州ホットカピコラ
ノースカロライナ州サンジュゼッペサラミ社、スウィートソプレサータ&スパニッシュスタイルチョリソのレディエジソン

チーズ
ホタルファームクリーマリー、メリーランド州メリーゴートラウンドスプルースリザーブ
ノースカロライナ州ベアウォローのLookingGlass Creamery
Sweet Grass Dairy、ジョージア州トーマスビルトム

チョコレート
カストロノボチョコレート、シグネチャーコレクショントゥマコダークミルク60%、フロリダ
チャームスクールチョコレート、ココナッツミルクモカ、メリーランド
Xocolatl Small Batch Chocolate、ペルー70%、ジョージア

サイダー
Big Fish Cider Co.、Allegheny Gold、バージニア
キャッスルヒル、セレンディピティ&レビティ、バージニア州
フォギーリッジサイダー、ファーストフルーツ、バージニア州

コーヒー
マッドハウスコーヒーロースター、リムダベサ、エチオピア、バージニア
ノーブルコヨーテコーヒーロースター、エチオピアグジ–オーガニック–ナチュラルプロセス、テキサス
Per’La Specialty Roasters、フロリダ州エチオピアシャキソ

お菓子
ショコラタイ菓子、ひまわりクランチカップ、ノースカロライナ
Escazu Artisan Chocolates、ノースカロライナ州アールグレイダークチョコレートガナッシュ
Sapore Della Vita、カルダモンローズキャラメルソース、フロリダ

秘薬
El Guapo Bitters、Chicory Pecan Bitters&amp Classic Greek Rose Cordial、ルイジアナ
Element [Shrub]、Chai Pear Shrub、バージニア
モダンバーカート、エンビターメントチョコレートビターズ、コロンビア特別区


ロックス、ボックス、バレル、ケルト海運、伝統的なコールドスモークサーモン、テキサス

ハニー
MtnHoney、Sourwood Honeycomb、ジョージア
スウォームチェイサー養蜂場、ワイルドフラワーハニー、ジョージア州

オイル
オリバーオイル社、ピーカンオイル、ジョージア州

パントリー
A&ampA Alta Cucina Italia、Vidalia Chutney、ジョージア
ドレスアップドレッシング、ゴマタヒニドレッシング、メリーランド
ネナの規定、ノースカロライナ州のダスティフットヒルズチリソース

漬物
Gordy’s Pickle Jar、ケイジャンオクラ、コロンビア特別区
HEX Ferments、Glow Kraut、メリーランド
ジュースハイブ、シソリーフキムチ&ローカントリーキムチ、サウスカロライナ

ジャム
Atwater’s、Strawberry Hibiscus Jam、メリーランド
ノースカロライナ州ローストストロベリープリザーブのフィドルヘッドファーム
ピックアンドプリザーブ、ノースカロライナ州ピーチNCアップルブランデーバター
Regina’s Farm Kitchen、ストロベリー、ブルーベリー、ハラペーニョジャム、ジョージア州

スピリッツ
Balcones Distilling、ベイビーブルー、テキサス
カトクチンクリーク蒸留所、バージニア州ラウンドストーンライ80プルーフ
リッチランド蒸留会社、ジョージア州シングルエステートバージンコースタルジョージアラム

レイチェル・テイラーはサザンキッチンのスタッフライターです。彼女はメリーランド州の大学を卒業した後、今年初めにアトランタに移り、アトランタジャーナルコンスティテューションと政治ジョージアのデジタルオーディエンススペシャリストであり、USAトゥデイやメリーランドのデルマーバデイリータイムズなどの出版物のフリーランスライターでもあります。 39年代のイースタンショア。彼女はフランスとイタリアに住んでいて、旅行が大好きです。


ハンプデンエステート

ジャマイカのラム酒生産者であるハンプデンエステートは、プレミアムドリンクエージェンシーのスペシャリティブランドと提携して、ハンプデンのグレートハウス蒸留所エディションの限定リリースを英国市場で販売しています。過去には、この特別なブレンドはジャマイカのトレローニーにある蒸留所でのみ販売されていました。マスターディスティラービビアンウィズダムによって作成された、59%ABVハンプデングレートハウス蒸留所エディションは、ハンプデンエステートで蒸留され熟成されています。 「ハンプデンエステートは、世界中の酒飲みから賞賛される最高品質のジャマイカのラム酒を作ることで有名です」と、スペシャリティブランドのマーケティングディレクターであるクリスシールは述べています。 「グレートハウスは、蒸留所の才能と長年の遺産を祝うものです。この限定版を全国のラム酒愛好家に紹介できることを大変うれしく思います。」 Hampden Estate Distillery Editionは、現在英国の専門小売店やバーで販売されているHampden Estate46°とHampdenEstate60°のラム酒に加わりました。 Hampden Great House Distillery Editionは、ジャマイカのトレローニーにある蒸留所の周辺に敬意を表しており、1753年にエステートの最初の所有者であるスターリング家によって設立された邸宅も含まれています。 https://www.hampdenestaterum.com/


今月の新機能

テイスティング:
フィフティベスト 私たちのスピリッツ審査委員会の15人のメンバーと一緒に14の熟成ラム酒の「ブラインド」テイスティングを開催しました。厳格なテイスティングルールが適用されました。サービスの順番は、抽選で事前に決められています。熟成させたラム酒のそれぞれを、新しい密封されたボトルから新鮮なグラスに注ぎ、室温よりわずかに高い温度で提供した。口蓋を浄化するために利用できるのは、氷水、中性の無塩クラッカー、およびチップだけでした。

審査員は、各製品の印象をスコアシートに書き留めました。スコアリングは5ポイントシステムで行われ、5が最高でした。ダブルゴールド、ゴールド、シルバーは、審査員から受け取った最終ポイントスコアの設定範囲に応じて授与されます。このテイスティングで授与された銅メダルはありませんでした。

以下のテイスティングノートは、審査員の意見の要約であり、複製された解説はすべて削除されています。国/原産国およびABVは、ラムごとに識別されます。

ダブルゴールドメダル受賞者

タンドゥアイダブルラム
(タンドゥアイ蒸留所、フィリピン)80 prf
遺産のアジアのサトウキビから蒸留されました。 16年と5年のラム酒をブレンドし、オークでさらに2年間熟成させます。

鼻: プラリネ、焦げた砂糖、ヌテラ、マジパン、アマレット、アーモンド、レーズン、プルーン、ドライデート、ココナッツ、イチジク、明るい柑橘類、シリアル、オールスパイス、オーク、おいしい。

口蓋: キャラメル、チョコレートニブ、焦げた砂糖、ブラウンバターケーキ、ラムケーキ、フルーツケーキ、トロピカルフルーツ、チェリー、甘いココナッツ、甘い小麦、バニラビーンズ、バニラ。クリーミー、バターピーカン、マジパン、アマレット、アーモンドオイル、紅茶、シナモン、オールスパイス、クローブ、スパイシー、オーク、滑らか。

終了: キャラメル、チョコレート、ダークチョコレート、デメララ、焦げた砂糖、マジパン、アマレルナチェリー、プルーン、シナモン、オールスパイス、スモーキー、素晴らしい。

ダブルゴールドメダル

Ron Cihuat&aacuten Indigo Aged Rum
(エルサルバドル)80 prf
サトウキビから蒸留。 8年間熟成させたバーボン樽。

鼻: キャラメル、レッドベルベットケーキ、グラハムクラッカー、グラノーラ、ビスケット、焦げた砂糖、糖蜜、メープルシロップ、メープル、サトウキビ、蜂蜜、ハニーバター、バター、バニラ、マジパン、アーモンド、ココナッツ、日付、パイナップル、ライム、槍ミント、タバコ。

口蓋: キャラメル、クリーム、サトウキビ、糖蜜、デメララ、メープルシロップ、メープル、バニラ、蜂蜜、マジパン、温かいアーモンドバター、アーモンド、短いパン、ハニーサックル、オレンジの花、ライラック、ミント、甘草、コショウ、クローブ、コーヒー、オーク。

終了: ROLOチョコレートキャラメルキャンディー、クリーミー、バター、ヌガー、サトウキビ、バニラ、ジンジャーブレッド、長引くラズベリー、柑橘類、コーヒー、ナツメグ、黒胡椒、複雑、超柔らかく、滑らか。

ダブルゴールドメダル

金メダル受賞者

サムスミスのボートヤード熟成ラム酒
(ニューヨーク州クーパーズタウン蒸留所)86 prf
100%フロリダのサトウキビから蒸留。分熟成。元バーボン樽で2年の。

鼻: バタースコッチ、ショコラティ、ナッティバディウエハースバー、ブラウンシュガー、スイートケーン、糖蜜、ヌガー、クレグレイブブリュサーキュレット、軽く焦げたバター、バニラ、ハチミツ、ココナッツ、トロピカルフルーツ、レーズン、ドライフルーツ、オレンジピール、スイートピース、ミント、モカ、ナツメグ、スモーク。

口蓋: キャラメル、クリーム、ブラウンシュガー、サトウキビ、菓子砂糖、cr&egraveme br&ucircl&eacutee、バニラ、フルーツポンチ、グアバ、ライム、クルミ、ナッツ、コーヒー、焦げたトースト、ユーカリ、シラントロ、コショウ、クローブ、ナツメグ、タバコ、かび臭い、オーク、スムーズ。

終了: キャラメル、クリーミー、チョコレート、生ココア、ライトモカ、砂糖のバースト、甘いストロー、トースト、レモン、ライム、シナモン、クローブ、ペッパー、タバコ、皮革、かび臭い、オーク、柔らかい。

金メダル

鼻: バニラ、クロテッドクリーム、ブラウンシュガー、デート、ラムケーキ、スイートチェリーキャンディー、アプリコット、ココナッツ、バターバニラスパイス、オートミール、プレイドー、アーモンド、モカ、コーヒー、ナッツ、ライトクローブ、柑橘類、新鮮な刈り取られた干し草、ベビーパウダー、シルキー。

口蓋: ダークキャラメル、バタースコッチ、チョコレート、糖蜜、バニラ、蜂蜜、焼きマシュマロ入り山芋キャセロール、サツマイモキャンディー。マンゴー、グアバ、アプリコット、レモン、柑橘類、生姜、草本、ミント、オーク、バランスの取れた、清潔で滑らか。

終了: フェレロロシェヘーゼルナッツチョコレート、バニラ、サトウキビ、焦げた砂糖、ナツメヤシ、ドライフルーツ、コショウ、タンニン、ウッディ、バランスの取れた、柔らかく、滑らか。

金メダル

パパのピラールシェリー樽が完成しました
24ソレラダークラム

(Hemingway Rum Co.、FL)86 prf
フロリディアン、中央アメリカ、カリブ海のラム酒をブレンドしたソレラは、ポートワインとバーボン樽で熟成され、スペインのオロロソシェリー樽で仕上げられています。

鼻: チョコレート、チョコレートミルク、クロテッドクリーム、キャンディーチュー、糖蜜、ブラウンシュガー、焦げた砂糖、バーモントメープル、濃厚なメープルシロップ、パンケーキ、焼き菓子、ふすま、モカ、コーヒー、エスプレッソ、イチジク、クルミ、シナモン、オールスパイス、オーク。

口蓋: チョコレート、ガナッシュ、バタースコッチ、ブラウンシュガー、糖蜜、メープルシロップ、メープル、モカ、キャラメルマキアート、モカ、シリアル、クルミ、スミレ、緑茶、ライトリコリス、コショウ、クローブ、ナツメグ、ウッディ、ディープオーク、リッチ、ビロードのような。

終了: 甘いチョコレート、ペルジーナチョコレート、ヌーガット、バニラ、ハニーナッツチェリオ、糖蜜、モカ、ヘーゼルナッツ、ライラック、ミント、素敵なスパイス、タンニック、樽、オーク、完璧、おいしい。

金メダル

Ron Diplom&aacutetico Reserva Exclusiva
(ベネズエラ)80 prf
元バーボンと元モルトのウイスキー樽で12年まで熟成。

鼻: チョコレート、ミルクチョコレート、焦げた砂糖、コーラ、サッサフラスソーダ、メープルシロップ、バニラ、蜂蜜、カボチャのパイ、オレンジの皮、アーモンド、アニス、紅茶、ウーロン、オールスパイス、ナツメグ、クローブ、草が茂った、コショウ、革、木質、オーク。

口蓋: キャラメル、クリーミー、アフォガート、チョコレート、ブラウンシュガー、焦げた砂糖、糖蜜、バニラ、コーラ、スパイシーコーラ、ドライフルーツ、マンゴー、パッションフルーツ、アーモンドオイル、スイートシナモン、クローブ、ナツメグ、白胡椒、タバコ。

終了: チョコレート、バニラ、デメララ、サトウキビ、ペニーキャンディー、コーラ、スウィートティー、キャラメルポップコーン、デート、ナッツ、コーヒー、ペッパー、木のタッチ、柔らかい。

金メダル

タンドゥアイアジアンラムゴールド
(タンドゥアイ蒸留所、フィリピン)80 prf
伝統的なアジアのサトウキビから蒸留。ケンタッキーバーボン樽で7歳まで熟成。

鼻: キャラメル、cr&egraveme br&ucircl&eacutee、チョコレート、焦げた砂糖、糖蜜、乾燥糖蜜、バニラ、蜂蜜、赤い甘草、ココナッツ、バナナ、パイナップル、ベリー、生姜、バラ、セージ、アーモンド、ナッツ、ビスケット、紅茶、タバコ、海事、オーク、トロピカル。

口蓋: Cr&egraveme brul&eacutee、焦げた砂糖、クリーム、スイートクリーム、クロテッドクリーム、バニラ、マジパン、ココナッツ、バナナ、パイナップル、フルーティーなフレーバーのカスケード、ハーブ、ディル、新鮮な刈り取られた干し草、クローブ、ベーキングスパイス、タバコ、ミネラル、土、オーク、バランスが良く、滑らかです。

終了: ディープキャラメル、スイートクリーム、バニラ、焦げた砂糖、ルートビアフロート、デート、イチジク、バナナ、土、ウェットストーン、トースト、オーク、スコッチウイスキー、ソフト。

金メダル

リッチランドシングルエステートオールドサウス
ジョージアラム

(Richland Distilling Co.、GA)115.80 prf
サトウキビから蒸留。バージンアメリカンオーク、#4チャーバレルで5-6歳。

鼻: チョコレート、ブラウンシュガー、糖蜜、ココナッツプラリネ、モカ、バニラ、ブドウ、イチジク、オレンジ、シナモン、ディル、コショウ、タバコ、塩分、革、ヘビーチャー、オーク、ダークウッド、ウッディ、ウッドチップ、コニャック。

口蓋: バニラ、クロテッドクリーム、焦げた砂糖、レーズン、デート、グアバ、マンゴー、ココナッツスパイス、ユーカリ、ミント、コリアンダー、クローブ、シナモン、レザー、オーク、クローブ、オールスパイス、バランスの取れたもの。

終了: キャラメル、バニラ、プルーン、バナナ、噛みタバコ、ミント、シナモン、シガーボックス、チャー、焦げたオーク、オーク、ウッディ、ビロードのような、滑らかで、おいしい、完璧。

金メダル

銀メダル受賞者

ネプチューンバルバドスゴールドラム
(バルバドス)80 prf
8、5、3年前のラムのブレンド。

鼻: キャラメル、プラリネ、バター、クロテッドクリーム、バニラ、メープル、マジパン、オレンジの砂糖漬け、オレンジ、パイナップル、スイートチェリー、ピーチ、ハニーサックル、ピーカンナッツ、クルミ、モカ、ミント、ナツメグ、シナモン、木材、オーク。

口蓋: キャラメル、タフィー、ブラウンシュガー、糖蜜、バター、ライトチョコレート、バニラ、マジパン、ナッツ、ビスケット、調理済みバナナ、パイナップル、ジンジャー、アニス、甘草、槍ミント、草、シナモン、ベーキングスパイス、コショウ、フルーツとミネラルの素晴らしいバランス、柔らかく、滑らか。

終了: キャラメル、クリーミー、プラリネ、タフィー、糖蜜、焦げた砂糖、粉砂糖、ミルクチョコレート、蜂蜜、ココナッツ、オレンジ、オレンジの花、ナッツ、ナツメグ、クローブ、ベーキングスパイス、スパイシー、オーク、バランスの取れた、ビロードのような、柔らかく、滑らか、 美味しい。

銀メダル

リッチランドシングルエステートバージン
沿岸ジョージアラム

(Richland Distilling Co.、GA)101.40 prf
サトウキビから蒸留。バージントーストしたオーク樽で60日熟成。

鼻: バニラ、蜂蜜、新鮮な日付、バナナ、アプリコット、ドライマンゴー、オレンジ、オレンジの花、生姜、サワーレモン、草が茂った、ミント、小麦、パン、ファンク、オーク、アグリコール。

口蓋: バナナ、日付、フルーツロール、甘草、アーモンド、ハーブ、ペパーミント、茶葉、緑の草、セージ、スパイシー、キッチンスパイス、コショウ、黒コショウ、タバコ、タンニン、オーク、ウェットオーク。

終了: サトウキビ、乾燥バナナ、パイナップル、オレンジの皮、茶葉、ミント、アニス、オールスパイス、クローブ、ごま油、コショウ、杉。

銀メダル

Ron Cihuat&aacuten Cinabrio Aged Rum
(エルサルバドル)80 prf
サトウキビから蒸留。 12年間熟成させたバーボン樽。

鼻: キャラメル、ホワイトチョコレート、ブラウンシュガー、メープル、バニラ、デート、ドライマンゴー、マンゴー、洋ナシ、レモン、ハーブ、生姜、シリアル、ソフトモカ、クルミ、ナッツ、セージ、タイム、ベーキングスパイス、シガースモーク。

口蓋: キャラメル、チョコレート、ミルクチョコレート、トレクル、糖蜜、メープルシロップ、バニラ、マシュマロ、クッキー、シリアル、オート麦、クルミ、甘いレンズ豆、アプリコット、ブルーベリー、柑橘類、甘いオレンジ色の花、シナモン、クローブ、温かいスパイス、チャー、杉、オーク、滑らかで飲みやすい。

終了: バニラ、クッキー、ブラウンシュガー、焦げた砂糖、糖蜜、イチジク、お茶、モカ、コーヒー、ローストナッツ、かすかなシナモン、スモーキー、オーク、優しい。

銀メダル

パルチャンド12コロンビアラム
(Three of Strong Spirits、ME / Colombia、So。America)80 prf
グレードAの糖蜜から蒸留。元バーボン樽で12歳。

鼻: トゥーツィーロール、モカ、ブラウンシュガー、糖蜜、メープルシロップ、サトウキビ、バター、干しイチジク、イチジク、バナナ、小麦粒、全粒粉パン、シリアル、ヘーゼルナッツ、ミント、ベーキングスパイス、タバコ、オーク、ダークウッド。

口蓋: ダークチョコレート、ココア、キャラメル、焦げた砂糖、糖蜜、ライトコーラ、バター、バニラ、蜂蜜、イチジク、ハーブ、ミント、草、ペコティー、茶葉、ライト抹茶、シナモン、クローブ、ナツメグ、コショウ、オーク、杉、浮く、滑らか。

終了: 霧雨キャラメル、カカオ、デメララシュガー、温かいサイダー、お茶、ユーカリ、草、ウィンターグリーン、シナモン、レイトスパイス、ペッパー、ナッツ、スモーキー、オーク、ナイス、スムース。

銀メダル

鼻: 糖蜜、黒糖、デメララ、サトウキビ、乾燥パイナップル、蜂蜜、バニラエッセンス、コーヒー、オーク。

口蓋: キャラメル、スモーキーキャラメル、糖蜜、焦げた砂糖、ブラウンシュガー、サトウキビ、ハニー、バター、バニラ、ココア、スパイス、オーク。

終了: タフィー、ココア、糖蜜、バター、キャラメルポップコーン、スパイシー、ウッディ、オーク、キャラメルオーク、甘く、滑らかで、飲みやすく、すっきりしています。

銀メダル

ハウリン&rsquoハウンドバレル熟成ラム酒
(ミズーリリッジ蒸留所、ミズーリ州)80 prf

鼻: タフィー、焦げたキャラメル、バター、糖蜜、ブラウンシュガー、焦げた砂糖、サトウキビ、カエデ、コーラ、チェリー、ビスケット、ハーブ、チャービル、乾いた草、タラゴン、オールスパイス、タバコ、ナッツ、ブリニー、かび臭いセラー、スイートオーク、フレッシュ木を切る。

口蓋: バタースコッチ、バター、クリーミー、クリームブラザー、糖蜜、バナナ、高ハーブ、ジャスミン、シナモンスティック、シナモン、クローブ、ナツメグ、温かいナッツ、タバコ、かび臭い、焦げた樽、オーク、滑らか。

終了: 艶をかけられたドーナツ、スパイシーなオレンジ、チャービル、ピーマン、コショウ、シナモン、クローブ、ナツメグ、ナッツ、アーストーン、スモーキー、ウッディ、オーク。

銀メダル

非常にまれなサンプル&ndashは1865年に瓶詰めされました。
未評価。

ラム酒の簡単な歴史

ラム酒は米国で2番目に大きい販売精神のカテゴリですが、ほとんどの人はラム酒はカクテルにのみ使用する必要があるという印象を持っています。熟成ラム酒は、バタースコッチやシナモンからトロピカルフルーツやタバコに至るまで、さまざまなフレーバーを提供します。ストレートまたはロックでカジュアルに飲むのが最適です。

ラム酒は、テロワール、伝統、技術に直接影響を受けるサトウキビの蒸留酒です。ほとんどのラム酒は蒸留器から直接瓶詰めされますが、一部は焦げたオーク樽で熟成されます。通常、これらの樽は以前、バーボン(米国産)またはスコッチ、コニャック、シェリー酒(ヨーロッパ産)の熟成に使用されていました。

場合によっては、ラム酒は別の樽でブレンドして熟成させ、2回目の熟成を行います。このラム酒は&ldquosinglebarrel&rdquoとして指定されています。時折、蒸留酒製造業者は同じ年齢のラム酒で樽を締めくくるでしょう。または、&ldquosolera&rdquoの場合、ラム酒は1年若いです。瓶詰めはバレルから直接行われます。米国では、年齢は瓶の中の最年少の精神によって決定され、年齢の記述によって示されなければなりません。

蒸留プロセス、樽、そして温暖な気候は、透明なラム酒よりも色が濃く、風味が豊かで、まろやかで芳香の強いラム酒を生み出します。

海賊や王子が選んだ精神であるラム酒は、歴史の中でその地位を獲得しています。
1493年、コロンブスはサトウキビをイスパニョーラ島に持ち込みました。
140年後の1636年、砂糖はバルバドスとすべてのカリブ海の島々の主な作物になりました。
その後まもなく、1687年に-ラム酒がイギリス海軍の毎日の配給量として正式に採用されました。
50年後(1740年)-イギリス海軍はラムレーションを水で希釈し、「ldquogrog」と呼んでいます。
当時、マサチューセッツには糖蜜から作られたラム酒を製造する63の蒸留所がありました。 (ニューイングランドのイギリス植民地がイギリスにとって非常に重要だったもう1つの理由。)

アメリカ独立戦争後、イギリスはカリブ海への海上封鎖を実施し、西インド諸島の砂糖農園へのアクセスを制限しました。それで、アメリカの入植者は何をしましたか?彼らは主な作物のトウモロコシを使ってバーボンを作り、バーボンの人気の始まりと北東部の蒸留所の衰退を示しました。

ラム酒が米国でウォッカを上回り、ウイスキーを19世紀初頭以来初めて売ったとき、1980年に向けてフラッシュフォワードします。

免責事項:ウェブサイトのこのセクションは、21歳以上の訪問者を対象としています。
法定飲酒年齢でない場合は、ここをクリックして終了してください。


リッチランドラムがSAで発売

「&#8220rum」という言葉でアソシエーションゲームをプレイすると、これらの組合が頭に浮かびます。キャプテンモルガン、バカルディ、暗くて不機嫌な、ココナッツ、学生時代、2対1のスペシャル、マリブ、ピニャコラーダ。 さて、これらの団体をすべて取り上げて、ミレニアル世代の考え方で窓の外に投げ出し、リッチランドラムが南アフリカのクラフトラムシーンに参入する道を開いてください。

序章

最近フォーブスマガジンの最高のアメリカのラム酒として授与されたジョージアの精神は、南アフリカへの道を切り開いてきました。 Covert Distributionsのおかげで、南アフリカ人はアメリカで唯一のシングルエステート、シングルバレルのラム酒を飲むことができるようになりました。

このブランドは過去20年間、リッチランドエステートの砂質土壌で栽培された2種類のサトウキビを使用し、銅製のポットで蒸留し、オーク樽を使用して熟成させてラム酒を製造してきました。

リッチランドラムの4つの表現が南アフリカで利用可能になりました–バージンコースタルジョージアラム、オールドサウスジョージアラム、シャトーエランポートカスクエクスチェンジ(www.richlandrum.com)。

今では誰もが知っているように、招待状が受信トレイに届いたとき、私は幼稚なことに興奮していました。クラフトスピリットを手にするよりも、仕事で長い一日を過ごすよりも良い方法はありますか? 私自身はラム酒を飲む人ではありませんが、翼の中でクラフトラム革命のつぶやきを常に聞いていたので、私は完全に興味をそそられ、これらの液体ゴールドのボトルについてもっと知るこの絶好の機会を逃すことができませんでした。

行事

打ち上げは、V&ampAウォーターフロントの見事なOne&ampOnlyホテルで行われました。私が到着したとき、厳選されたメディアの小さなグループがバーの周りを練り歩き、床から天井までの大きなガラス窓から夕日を眺めていました。

とっても美味しくて上品な酸っぱいダイキリカクテルで迎えてくれました。ラウンドを行い、仲間の食通とワイン愛好家に挨拶したとき、私はその夜の開催に興奮せずにはいられませんでした。 私はラム酒については何も知りませんでしたし、クラフトラム酒についても知りませんでした。 いつも何か新しいことを学ぶためにゲームをしていましたが、試飲が始まろうとしていたので落ち着きました。

私たちは、南アフリカで利用できる4つの表現と、まもなく南アフリカで利用できるようになる5番目の表現の試飲を辛抱強くゆっくりと案内しました。

テイスティングノート

(www.richlandrum.comから取得)

ヴァージンコースタルジョージアラム

ラムアグリコール愛好家にとって、これは本当の楽しみです。蒸留所から直接出たバージンラムは、熟成も変更もろ過もされておらず、新しいアメリカンホワイトオーク樽で60日間休ませられます。このラム酒は、エステートで栽培されたサトウキビの花と植物のノートを最大限に引き出します。

オールドサウスジョージアラム

ラム酒を初めて使用する場合は、ここから始めるのが最適です。特にウイスキーのバックグラウンドから来た場合。

シャトーエランポートカスクエクスチェンジ

これは、この限定版ラム酒の最初のリリースです。これは単なる「キャスク仕上げ」ではなく、キャスク交換であることを明確にすることが重要です。 2つの間に大きな違いがあります。これらの樽は3年間リッチランドラムを保持していました。その後、樽はシャトーエランに送られ、港の熟成に使用されました。瓶詰め後、樽はリッチランドに戻され、元々樽に入っていたラム酒をもう1年間保持しました。これはユニークなコラボレーションです。

ブラックベリー、チョコレート、キャラメルのノートが透けて見えます。深みのあるバランスの取れたラム酒です。バレルはそれほど多くなく、なくなると消えてしまいます。できる限りボトルを手に入れてください。

オールドサウスジョージアラムテラピンダブルIPAキャスクエクスチェンジ

これは、この限定版ラム酒の最初のリリースです。これは単なる「キャスク仕上げ」ではなく、キャスク交換であることを明確にすることが重要です。 2つの間に大きな違いがあります。これらの樽は3年間リッチランドラムを保持していました。その後、樽はテラピンに送られ、ダブルIPAの熟成に使用されました。瓶詰め後、樽はリッチランドに戻され、元々樽に入っていたラム酒をもう1年間保持します。これはユニークなコラボレーションです。

鼻が重複しています。最初は、松とグレープフルーツのメモがあります。しかし、すぐにキャラメル、ベリー、バニラと出会い、ラム酒に戻りました。これは、私が味わった最も興味深いラム酒の1つです。これは、樽熟成と仕上げの技術の証です。バレルはそれほど多くなく、なくなると消えてしまいます。できる限りボトルを手に入れてください。

結論は

軽食とおしゃべり、そしてもちろん美しく濃くてリッチなオールドファッションドを手に、テイスティングを終えました。 おそらくこの世界で私の最も好きな楽しみの1つである、古典的なカクテルのこの反復は、柑橘系で、暖かく、ほろ苦いものでした。

かなり高額な値札と、クラフトラムについてあまり知らないような厳しい南アフリカ市場があるので、私はそれが売れ行きが悪いのではないかと思います。とはいえ、ライフスタイルの選択に傾倒するこの新しいカテゴリーのスピリッツの方向性を穏やかに微調整することで、時間の経過とともに一般的な名前になる可能性があります。 ケープタウンのミクソロジストがリッチランドラムのさまざまな表現とどのように調和するかを見て、私は興奮しています。現時点では、それはかなりきれいなキャンバスだからです。

私は永遠に大ファンであり、クラフトスピリッツの忠実な支持者です。なぜなら、私にとって、それは常にブランドの背後にある旅と精神についてであるからです。 Richland Rum is without a shadow of a doubt a premium product, and I love every single expression of their rums for what it is – a beautiful base for a sundowner cocktail. A sipping rum. A special occasion drink. A “I’ve had a long day at work” drink. A lovely winter’s afternoon warm-me-upper. A “just because” glass of liquid gold. A “sharing with my friends” indulgence. Whatever the reason, make sure you invite Richland Rum to add a golden lining to your celebration.

Where?

The rums can be enjoyed at Cause|Effect and the Athletic Social Club in Cape Town and is sold by selected retail outlets including Norman Goodfellows and Bar Keeper.

RSP: R850 Virgin Coastal Georgia Rum
RSP: R945 Old South Georgia Rum
RSP: R1230 Chateau Elan Port Cask Exchange and Old South Georgia Rum
RSP: R1230 Terrapin Double IPA Cask Exchange.

The Little Hedonist has made every effort to ensure that the information in this post was correct at the time of publication. However, I do not assume any liability caused by errors, such as price, menu changes, opening times, and contact details.

免責事項: I was invited to this event in my personal capacity. There was no expectation for platform coverage in the form of a blog, or social media posts. This is my honest and truthful opinion and review thereof. All thoughts and opinions expressed herein are solely those of The Little Hedonist, given in good faith and in no way influenced by the company or its affiliates. All images, unless otherwise stated/credited, are also my own.


11 Best Places in Georgia for Whiskey Lovers

Georgia and distilling go way back, before the prohibition. So it’s no surprise that spirit making continues today. Generations from the same families own many of today’s Georgia booze making establishments, while many still use the same recipes from over a century ago. The very top-rated distilleries are sprinkled all over the state, from the tip-top in the mountains, to down by the coast in Savannah. Ready to start sipping some of the best whiskey, moonshine and gin around? Follow our list of awesome distilleries.

YOU'RE ALL SET!

Look out for our newsletters in your inbox soon.

Moonrise Distillery, Clayton

Travel far into the North Georgia Mountains to reach this popular distillery in Clayton— you’re going to melt over their caramel and vanilla noted bourbon and rye whiskey. For nearly 70 years they’ve been using the same double distilling techniques, and they don’t just roll a barrel out for consumption after a wait time is up, it’s carefully assessed and tasted to be sure the aging process has come full circle. This practice, along with using a variation of charred American oak barrels, has earned Moonrise much deserved praise.

R.M. Rose and Company Distillers, Dillard

Another Georgia mountain location, but in lovely Dillard, R.M. Rose and Company Distillers has been family-run for 150 years. History oozes from the informative tour that immerses guests in history, along with distilling practices—the stone building in which it resides is so cute and fitting. Distillers here roll out an old school grain spirit, which is cool to at least try, but the lightly flavored whiskeys and smooth rye are the stars.

Rivers Distillery, Jackson

Who would’ve thought that little Jackson, Georgia, a charming small town no one really knows except in reference to the Netflix hit “Stranger Things,” would house a top-notch distillery? Inside is an impressive still which you can take a close peek at via the tour. And at the end, you’ve got to try the pleasantly noted peach brandy, which goes down super smooth.

Midnight Run Distillery, Bartow

Located in quaint Bartow Georgia, southeast of Atlanta is a little moonshine distillery in an appropriate, country feeling building. Midnight Run will take you back in time as you taste a variation of wheat and corn, small batch moonshine from mason jars. Of all the flavors, visitors gush about the apple pie and blueberry the most. Peach comes in second and is a must because you are in the Peach State.

Richland Distilling Company, Columbus

Richland Distilling Company is located slightly outside of Columbus, where you’ll find an abundance of things to do, from outdoor activities to historic attractions. So, a stop by this distillery can be a great addition to a full-blown Columbus trip. Sugar cane is grown at Richland’s estate and is the one single ingredient used to make their smooth rum. According to the site, this is the only single estate made rum in America, and you can learn more by touring the facility.

Ghost Coast Distillery, Savannah

First of all, that has to be the coolest distillery name ever, and if it didn’t already give it away, the award-winning booze is made along the coast, in downtown Savannah. Touted as “Savannah’s first legal distillery since prohibition,” this place has some stories to tell. For just 10 bucks you can sip four different spirits, and the tour of the facility is on the house. Be sure to try one of the craft cocktails, along with cinnamon and honey whiskey variations. And of course, you’re in Savannah, so there’s a boatload of other activities to fill the night.

13th Colony Distillery, Americus

The Southern Rye Whiskey is where it’s at here, at the small batch focused distillery that uses wholesome local ingredients to cultivate a variety of spirits. Visiting the Americus, Georgia location is fun and informative, creating a deeper appreciation for the preparation of these top-notch whiskeys and such.

ASW Distillery at American Spirit Works, Atlanta

The atmosphere and ambiance allure visitors to this rustic bar and distillery in exciting Atlanta. Tours are held Thursdays, Fridays and Saturdays. Whiskey connoisseurs will flip because a variation of experiences is centered around a vast selection of products like the oaky, apple brandy made from local apples, the famed high wheat Fiddler Cask Strength GA Heartwood Bourbon and Appalachian Style Rye. One of the tours includes an authentic Glencairn Glass, and all tours include wooden tokens which can be exchanged for tastings and cocktails.

Lazy Guy Distillery, Kennesaw

Travel northwest of Atlanta and you reach Kennesaw, where you’ll taste some of the best bourbon and whiskey in the state. Side note—they might have the best Old Fashioned ever, as it’s perfectly balanced and finished off with local ingredients. Tours are free and include interesting historical facts elaborating on the rich history dating back to the 1800s. Only on Saturday’s will you be able to browse the grounds.

Old Fourth Distillery, Atlanta

The rustic modern atmosphere is downright stunning—lots of brick wall accents and big copper stills truly round out the experience. While whiskey sometimes is featured, the focus is incredible vodka and gin which is all handcrafted. Some say the gin is so good it needs nothing else and can be tossed back straight! Come in and just taste for five bucks, or do the full tour and get a bottle of some deliciousness for 20 dollars. Historical facts and little “secrets” make things even more engaging and interesting.

Dalton Distillery, Dalton

Appropriately located in historic downtown Dalton, their moonshine has been made the same way for generations, since the prohibition era. Visitors say that while this isn’t like the refined mainstream distilleries, the craftsmen here focus on the true art of it all while sharing it with others. There’s something to be said about the authenticity of Dalton Distillery. Moonshine is smooth, and the sunflower variation a rare treat. Two variations of TazaRay sunflower seed spirits are produced, one in bourbon barrels and the other in wine—and it’s an incredibly unique flavor to experience that also happens to be gluten-free.


Georgia Wine, American Wine

Last night I drank some Georgia wine, and I’ve got good news and bad news for you about it. The good news is that the wine, from Wolf Mountain Vineyards outside Dahlonega, was darn good stuff – a crisp, floral, grapefruity blend of chardonnay and viogner. The bad news? It’s not really Georgia wine. At least not if you focus on where the grapes came from. The label simply says, “American Dry White Wine.” Based on that label, the grapes that went into it could have come from New Mexico, or North Dakota, or New York City. I love America, but designating a wine as just “American” feels a little… lost. That lost feeling led me looking for answers about the state of Georgia’s wine industry.

Winemaking is not easy. Winemaking in Georgia? Even not-er easy. One of Georgia’s most well respected grower/winemakers shut down earlier this year after repeated losses, due to the impact of our admittedly erratic climate. I reached out to Wolf Mountain’s winemaker and vineyard manager, Brannon Boegner, to get his thoughts. He said that, “over the past 13 years of making wine in Georgia, we’ve experienced ‘acts of mother nature” four times which have caused us to lose our entire crop.” Now, Georgia is not alone in this depressing fact – “acts of nature” have had major negative impact in places ranging from Washington State to Bordeaux and Burgundy – but our track record here is not reassuring.

Is it possible Georgia is just not meant to be a rich and reliable wine growing region? Whatever the case, Georgia winemakers and growers continue to soldier on against the adversity of mother nature. And you have to respect their tenacity.

Wolf Mountain Vineyards is one Georgia winery that has done well. They make award-winning wines (“over 100 medals in major U.S. competitions, including Georgia’s first ever Gold medals at the prestigious San Francisco Chronicle and Los Angeles International Wine Competition”). They have a beautiful winery/tasting room/café/event space in the north Georgia mountains, and they consistently see more demand for their wine from winery foot traffic alone than what they can possibly supply. And maybe that’s part of the problem. The need to balance both the supply side of making wine and the demand side of being a successful winery. Is it possible Georgia wineries like Wolf Mountain are TOO successful??

Better yet, does it really matter if the wine sold in Georgia wineries takes advantage of the excess of wine grapes being produced in the fertile soil of California? I bet you’re saying, “heck yeah,” but think about this… do breweries in Georgia use 100% local hops? Do they use even 1% local hops? Would you expect a Georgia distillery making vodka or gin or whiskey to use only Georgia-grown grains? I bet your answers to those last three questions are NO, NO, and NO. So why does it matter if a Georgia winery brings in some California (or New York, or New Mexico, or Idaho) grapes?

Of course, wine is known for its sense of place – its terroir – much more so than those other beverages mentioned above. For the folks who are willing to spend $20 and more for a bottle of wine, it’s often not enough to know that a wine came from California, nor even that it came from Napa Valley, but that it came from a sub-appelation like Howell Mountain, or even a specific vineyard situated ON Howell Mountain. Wine geeks geek out over individual vineyards. In Burgundy, it frequently gets down to which specific rows at a particular elevation on a particular hillside are used for a particular wine. THAT is what “terroir” is all about – how those minute distinctions in the soil can translate into differences in the bottle.

Which brings us back to the problem of a $20 bottle of “American” wine that comes from a winery in the lovely, rolling hills outside Dahlonega, Georgia. We CRAVE the local. We ROOT FOR the local. And when our local wine, our Georgia wine, is made from non-Georgia grapes, there’s a natural tendency to feel that we’re being (at least a little bit) hoodwinked. Especially if you’re only looking at labels and not digging into the background of what’s really going on.

Wolf Mountain’s Boegner noted that, in Georgia, the “white grape cultivars are especially susceptible to freezes or frosts which can wipe out an entire vintage.” Their solution has been traveling out to California to team up with growers in regions ranging from the Russian River Valley, to Mendocino, to the Sierra Foothills. Clearly, Wolf Mountain does not take this task lightly. Boegner went on, “I travel to these vineyards to talk with the managers and establish a relationship in which they grow the grapes to our specifications. All grapes are delivered to Wolf Mountain and the wines are produced here.” Wolf Mountain also joined up with nearby Frogtown Cellars to form the Georgia Fine Wine Alliance. While Wolf Mountain has focused their vineyards on red cultivars, they rely on Frogtown to provide Georgia-grown white grapes, at least when available.

Wolf Mountain and Frogtown also aim to follow a strict truth in labeling policy of only labeling wine as “Georgia” wine when 100% Georgia grapes are used. Legally, winemakers can go up to 25% from out of state before they have to change that Georgia label, so this is a much stricter practice than what is legally required. Very few Georgia wineries are following this practice now – blending in out of state grapes is common practice, though not commonly made clear.

So, back to that bottle of Wolf Mountain Plenitude I mentioned at the outset. For the 2012 vintage, Boegner used a blend of Russian River (California) chardonnay and Mendocino (also California) viognier. This is basically well pedigreed California wine being made here in Georgia, by a Georgia winemaker. Why no Georgia grapes in the mix? Boegner said the 2012 vintage from their Georgia partner, Frogtown Cellars, was wiped out by a freeze. But, Boegner went on to note that his “decision to bring in fruit fluctuates from year to year based on growing conditions and availability.”

To that point, in 2011, Wolf Mountain’s Plenitude was made with 100% Georgia-grown grapes. And it received a 90 point rating and a gold medal at the Los Angeles International Wine Competition. Not too shabby. Wolf Mountain is purposefully labeling their wines as either 100% Georgia, else 100% American, “keeping the two product lines distinctively separate.” I admire the stance. At the same time, I’m a little bothered by the fact that Plenitude’s label reads, “our Family Estate represents the ultimate North Georgia Wine & Food Experience.” Sure, it’s marketing speak, but surely the ultimate North Georgia wine experience involves wine made from grapes grown in North Georgia. Am I being too nit-picky?

Noted Atlanta sommelier Steven Grubbs (of Empire State South) was the one who recommended Wolf Mountain’s Plenitude to me. He recently took a trip through Southern wine regions, visiting Wolf Mountain and a few other Georgia wineries before heading on into the Carolinas and Virginia. He enjoyed the Georgia wines, but noted that he was “disappointed” by the news that the wineries were supplementing their own grapes with California fruit. Some, like Doug Paul of Three Sisters, another Dahlonega area winery, say they simply refuse to make wine from grapes grown outside Georgia. That’s one way of approaching the issue, and probably the more stubbornly Georgia way to do it. But it’s not 必要な the path to the best wine, or the best winery experience for visitors.

Back at Wolf Mountain, it’s evident that the Boegners are both dedicated winemakers and smart businesspeople. I know they’re committed to the cause of Georgia wine. They’ve calculated what it takes to make very good wine, hopefully at a profit, that will keep the crowds driving up into the Dahlonega hills for a taste of wine country. I just wish our Georgia climate were more conducive to their endeavors. I wish that our Georgia wineries were not just places that make wine IN Georgia. I want them to be places that make wine OF Georgia. And I really wish they could succeed in doing so. But I’m just not sure that’s the case – at least on a year in and year out basis. I guess that’s the bad news. But when you’re up in the hills outside Dahlonega, enjoying a delicious wine made in the very same winery who’s offering you this sweeping view, maybe that bad news is not so bad after all. At that point, being “American” feels like a fine place to be.

テイスティングノート:
Wolf Mountain Vineyards, Plenitude
American Dry White Wine, 2012
13.8% Alc. by Volume
Approx. $20 Retail (available at Whole Foods in Atlanta or from the winery)

“Plenitude” is a blend of chardonnay and viognier, fermented and aged in stainless steel, with whole cluster pressing. The nose is lightly floral and grapefruity, a bit of cantaloupe too, with a lightly herbal edge (is that oregano?). I’d probably peg it as sauvignon blanc, but you can pick up both the chardonnay and viognier pretty well if you think about it.

This has nice body to it, a bit lush, but the stainless steel fermentation keeps it crisp. The acidity is bright, not quite sharp, but very present. Grapefruit again is most prominent. It’s got great balance between that acidity and the round floral notes and the fruit. Very enjoyable stuff. And 100% American. Made right here in Georgia.


5 of 38

Uncle Nearest Premium Whiskey

In 2016, a hidden truth about Jack Daniel's whiskey bubbled to the surface: Nathan "Nearest" Green, an enslaved man, taught young Jack the liquor-making technique that would make him a legend. When bestselling author Fawn Weaver read the news, she was thirsty for more. She scoured historical records, dove into Daniel's biography, and spoke with Green's descendants, unearthing "a striking relationship of equality between the two," she says, "a story of love." To honor Green and create a spirit in his style, Weaver founded Uncle Nearest, and hired several of his family members, including great-great-granddaughter Victoria Eady Butler. She would become the company's master blender—the first African-American woman to hold the title at a major U.S. distillery. "Our whiskey goes into oak barrels at a lower proof, which means we can add much less water at the end," says Weaver, explaining its rich, hint-of-caramel flavor. A signature triple-filtration—through sugar-maple charcoal, then carbon from coconut shells and diatomaceous earth—also makes it "the smoothest whiskey in Tennessee." Critics agree: It won more awards than any other in the country last year. We'll drink to that!

To make the 1884 Small Batch Whiskey (shown), master blender Victoria Eady Butler personally sniffs, samples, and selects the whiskeys to mix from different barrels. The result: "It tastes like a baked oatmeal cookie, but with slightly spicy, savory undertones," she says. Our food editors enjoy it neat, or swirled into a whiskey sour.


ビデオを見る: Richland Rum Review by Island Jay (12月 2021).