新しいレシピ

申し訳ありませんが、Chipotleの新しい「Queso」は本物のTex-MexQuesoではありません

申し訳ありませんが、Chipotleの新しい「Queso」は本物のTex-MexQuesoではありません

重要な要素が1つ欠けています

チーズは1ヶ月以内に全国に展開されるはずです。

チポトレが愛するテックスメックスチーズソースであるケソを実験していることを今までに聞いたことがあると思いますが、来月中にすべての場所で展開される可能性があります。私たちはそれらをサンプリングし(今のところ、ニューヨークの1つの場所でのみ入手可能です)、少しざらざらしていても、完全に問題ないと見なしました。悩まされているチェーンの救世主になることはありませんが、おそらくうまく売れるでしょう。

問題は、それは いいえ queso。あなたはそれをチーズソースと呼ぶことができますが、ケソとは言えません。 (Chipotleのメニューの他のすべてのように)それがすべて天然の成分で作られているという事実は、それを「ケソではない」キャンプに正直に置きます。これは、queso —本物のTex-Mex queso —が原因です。 そうではありません すべて自然。ケソの欠かせない材料の1つはプロセスチーズ(通常はベルビータ)であり、それはチポトレのノーノーリストに載っています。

ケソ その起源は、新鮮なグリーンチリで作られたメキシコのケソファンディドにまでさかのぼることができます。 オアハカチーズ。 20世紀の最初の数十年にテキサスに到着したメキシコの移民はこれらの食品のどちらも利用できませんでしたが、ベルビータ(1920年代に最初に市場に出た)は缶詰のチリとトマトとともに利用できました。

今日はオースティンに向かいましょう quesoを探していると、レシピはそれを提供するほぼすべてのレストランで異なることがわかります。ただし、それらすべてに共通していることが1つあります。それは、プロセスチーズの謝罪のない使用です。それは非常に標準化されているため、それを含まない「ケソ」は実際にはそれ自体をケソと呼ぶことさえできません。そして、Chipotleのバージョンはその陣営に真っ向から当てはまります。


Tex-Mexとメキシコ料理の違いは何ですか?

メキシコ料理 私が最初にテキサスに引っ越したとき、私は混乱しました。焼けるように暑いファヒータの盛り合わせや黄色いチーズに包まれたエンチラーダのような典型的なテックスメックスと私が考えたものは、タコスアルパスターやチレスエンノガダのような「伝統的な」メキシコのお気に入りと同じメニューにありました。小麦粉のトルティーヤに包まれたコチニータピビル(ユカタン半島の特産品)の隣にある、ローンスター州の有名なケソディップを提供するレストランにも出くわしました。どうしたらいいのかわからなかった。しかし、何人かのシェフと話をした後、私はメキシコ料理とテックスメックス料理の区別が実際には何年もの間進化していて、最近でも曖昧になり始めていることを知りました。

現在Tex-Mexと呼ばれている料理は、州のテハーノ文化(共和国になる前にテキサスに住んでいたスペインまたはメキシコの遺産のテキサス人)と、主にメキシコ北部から歓迎されたメキシコ移民に根ざしています。しかし、1970年代まで、ほとんどの人はそれを単にメキシコ料理と呼んでいました。の Tex-Mexクックブック、テキサスの食品専門家ロブウォルシュクレジット ダイアナ・ケネディ 伝統的なメキシコ料理の議論からTex-Mexを削除しました。

しかし、リック・ベイレスは最近、オースティンのフード&ワインフェスティバルで、彼が最初の料理本の草稿を書いたとき、 本物のメキシコ料理、彼は米国南西部を含むメキシコの7つの料理地域を特集しました。 「それをさらにアリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、さらにはカリフォルニアの牧場の料理に分解することもできます」と彼は付け加えました。彼はオクラホマで育ち、週に2、3回テックスメックスを食べていたので、おそらく彼の見方はケネディの見方とは異なります。

Tex-Mexの際立った特徴を特定したい場合は、エンチラーダが優れたケーススタディです。チーズエンチラーダの古典的なTex-Mexバージョンでは、すりおろした黄色のチーズをトルティーヤで包み、牛ひき肉を混ぜた濃い赤のチリソースで覆います。ピント豆やご飯など、他の典型的なテックスメックスの食材もサイドで提供されます。

しかし イリアナデラベガオースティンにあるメキシコ料理レストランElNaranjoのシェフ兼オーナーは、メキシコシティで育った間、チーズエンチラーダを食べたことはありませんでした。彼女は、チリ・レジェノやハヤトウリやノパルでできたサラダなどの食べ物を食べたことを思い出します。牛肉は少し珍しかったです。 「伝統的なメキシコ料理では、鶏肉と豚肉をたくさん食べます」と彼女は説明しました。エンチラーダがあった場合は、通常、緑色のトマティーヨソースまたはほくろで窒息させ、白いチーズを振りかけました。 「私の母はオアハカ出身だったので、月に2、3回はほくろがありました」と彼女は言いました。

それでも カルロスリベロ、オースティンのEl Chile Cafe y Cantinaや他のいくつかのメキシコ料理店のオーナーは、サンアントニオで育ったときに伝統的なメキシコのモグラやその他の料理を食べました。彼とベイレスはどちらも、チリグレイビーのチーズエンチラーダについて懐かしく話しました。 「それらはおそらく私の妹と私たちが若いときに母が作った私のお気に入りの料理の1つでした」とリベロは回想しました。

もう1つの違いは、テックスメックス料理でのクミンの豊富な使用です。 「私たちは北部でよく使用しますが、メキシコ南部でよく使用するスパイスではありません」とデラベガは言います。ロブウォルシュは、クミンの多用を、1700年代にサンアントニオに移住したカナリア人の最初の波と結び付けています。ウォルシュによれば、1890年代後半にニューブラウンフェルズでドイツ人移民によって開発されたユニークなテキサスの発明であるチリパウダーとともに、今日でもチリコンカーンの重要な成分です。 1800年代後半、チリコンカーンはサンアントニオの有名なチリスタンドの路上で定期的にお買い得価格で売り出されました。 「テックスメックスは決して社会の上層部の料理ではありませんでした」とベイレスは観察します。 「それは農民の労働者階級の料理です。」

ベルビータチーズと既製のタコスの殻でいっぱいの、私たちのほとんどが考えるテックスメックスは、1950年代のコンビニエンスフードの開発によって形作られました。その期間は、「サワークリームとプロセスチーズでいっぱいの安い料理であり、すべてが脂っこい」という評判で、テックスメックス、そして一般的にメキシコ料理さえも残しました、とデラベガは言います。

幸いなことに、その認識は変わりました。 「Tex-Mexは今、別の段階に進化しました」とベイレスは言います。 「かつてはとてもシンプルな料理でしたが、今ではメニューにさまざまな料理があります。」

カルロス・リベロも同意します。 「「メキシコ」は非常に広い用語です。そのプロファイルには非常に多くの異なるフレーバーと成分が含まれているためです」とRivero氏は説明します。 「エルチリに来たら、メキシコ料理を現代風にアレンジしたり、頑固なファヒータの盛り合わせを食べたりすることができます。それはあなた次第です。」

伝統的なメキシコ料理とテックスメックス料理の境界線が進化し続けるにつれて、2つを区別することが難しくなる可能性があります。イリアナ・デ・ラ・ベガが述べているように、「テックスメックス料理でも伝統的なメキシコ料理でも、私たちは皆一緒に暮らすことができます。それが上手に調理された料理である限り、なぜですか?」


Tex-Mexとメキシコ料理の違いは何ですか?

メキシコ料理 私が最初にテキサスに引っ越したとき、私は混乱しました。焼けるように暑いファヒータの盛り合わせや黄色いチーズに包まれたエンチラーダのような典型的なテックスメックスと私が考えたものは、タコスアルパスターやチレスエンノガダのような「伝統的な」メキシコのお気に入りと同じメニューにありました。小麦粉のトルティーヤに包まれたコチニータピビル(ユカタン半島の特産品)の隣にある、ローンスター州の有名なケソディップを提供するレストランにも出くわしました。どうしたらいいのかわからなかった。しかし、何人かのシェフと話をした後、私はメキシコ料理とテックスメックス料理の区別が実際には何年もの間進化していて、最近でも曖昧になり始めていることを知りました。

現在Tex-Mexと呼ばれている料理は、州のテハーノ文化(共和国になる前にテキサスに住んでいたスペインまたはメキシコの遺産のテキサス人)と、主にメキシコ北部から歓迎されたメキシコ移民に根ざしています。しかし、1970年代まで、ほとんどの人はそれを単にメキシコ料理と呼んでいました。の Tex-Mexクックブック、テキサスの食品専門家ロブウォルシュクレジット ダイアナ・ケネディ 伝統的なメキシコ料理の議論からTex-Mexを削除しました。

しかし、リック・ベイレスは最近、オースティンのフード&ワインフェスティバルで、彼が最初の料理本の草稿を書いたとき、 本物のメキシコ料理、彼は米国南西部を含むメキシコの7つの料理地域を特集しました。 「それをさらにアリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、さらにはカリフォルニアの牧場の料理に分解することもできます」と彼は付け加えました。彼はオクラホマで育ち、週に2、3回テックスメックスを食べていたので、おそらく彼の見方はケネディの見方とは異なります。

Tex-Mexの際立った特徴を特定したい場合は、エンチラーダが優れたケーススタディです。チーズエンチラーダの古典的なTex-Mexバージョンでは、すりおろした黄色のチーズをトルティーヤで包み、牛ひき肉を混ぜた濃い赤のチリソースで覆います。ピント豆やご飯など、他の典型的なテックスメックスの食材もサイドで提供されます。

しかし イリアナデラベガオースティンにあるメキシコ料理レストランElNaranjoのシェフ兼オーナーは、メキシコシティで育った間、チーズエンチラーダを食べたことはありませんでした。彼女は、チリ・レジェノやハヤトウリやノパルでできたサラダなどの食べ物を食べたことを思い出します。牛肉は少し珍しかったです。 「伝統的なメキシコ料理では、鶏肉と豚肉をたくさん食べます」と彼女は説明しました。エンチラーダがあった場合は、通常、緑色のトマティーヨソースまたはほくろで窒息させ、白いチーズを振りかけました。 「私の母はオアハカ出身だったので、月に2、3回はほくろがありました」と彼女は言いました。

それでも カルロスリベロ、オースティンのEl Chile Cafe y Cantinaや他のいくつかのメキシコ料理店のオーナーは、サンアントニオで育ったときに伝統的なメキシコのモグラやその他の料理を食べました。彼とベイレスはどちらも、チリグレイビーのチーズエンチラーダについて懐かしく話しました。 「それらはおそらく私の妹と私たちが若いときに母が作った私のお気に入りの料理の1つでした」とリベロは回想しました。

もう1つの違いは、テックスメックス料理でのクミンの豊富な使用です。 「私たちは北部でよく使用しますが、メキシコ南部でよく使用するスパイスではありません」とデラベガは言います。ロブウォルシュは、クミンの多用を、1700年代にサンアントニオに移住したカナリア人の最初の波と結び付けています。ウォルシュによれば、1890年代後半にニューブラウンフェルズでドイツ人移民によって開発されたユニークなテキサスの発明であるチリパウダーとともに、今日でもチリコンカーンの重要な成分です。 1800年代後半、チリコンカーンはサンアントニオの有名なチリスタンドの路上で定期的にお買い得価格で売り出されました。 「テックスメックスは決して社会の上層部の料理ではありませんでした」とベイレスは観察します。 「それは農民の労働者階級の料理です。」

ベルビータチーズと既製のタコスの殻でいっぱいの、私たちのほとんどが考えるテックスメックスは、1950年代のコンビニエンスフードの開発によって形作られました。その期間は、「サワークリームとプロセスチーズでいっぱいの安い料理であり、すべてが脂っこい」という評判で、テックスメックス、そして一般的にメキシコ料理さえも残しました、とデラベガは言います。

幸いなことに、その認識は変わりました。 「Tex-Mexは今、別の段階に進化しました」とベイレスは言います。 「かつてはとてもシンプルな料理でしたが、今ではメニューにさまざまな料理があります。」

カルロス・リベロも同意します。 「「メキシコ」は非常に広い用語です。そのプロファイルには非常に多くの異なるフレーバーと成分が含まれているためです」とRivero氏は説明します。 「エルチリに来たら、メキシコ料理を現代風にアレンジしたり、頑固なファヒータの盛り合わせを食べたりすることができます。それはあなた次第です。」

伝統的なメキシコ料理とテックスメックス料理の境界線が進化し続けるにつれて、2つを区別することが難しくなる可能性があります。イリアナ・デ・ラ・ベガが述べているように、「テックスメックス料理でも伝統的なメキシコ料理でも、私たちは皆一緒に暮らすことができます。それが上手に調理された料理である限り、なぜですか?」


Tex-Mexとメキシコ料理の違いは何ですか?

メキシコ料理 私が最初にテキサスに引っ越したとき、私は混乱しました。焼けるように暑いファヒータの盛り合わせや黄色いチーズに包まれたエンチラーダのような典型的なテックスメックスと私が考えたものは、タコスアルパスターやチレスエンノガダのような「伝統的な」メキシコのお気に入りと同じメニューにありました。小麦粉のトルティーヤに包まれたコチニータピビル(ユカタン半島の特産品)の隣にある、ローンスター州の有名なケソディップを提供するレストランにも出くわしました。どうしたらいいのかわからなかった。しかし、何人かのシェフと話をした後、私はメキシコ料理とテックスメックス料理の区別が実際には何年もの間進化していて、最近でも曖昧になり始めていることを知りました。

現在Tex-Mexと呼ばれている料理は、州のテハーノ文化(共和国になる前にテキサスに住んでいたスペインまたはメキシコの遺産のテキサス人)と、主にメキシコ北部から歓迎されたメキシコ移民に根ざしています。しかし、1970年代まで、ほとんどの人はそれを単にメキシコ料理と呼んでいました。の Tex-Mexクックブック、テキサスの食品専門家ロブウォルシュクレジット ダイアナ・ケネディ 伝統的なメキシコ料理の議論からTex-Mexを削除しました。

しかし、リック・ベイレスは最近、オースティンのフード&ワインフェスティバルで、彼が最初の料理本の草稿を書いたとき、 本物のメキシコ料理、彼は米国南西部を含むメキシコの7つの料理地域を特集しました。 「それをさらにアリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、さらにはカリフォルニアの牧場の料理に分解することもできます」と彼は付け加えました。彼はオクラホマで育ち、週に2、3回テックスメックスを食べていたので、おそらく彼の見方はケネディの見方とは異なります。

Tex-Mexの際立った特徴を特定したい場合は、エンチラーダが優れたケーススタディです。チーズエンチラーダの古典的なTex-Mexバージョンでは、すりおろした黄色のチーズをトルティーヤで包み、牛ひき肉を混ぜた濃い赤のチリソースで覆います。ピント豆やご飯など、他の典型的なテックスメックスの食材もサイドで提供されます。

しかし イリアナデラベガオースティンにあるメキシコ料理レストランElNaranjoのシェフ兼オーナーは、メキシコシティで育った間、チーズエンチラーダを食べたことはありませんでした。彼女は、チリ・レジェノやハヤトウリやノパルでできたサラダなどの食べ物を食べたことを思い出します。牛肉は少し珍しかったです。 「伝統的なメキシコ料理では、鶏肉と豚肉をたくさん食べます」と彼女は説明しました。エンチラーダがあった場合は、通常、緑色のトマティーヨソースまたはほくろで窒息させ、白いチーズを振りかけました。 「私の母はオアハカ出身だったので、月に2、3回はほくろがありました」と彼女は言いました。

それでも カルロスリベロ、オースティンのEl Chile Cafe y Cantinaや他のいくつかのメキシコ料理店のオーナーは、サンアントニオで育ったときに伝統的なメキシコのモグラやその他の料理を食べました。彼とベイレスはどちらも、チリグレイビーのチーズエンチラーダについて懐かしく話しました。 「それらはおそらく私の妹と私たちが若いときに母が作った私のお気に入りの料理の1つでした」とリベロは回想しました。

もう1つの違いは、テックスメックス料理でのクミンの豊富な使用です。 「私たちは北部でよく使用しますが、メキシコ南部でよく使用するスパイスではありません」とデラベガは言います。ロブウォルシュは、クミンの多用を、1700年代にサンアントニオに移住したカナリア人の最初の波と結び付けています。ウォルシュによれば、1890年代後半にニューブラウンフェルズでドイツ人移民によって開発されたユニークなテキサスの発明であるチリパウダーとともに、今日でもチリコンカーンの重要な成分です。 1800年代後半、チリコンカーンはサンアントニオの有名なチリスタンドの路上で定期的にお買い得価格で売り出されました。 「テックスメックスは決して社会の上層部の料理ではありませんでした」とベイレスは観察します。 「それは農民の労働者階級の料理です。」

ベルビータチーズと既製のタコスの殻でいっぱいの、私たちのほとんどが考えるテックスメックスは、1950年代のコンビニエンスフードの開発によって形作られました。その期間は、「サワークリームとプロセスチーズでいっぱいの安い料理であり、すべてが脂っこい」という評判で、テックスメックス、そして一般的にメキシコ料理さえも残しました、とデラベガは言います。

幸いなことに、その認識は変わりました。 「Tex-Mexは今、別の段階に進化しました」とベイレスは言います。 「かつてはとてもシンプルな料理でしたが、今ではメニューにさまざまな料理があります。」

カルロス・リベロも同意します。 「「メキシコ」は非常に広い用語です。そのプロファイルには非常に多くの異なるフレーバーと成分が含まれているためです」とRivero氏は説明します。 「エルチリに来たら、メキシコ料理を現代風にアレンジしたり、頑固なファヒータの盛り合わせを食べたりすることができます。それはあなた次第です。」

伝統的なメキシコ料理とテックスメックス料理の境界線が進化し続けるにつれて、2つを区別することが難しくなる可能性があります。イリアナ・デ・ラ・ベガが述べているように、「テックスメックス料理でも伝統的なメキシコ料理でも、私たちは皆一緒に暮らすことができます。それが上手に調理された料理である限り、なぜですか?」


Tex-Mexとメキシコ料理の違いは何ですか?

メキシコ料理 私が最初にテキサスに引っ越したとき、私は混乱しました。焼けるように暑いファヒータの盛り合わせや黄色いチーズに包まれたエンチラーダのような典型的なテックスメックスと私が考えたものは、タコスアルパスターやチレスエンノガダのような「伝統的な」メキシコのお気に入りと同じメニューにありました。小麦粉のトルティーヤに包まれたコチニータピビル(ユカタン半島の特産品)の隣にある、ローンスター州の有名なケソディップを提供するレストランにも出くわしました。どうしたらいいのかわからなかった。しかし、何人かのシェフと話をした後、私はメキシコ料理とテックスメックス料理の区別が実際には何年もの間進化していて、最近でも曖昧になり始めていることを知りました。

現在Tex-Mexと呼ばれている料理は、州のテハーノ文化(共和国になる前にテキサスに住んでいたスペインまたはメキシコの遺産のテキサス人)と、主にメキシコ北部から歓迎されたメキシコ移民に根ざしています。しかし、1970年代まで、ほとんどの人はそれを単にメキシコ料理と呼んでいました。の Tex-Mexクックブック、テキサスの食品専門家ロブウォルシュクレジット ダイアナ・ケネディ 伝統的なメキシコ料理の議論からTex-Mexを削除しました。

しかし、リック・ベイレスは最近、オースティンのフード&ワインフェスティバルで、彼が最初の料理本の草稿を書いたとき、 本物のメキシコ料理、彼は米国南西部を含むメキシコの7つの料理地域を特集しました。 「それをさらにアリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、さらにはカリフォルニアの牧場の料理に分解することもできます」と彼は付け加えました。彼はオクラホマで育ち、週に2、3回テックスメックスを食べていたので、おそらく彼の見方はケネディの見方とは異なります。

Tex-Mexの際立った特徴を特定したい場合は、エンチラーダが優れたケーススタディです。チーズエンチラーダの古典的なTex-Mexバージョンでは、すりおろした黄色のチーズをトルティーヤで包み、牛ひき肉を混ぜた濃い赤のチリソースで覆います。ピント豆やご飯など、他の典型的なテックスメックスの食材もサイドで提供されます。

しかし イリアナデラベガオースティンにあるメキシコ料理レストランElNaranjoのシェフ兼オーナーは、メキシコシティで育った間、チーズエンチラーダを食べたことはありませんでした。彼女は、チリ・レジェノやハヤトウリやノパルでできたサラダなどの食べ物を食べたことを思い出します。牛肉は少し珍しかったです。 「伝統的なメキシコ料理では、鶏肉と豚肉をたくさん食べます」と彼女は説明しました。エンチラーダがあった場合は、通常、緑色のトマティーヨソースまたはほくろで窒息させ、白いチーズを振りかけました。 「私の母はオアハカ出身だったので、月に2、3回はほくろがありました」と彼女は言いました。

それでも カルロスリベロ、オースティンのEl Chile Cafe y Cantinaや他のいくつかのメキシコ料理店のオーナーは、サンアントニオで育ったときに伝統的なメキシコのモグラやその他の料理を食べました。彼とベイレスはどちらも、チリグレイビーのチーズエンチラーダについて懐かしく話しました。 「それらはおそらく私の妹と私たちが若いときに母が作った私のお気に入りの料理の1つでした」とリベロは回想しました。

もう1つの違いは、テックスメックス料理でのクミンの豊富な使用です。 「私たちは北部でよく使用しますが、メキシコ南部でよく使用するスパイスではありません」とデラベガは言います。ロブウォルシュは、クミンの多用を、1700年代にサンアントニオに移住したカナリア人の最初の波と結び付けています。ウォルシュによれば、1890年代後半にニューブラウンフェルズでドイツ人移民によって開発されたユニークなテキサスの発明であるチリパウダーとともに、今日でもチリコンカーンの重要な成分です。 1800年代後半、チリコンカーンはサンアントニオの有名なチリスタンドの路上で定期的にお買い得価格で売り出されました。 「テックスメックスは決して社会の上層部の料理ではありませんでした」とベイレスは観察します。 「それは農民の労働者階級の料理です。」

ベルビータチーズと既製のタコスの殻でいっぱいの、私たちのほとんどが考えるテックスメックスは、1950年代のコンビニエンスフードの開発によって形作られました。その期間は、「サワークリームとプロセスチーズでいっぱいの安い料理であり、すべてが脂っこい」という評判で、テックスメックス、そして一般的にメキシコ料理さえも残しました、とデラベガは言います。

幸いなことに、その認識は変わりました。 「Tex-Mexは今、別の段階に進化しました」とベイレスは言います。 「かつてはとてもシンプルな料理でしたが、今ではメニューにさまざまな料理があります。」

カルロス・リベロも同意します。 「「メキシコ」は非常に広い用語です。そのプロファイルには非常に多くの異なるフレーバーと成分が含まれているためです」とRivero氏は説明します。 「エルチリに来たら、メキシコ料理を現代風にアレンジしたり、頑固なファヒータの盛り合わせを食べたりすることができます。それはあなた次第です。」

伝統的なメキシコ料理とテックスメックス料理の境界線が進化し続けるにつれて、2つを区別することが難しくなる可能性があります。イリアナ・デ・ラ・ベガが述べているように、「テックスメックス料理でも伝統的なメキシコ料理でも、私たちは皆一緒に暮らすことができます。それが上手に調理された料理である限り、なぜですか?」


Tex-Mexとメキシコ料理の違いは何ですか?

メキシコ料理 私が最初にテキサスに引っ越したとき、私は混乱しました。焼けるように暑いファヒータの盛り合わせや黄色いチーズに包まれたエンチラーダのような典型的なテックスメックスと私が考えたものは、タコスアルパスターやチレスエンノガダのような「伝統的な」メキシコのお気に入りと同じメニューにありました。小麦粉のトルティーヤに包まれたコチニータピビル(ユカタン半島の特産品)の隣にある、ローンスター州の有名なケソディップを提供するレストランにも出くわしました。どうしたらいいのかわからなかった。しかし、何人かのシェフと話をした後、私はメキシコ料理とテックスメックス料理の区別が実際には何年もの間進化していて、最近でも曖昧になり始めていることを知りました。

現在Tex-Mexと呼ばれている料理は、州のテハーノ文化(共和国になる前にテキサスに住んでいたスペインまたはメキシコの遺産のテキサス人)と、主にメキシコ北部から歓迎されたメキシコ移民に根ざしています。しかし、1970年代まで、ほとんどの人はそれを単にメキシコ料理と呼んでいました。の Tex-Mexクックブック、テキサスの食品専門家ロブウォルシュクレジット ダイアナ・ケネディ 伝統的なメキシコ料理の議論からTex-Mexを削除しました。

しかし、リック・ベイレスは最近、オースティンのフード&ワインフェスティバルで、彼が最初の料理本の草稿を書いたとき、 本物のメキシコ料理、彼は米国南西部を含むメキシコの7つの料理地域を特集しました。 「それをさらにアリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、さらにはカリフォルニアの牧場の料理に分解することもできます」と彼は付け加えました。彼はオクラホマで育ち、週に2、3回テックスメックスを食べていたので、おそらく彼の見方はケネディの見方とは異なります。

Tex-Mexの際立った特徴を特定したい場合は、エンチラーダが優れたケーススタディです。チーズエンチラーダの古典的なTex-Mexバージョンでは、すりおろした黄色のチーズをトルティーヤで包み、牛ひき肉を混ぜた濃い赤のチリソースで覆います。ピント豆やご飯など、他の典型的なテックスメックスの食材もサイドで提供されます。

しかし イリアナデラベガオースティンにあるメキシコ料理レストランElNaranjoのシェフ兼オーナーは、メキシコシティで育った間、チーズエンチラーダを食べたことはありませんでした。彼女は、チリ・レジェノやハヤトウリやノパルでできたサラダなどの食べ物を食べたことを思い出します。牛肉は少し珍しかったです。 「伝統的なメキシコ料理では、鶏肉と豚肉をたくさん食べます」と彼女は説明しました。エンチラーダがあった場合は、通常、緑色のトマティーヨソースまたはほくろで窒息させ、白いチーズを振りかけました。 「私の母はオアハカ出身だったので、月に2、3回はほくろがありました」と彼女は言いました。

それでも カルロスリベロ、オースティンのEl Chile Cafe y Cantinaや他のいくつかのメキシコ料理店のオーナーは、サンアントニオで育ったときに伝統的なメキシコのモグラやその他の料理を食べました。彼とベイレスはどちらも、チリグレイビーのチーズエンチラーダについて懐かしく話しました。 「それらはおそらく私の妹と私たちが若いときに母が作った私のお気に入りの料理の1つでした」とリベロは回想しました。

もう1つの違いは、テックスメックス料理でのクミンの豊富な使用です。 「私たちは北部でよく使用しますが、メキシコ南部でよく使用するスパイスではありません」とデラベガは言います。ロブウォルシュは、クミンの多用を、1700年代にサンアントニオに移住したカナリア人の最初の波と結び付けています。ウォルシュによれば、1890年代後半にニューブラウンフェルズでドイツ人移民によって開発されたユニークなテキサスの発明であるチリパウダーとともに、今日でもチリコンカーンの重要な成分です。 1800年代後半、チリコンカーンはサンアントニオの有名なチリスタンドの路上で定期的にお買い得価格で売り出されました。 「テックスメックスは決して社会の上層部の料理ではありませんでした」とベイレスは観察します。 「それは農民の労働者階級の料理です。」

ベルビータチーズと既製のタコスの殻でいっぱいの、私たちのほとんどが考えるテックスメックスは、1950年代のコンビニエンスフードの開発によって形作られました。その期間は、「サワークリームとプロセスチーズでいっぱいの安い料理であり、すべてが脂っこい」という評判で、テックスメックス、そして一般的にメキシコ料理さえも残しました、とデラベガは言います。

幸いなことに、その認識は変わりました。 「Tex-Mexは今、別の段階に進化しました」とベイレスは言います。 「かつてはとてもシンプルな料理でしたが、今ではメニューにさまざまな料理があります。」

カルロス・リベロも同意します。 「「メキシコ」は非常に広い用語です。そのプロファイルには非常に多くの異なるフレーバーと成分が含まれているためです」とRivero氏は説明します。 「エルチリに来たら、メキシコ料理を現代風にアレンジしたり、頑固なファヒータの盛り合わせを食べたりすることができます。それはあなた次第です。」

伝統的なメキシコ料理とテックスメックス料理の境界線が進化し続けるにつれて、2つを区別することが難しくなる可能性があります。イリアナ・デ・ラ・ベガが述べているように、「テックスメックス料理でも伝統的なメキシコ料理でも、私たちは皆一緒に暮らすことができます。それが上手に調理された料理である限り、なぜですか?」


Tex-Mexとメキシコ料理の違いは何ですか?

メキシコ料理 私が最初にテキサスに引っ越したとき、私は混乱しました。焼けるように暑いファヒータの盛り合わせや黄色いチーズに包まれたエンチラーダのような典型的なテックスメックスと私が考えたものは、タコスアルパスターやチレスエンノガダのような「伝統的な」メキシコのお気に入りと同じメニューにありました。小麦粉のトルティーヤに包まれたコチニータピビル(ユカタン半島の特産品)の隣にある、ローンスター州の有名なケソディップを提供するレストランにも出くわしました。どうしたらいいのかわからなかった。しかし、何人かのシェフと話をした後、私はメキシコ料理とテックスメックス料理の区別が実際には何年もの間進化していて、最近でも曖昧になり始めていることを知りました。

現在Tex-Mexと呼ばれている料理は、州のテハーノ文化(共和国になる前にテキサスに住んでいたスペインまたはメキシコの遺産のテキサス人)と、主にメキシコ北部から歓迎されたメキシコ移民に根ざしています。しかし、1970年代まで、ほとんどの人はそれを単にメキシコ料理と呼んでいました。の Tex-Mexクックブック、テキサスの食品専門家ロブウォルシュクレジット ダイアナ・ケネディ 伝統的なメキシコ料理の議論からTex-Mexを削除しました。

しかし、リック・ベイレスは最近、オースティンのフード&ワインフェスティバルで、彼が最初の料理本の草稿を書いたとき、 本物のメキシコ料理、彼は米国南西部を含むメキシコの7つの料理地域を特集しました。 「それをさらにアリゾナ、ニューメキシコ、テキサス、さらにはカリフォルニアの牧場の料理に分解することもできます」と彼は付け加えました。彼はオクラホマで育ち、週に2、3回テックスメックスを食べていたので、おそらく彼の見方はケネディの見方とは異なります。

Tex-Mexの際立った特徴を特定したい場合は、エンチラーダが優れたケーススタディです。チーズエンチラーダの古典的なTex-Mexバージョンでは、すりおろした黄色のチーズをトルティーヤで包み、牛ひき肉を混ぜた濃い赤のチリソースで覆います。ピント豆やご飯など、他の典型的なテックスメックスの食材もサイドで提供されます。

しかし イリアナデラベガオースティンにあるメキシコ料理レストランElNaranjoのシェフ兼オーナーは、メキシコシティで育った間、チーズエンチラーダを食べたことはありませんでした。彼女は、チリ・レジェノやハヤトウリやノパルでできたサラダなどの食べ物を食べたことを思い出します。牛肉は少し珍しかったです。 「伝統的なメキシコ料理では、鶏肉と豚肉をたくさん食べます」と彼女は説明しました。エンチラーダがあった場合は、通常、緑色のトマティーヨソースまたはほくろで窒息させ、白いチーズを振りかけました。 「私の母はオアハカ出身だったので、月に2、3回はほくろがありました」と彼女は言いました。

それでも カルロスリベロ、オースティンのEl Chile Cafe y Cantinaや他のいくつかのメキシコ料理店のオーナーは、サンアントニオで育ったときに伝統的なメキシコのモグラやその他の料理を食べました。彼とベイレスはどちらも、チリグレイビーのチーズエンチラーダについて懐かしく話しました。 「それらはおそらく私の妹と私たちが若いときに母が作った私のお気に入りの料理の1つでした」とリベロは回想しました。

もう1つの違いは、テックスメックス料理でのクミンの豊富な使用です。 「私たちは北部でよく使用しますが、メキシコ南部でよく使用するスパイスではありません」とデラベガは言います。ロブウォルシュは、クミンの多用を、1700年代にサンアントニオに移住したカナリア人の最初の波と結び付けています。ウォルシュによれば、1890年代後半にニューブラウンフェルズでドイツ人移民によって開発されたユニークなテキサスの発明であるチリパウダーとともに、今日でもチリコンカーンの重要な成分です。 1800年代後半、チリコンカーンはサンアントニオの有名なチリスタンドの路上で定期的にお買い得価格で売り出されました。 「テックスメックスは決して社会の上層部の料理ではありませんでした」とベイレスは観察します。 「それは農民の労働者階級の料理です。」

ベルビータチーズと既製のタコスの殻でいっぱいの、私たちのほとんどが考えるテックスメックスは、1950年代のコンビニエンスフードの開発によって形作られました。その期間は、「サワークリームとプロセスチーズでいっぱいの安い料理であり、すべてが脂っこい」という評判で、テックスメックス、そして一般的にメキシコ料理さえも残しました、とデラベガは言います。

幸いなことに、その認識は変わりました。 「Tex-Mexは今、別の段階に進化しました」とベイレスは言います。 「かつてはとてもシンプルな料理でしたが、今ではメニューにさまざまな料理があります。」

カルロス・リベロも同意します。 「「メキシコ」は非常に広い用語です。そのプロファイルには非常に多くの異なるフレーバーと成分が含まれているためです」とRivero氏は説明します。 「エルチリに来たら、メキシコ料理を現代風にアレンジしたり、頑固なファヒータの盛り合わせを食べたりすることができます。それはあなた次第です。」

As the line between traditional Mexican and Tex-Mex continues to evolve, it may become harder to separate the two. As Iliana de la Vega notes, "Either Tex-Mex or traditional Mexican, we can all live together. As long as it's well-executed food, then, why not?"


What's the Difference Between Tex-Mex and Mexican Food?

Mexican food confused me when I first moved to Texas. What I considered to be quintessential Tex-Mex, like sizzling fajita platters and enchiladas smothered in yellow cheese, were on the same menu as "traditional" Mexican favorites, like tacos al pastor and chiles en nogada. I even encountered a restaurant serving the Lone Star state's famous queso dip next to cochinita pibil (a specialty from the Yucatán Peninsula) wrapped in flour tortillas. I didn't know what to make of it. But after talking to several chefs, I learned that the distinction between Mexican and Tex-Mex food has actually been evolving for years, and has even recently started to blur.

The cuisine we now call Tex-Mex is rooted in the state's Tejano culture (Texans of Spanish or Mexican heritage who lived in Texas before it became a republic) and also Mexican immigrants who hailed largely from Northern Mexico. Until the 1970s, though, most people referred to it simply as Mexican food.の The Tex-Mex Cookbook, Texas food expert Robb Walsh credits Diana Kennedy with removing Tex-Mex from the discussion of traditional Mexican cuisine.

Rick Bayless, however, recently told me at the Austin Food and Wine Festival that when he wrote the draft of his first cookbook, Authentic Mexican, he featured seven culinary regions of Mexico, including the Southwestern United States. "You could even break that down further into the cuisines of Arizona, New Mexico, Texas, and even the ranchos of California," he added. Perhaps his view differs from Kennedy's because he grew up in Oklahoma eating Tex-Mex two or three times a week.

If you're looking to identify the distinguishing characteristics of Tex-Mex, enchiladas are a good case study. In the classic Tex-Mex version of cheese enchiladas, grated yellow cheese is wrapped in tortillas, and then covered in a dark red chili sauce mixed with ground beef. You'll also find other typical Tex-Mex ingredients like pinto beans and rice served on the side.

しかし Iliana de la Vega, the chef and owner of the Mexican restaurant El Naranjo in Austin, never ate cheese enchiladas while growing up in Mexico City. She recalls eating foods like chiles rellenos and salads composed of chayote or nopales. Beef was a bit of a rarity. "In traditional Mexican cooking, we eat a lot of chicken and a lot of pork," she explained. If they had enchiladas, they were usually smothered in a green tomatillo sauce or mole, and sprinkled with a white cheese. "My mother was from Oaxaca, so we had mole maybe twice or three times a month," she said.

それでも Carlos Rivero, owner of El Chile Cafe y Cantina and several other Mexican restaurants in Austin, ate traditional Mexican mole and other dishes while growing up in San Antonio, he and Bayless both spoke nostalgically about cheese enchiladas in chili gravy. "They were probably one of my favorite dishes my mom made when my sister and I we were young," Rivero recalled.

Another difference is the abundant use of cumin in Tex-Mex cuisine. "We use it a lot in the north, but it's not a spice we use much in the southern part of Mexico," says de la Vega. Robb Walsh links the heavy use of cumin to the first wave of Canary Islanders who emigrated to San Antonio in the 1700s. Today it's still a key ingredient in chili con carne, along with chili powder, which, according to Walsh, is a uniquely Texan invention developed by a German immigrant in New Braunfels in the late 1890s. In the late 1800's, chili con carne was regularly ladled out at bargain prices in the streets of San Antonio at its famed chili stands. "Tex-Mex was never the cuisine of the upper echelon of society," Bayless observes. "It's a peasant, working class cuisine."

The Tex-Mex that most of us think of, full of Velveeta cheese and pre-made taco shells, was shaped by the development of convenience foods in the 1950s. That time period left Tex-Mex, and even Mexican food in general, with a reputation as "just a cheap cuisine, full of sour cream and processed cheese, and that everything is greasy," says de la Vega.

Fortunately, that perception has changed. "Tex-Mex has now evolved to a different stage," says Bayless. "It was once a very simple cuisine, but now there are a variety of dishes on the menus."

Carlos Rivero agrees. "'Mexican' is a very broad term because that profile encompasses so many different flavors and ingredients," explains Rivero. "When you come to El Chile, you can have a modern take on Mexican or you can have the die-hard fajita platter. It's up to you."

As the line between traditional Mexican and Tex-Mex continues to evolve, it may become harder to separate the two. As Iliana de la Vega notes, "Either Tex-Mex or traditional Mexican, we can all live together. As long as it's well-executed food, then, why not?"


What's the Difference Between Tex-Mex and Mexican Food?

Mexican food confused me when I first moved to Texas. What I considered to be quintessential Tex-Mex, like sizzling fajita platters and enchiladas smothered in yellow cheese, were on the same menu as "traditional" Mexican favorites, like tacos al pastor and chiles en nogada. I even encountered a restaurant serving the Lone Star state's famous queso dip next to cochinita pibil (a specialty from the Yucatán Peninsula) wrapped in flour tortillas. I didn't know what to make of it. But after talking to several chefs, I learned that the distinction between Mexican and Tex-Mex food has actually been evolving for years, and has even recently started to blur.

The cuisine we now call Tex-Mex is rooted in the state's Tejano culture (Texans of Spanish or Mexican heritage who lived in Texas before it became a republic) and also Mexican immigrants who hailed largely from Northern Mexico. Until the 1970s, though, most people referred to it simply as Mexican food.の The Tex-Mex Cookbook, Texas food expert Robb Walsh credits Diana Kennedy with removing Tex-Mex from the discussion of traditional Mexican cuisine.

Rick Bayless, however, recently told me at the Austin Food and Wine Festival that when he wrote the draft of his first cookbook, Authentic Mexican, he featured seven culinary regions of Mexico, including the Southwestern United States. "You could even break that down further into the cuisines of Arizona, New Mexico, Texas, and even the ranchos of California," he added. Perhaps his view differs from Kennedy's because he grew up in Oklahoma eating Tex-Mex two or three times a week.

If you're looking to identify the distinguishing characteristics of Tex-Mex, enchiladas are a good case study. In the classic Tex-Mex version of cheese enchiladas, grated yellow cheese is wrapped in tortillas, and then covered in a dark red chili sauce mixed with ground beef. You'll also find other typical Tex-Mex ingredients like pinto beans and rice served on the side.

しかし Iliana de la Vega, the chef and owner of the Mexican restaurant El Naranjo in Austin, never ate cheese enchiladas while growing up in Mexico City. She recalls eating foods like chiles rellenos and salads composed of chayote or nopales. Beef was a bit of a rarity. "In traditional Mexican cooking, we eat a lot of chicken and a lot of pork," she explained. If they had enchiladas, they were usually smothered in a green tomatillo sauce or mole, and sprinkled with a white cheese. "My mother was from Oaxaca, so we had mole maybe twice or three times a month," she said.

それでも Carlos Rivero, owner of El Chile Cafe y Cantina and several other Mexican restaurants in Austin, ate traditional Mexican mole and other dishes while growing up in San Antonio, he and Bayless both spoke nostalgically about cheese enchiladas in chili gravy. "They were probably one of my favorite dishes my mom made when my sister and I we were young," Rivero recalled.

Another difference is the abundant use of cumin in Tex-Mex cuisine. "We use it a lot in the north, but it's not a spice we use much in the southern part of Mexico," says de la Vega. Robb Walsh links the heavy use of cumin to the first wave of Canary Islanders who emigrated to San Antonio in the 1700s. Today it's still a key ingredient in chili con carne, along with chili powder, which, according to Walsh, is a uniquely Texan invention developed by a German immigrant in New Braunfels in the late 1890s. In the late 1800's, chili con carne was regularly ladled out at bargain prices in the streets of San Antonio at its famed chili stands. "Tex-Mex was never the cuisine of the upper echelon of society," Bayless observes. "It's a peasant, working class cuisine."

The Tex-Mex that most of us think of, full of Velveeta cheese and pre-made taco shells, was shaped by the development of convenience foods in the 1950s. That time period left Tex-Mex, and even Mexican food in general, with a reputation as "just a cheap cuisine, full of sour cream and processed cheese, and that everything is greasy," says de la Vega.

Fortunately, that perception has changed. "Tex-Mex has now evolved to a different stage," says Bayless. "It was once a very simple cuisine, but now there are a variety of dishes on the menus."

Carlos Rivero agrees. "'Mexican' is a very broad term because that profile encompasses so many different flavors and ingredients," explains Rivero. "When you come to El Chile, you can have a modern take on Mexican or you can have the die-hard fajita platter. It's up to you."

As the line between traditional Mexican and Tex-Mex continues to evolve, it may become harder to separate the two. As Iliana de la Vega notes, "Either Tex-Mex or traditional Mexican, we can all live together. As long as it's well-executed food, then, why not?"


What's the Difference Between Tex-Mex and Mexican Food?

Mexican food confused me when I first moved to Texas. What I considered to be quintessential Tex-Mex, like sizzling fajita platters and enchiladas smothered in yellow cheese, were on the same menu as "traditional" Mexican favorites, like tacos al pastor and chiles en nogada. I even encountered a restaurant serving the Lone Star state's famous queso dip next to cochinita pibil (a specialty from the Yucatán Peninsula) wrapped in flour tortillas. I didn't know what to make of it. But after talking to several chefs, I learned that the distinction between Mexican and Tex-Mex food has actually been evolving for years, and has even recently started to blur.

The cuisine we now call Tex-Mex is rooted in the state's Tejano culture (Texans of Spanish or Mexican heritage who lived in Texas before it became a republic) and also Mexican immigrants who hailed largely from Northern Mexico. Until the 1970s, though, most people referred to it simply as Mexican food.の The Tex-Mex Cookbook, Texas food expert Robb Walsh credits Diana Kennedy with removing Tex-Mex from the discussion of traditional Mexican cuisine.

Rick Bayless, however, recently told me at the Austin Food and Wine Festival that when he wrote the draft of his first cookbook, Authentic Mexican, he featured seven culinary regions of Mexico, including the Southwestern United States. "You could even break that down further into the cuisines of Arizona, New Mexico, Texas, and even the ranchos of California," he added. Perhaps his view differs from Kennedy's because he grew up in Oklahoma eating Tex-Mex two or three times a week.

If you're looking to identify the distinguishing characteristics of Tex-Mex, enchiladas are a good case study. In the classic Tex-Mex version of cheese enchiladas, grated yellow cheese is wrapped in tortillas, and then covered in a dark red chili sauce mixed with ground beef. You'll also find other typical Tex-Mex ingredients like pinto beans and rice served on the side.

しかし Iliana de la Vega, the chef and owner of the Mexican restaurant El Naranjo in Austin, never ate cheese enchiladas while growing up in Mexico City. She recalls eating foods like chiles rellenos and salads composed of chayote or nopales. Beef was a bit of a rarity. "In traditional Mexican cooking, we eat a lot of chicken and a lot of pork," she explained. If they had enchiladas, they were usually smothered in a green tomatillo sauce or mole, and sprinkled with a white cheese. "My mother was from Oaxaca, so we had mole maybe twice or three times a month," she said.

それでも Carlos Rivero, owner of El Chile Cafe y Cantina and several other Mexican restaurants in Austin, ate traditional Mexican mole and other dishes while growing up in San Antonio, he and Bayless both spoke nostalgically about cheese enchiladas in chili gravy. "They were probably one of my favorite dishes my mom made when my sister and I we were young," Rivero recalled.

Another difference is the abundant use of cumin in Tex-Mex cuisine. "We use it a lot in the north, but it's not a spice we use much in the southern part of Mexico," says de la Vega. Robb Walsh links the heavy use of cumin to the first wave of Canary Islanders who emigrated to San Antonio in the 1700s. Today it's still a key ingredient in chili con carne, along with chili powder, which, according to Walsh, is a uniquely Texan invention developed by a German immigrant in New Braunfels in the late 1890s. In the late 1800's, chili con carne was regularly ladled out at bargain prices in the streets of San Antonio at its famed chili stands. "Tex-Mex was never the cuisine of the upper echelon of society," Bayless observes. "It's a peasant, working class cuisine."

The Tex-Mex that most of us think of, full of Velveeta cheese and pre-made taco shells, was shaped by the development of convenience foods in the 1950s. That time period left Tex-Mex, and even Mexican food in general, with a reputation as "just a cheap cuisine, full of sour cream and processed cheese, and that everything is greasy," says de la Vega.

Fortunately, that perception has changed. "Tex-Mex has now evolved to a different stage," says Bayless. "It was once a very simple cuisine, but now there are a variety of dishes on the menus."

Carlos Rivero agrees. "'Mexican' is a very broad term because that profile encompasses so many different flavors and ingredients," explains Rivero. "When you come to El Chile, you can have a modern take on Mexican or you can have the die-hard fajita platter. It's up to you."

As the line between traditional Mexican and Tex-Mex continues to evolve, it may become harder to separate the two. As Iliana de la Vega notes, "Either Tex-Mex or traditional Mexican, we can all live together. As long as it's well-executed food, then, why not?"


What's the Difference Between Tex-Mex and Mexican Food?

Mexican food confused me when I first moved to Texas. What I considered to be quintessential Tex-Mex, like sizzling fajita platters and enchiladas smothered in yellow cheese, were on the same menu as "traditional" Mexican favorites, like tacos al pastor and chiles en nogada. I even encountered a restaurant serving the Lone Star state's famous queso dip next to cochinita pibil (a specialty from the Yucatán Peninsula) wrapped in flour tortillas. I didn't know what to make of it. But after talking to several chefs, I learned that the distinction between Mexican and Tex-Mex food has actually been evolving for years, and has even recently started to blur.

The cuisine we now call Tex-Mex is rooted in the state's Tejano culture (Texans of Spanish or Mexican heritage who lived in Texas before it became a republic) and also Mexican immigrants who hailed largely from Northern Mexico. Until the 1970s, though, most people referred to it simply as Mexican food.の The Tex-Mex Cookbook, Texas food expert Robb Walsh credits Diana Kennedy with removing Tex-Mex from the discussion of traditional Mexican cuisine.

Rick Bayless, however, recently told me at the Austin Food and Wine Festival that when he wrote the draft of his first cookbook, Authentic Mexican, he featured seven culinary regions of Mexico, including the Southwestern United States. "You could even break that down further into the cuisines of Arizona, New Mexico, Texas, and even the ranchos of California," he added. Perhaps his view differs from Kennedy's because he grew up in Oklahoma eating Tex-Mex two or three times a week.

If you're looking to identify the distinguishing characteristics of Tex-Mex, enchiladas are a good case study. In the classic Tex-Mex version of cheese enchiladas, grated yellow cheese is wrapped in tortillas, and then covered in a dark red chili sauce mixed with ground beef. You'll also find other typical Tex-Mex ingredients like pinto beans and rice served on the side.

しかし Iliana de la Vega, the chef and owner of the Mexican restaurant El Naranjo in Austin, never ate cheese enchiladas while growing up in Mexico City. She recalls eating foods like chiles rellenos and salads composed of chayote or nopales. Beef was a bit of a rarity. "In traditional Mexican cooking, we eat a lot of chicken and a lot of pork," she explained. If they had enchiladas, they were usually smothered in a green tomatillo sauce or mole, and sprinkled with a white cheese. "My mother was from Oaxaca, so we had mole maybe twice or three times a month," she said.

それでも Carlos Rivero, owner of El Chile Cafe y Cantina and several other Mexican restaurants in Austin, ate traditional Mexican mole and other dishes while growing up in San Antonio, he and Bayless both spoke nostalgically about cheese enchiladas in chili gravy. "They were probably one of my favorite dishes my mom made when my sister and I we were young," Rivero recalled.

Another difference is the abundant use of cumin in Tex-Mex cuisine. "We use it a lot in the north, but it's not a spice we use much in the southern part of Mexico," says de la Vega. Robb Walsh links the heavy use of cumin to the first wave of Canary Islanders who emigrated to San Antonio in the 1700s. Today it's still a key ingredient in chili con carne, along with chili powder, which, according to Walsh, is a uniquely Texan invention developed by a German immigrant in New Braunfels in the late 1890s. In the late 1800's, chili con carne was regularly ladled out at bargain prices in the streets of San Antonio at its famed chili stands. "Tex-Mex was never the cuisine of the upper echelon of society," Bayless observes. "It's a peasant, working class cuisine."

The Tex-Mex that most of us think of, full of Velveeta cheese and pre-made taco shells, was shaped by the development of convenience foods in the 1950s. That time period left Tex-Mex, and even Mexican food in general, with a reputation as "just a cheap cuisine, full of sour cream and processed cheese, and that everything is greasy," says de la Vega.

Fortunately, that perception has changed. "Tex-Mex has now evolved to a different stage," says Bayless. "It was once a very simple cuisine, but now there are a variety of dishes on the menus."

Carlos Rivero agrees. "'Mexican' is a very broad term because that profile encompasses so many different flavors and ingredients," explains Rivero. "When you come to El Chile, you can have a modern take on Mexican or you can have the die-hard fajita platter. It's up to you."

As the line between traditional Mexican and Tex-Mex continues to evolve, it may become harder to separate the two. As Iliana de la Vega notes, "Either Tex-Mex or traditional Mexican, we can all live together. As long as it's well-executed food, then, why not?"