新しいレシピ

日付にクーポンを使用しても大丈夫ですか?

日付にクーポンを使用しても大丈夫ですか?

性別に関係なく、日付に請求書を支払うことを申し出るのは、ポイントを獲得するためのかなり確実な方法です。 (そして、あなたの日付がうまくいけば、彼らは次回あなたを扱いますよね?)しかし、あなたがクーポンを使って請求書を支払うとどうなりますか?あなたの日付は、結局のところ、財政責任や成熟度などの日付可能な属性を示す、あなたの倹約的なお金を節約する能力に感銘を受けますか?それとも、あなたの日付はあなたが、まあ、安いと思うだけですか?

Couponcabin.comは最近、アメリカ人が日付にクーポンを使用することについてどのように感じたかを測定するための調査を行いました。

どうやら、誰かが最初のデートでクーポンを出した場合、18-34歳の成人のわずか6パーセントが「気分を害する」でしょう。 (だから、あなたがあなたの倹約によってオフにされている誰かとのデートに自分自身を見つけた場合、あなたのデートプールの残りの94パーセントが異なって感じることを知ってください。)

実際、日付がクーポンを使用した場合、男性の32%と女性の35%が「無関心」と感じるでしょう。次回、デートの夜に「ポップコーンの購入で5ドルの割引」クーポンを提供する見込みで、バケツを汗をかいていることを忘れないでください。

一般的に、シングルの70%は、初デートでクーポンを使用するのが賢明だと言っています。私たちがずっと言ってきたことのようなものです:デートは楽しいものでなければなりませんが、それは本当に高価で贅沢である必要はありません。

デートナイトクーポンエチケット

1. 特定の取引または購入のクーポンをお持ちの場合は、事前に日付をお知らせください。特定のメニュー項目、飲み物、またはショーの時間を選択するように彼らを導き、次に対応するクーポンを破ろうとすると、彼らは竹のように感じます。

2. クーポンをオプションにします。エンチラーダを購入すると無料のデザートのクーポンがあることを彼らに知らせますが、彼らがブリトーに心を向けていた場合は、それを放棄するように強制しないでください。

3. 彼らが支払っていても、あなたの割引を提供してください。たとえば、アートレクチャーのチケットに多額のお金を払っているのに、美術館の会員であるために15%の割引を受ける場合は、お母さんにとどまらないでください。彼らにあなたのカードを渡すか、自分でチケットを手に入れることを申し出てください—彼らは受け入れるか、またはおとなしくすることができます。

4. あなたがそれについて前もっているならば、あなたはクーポンの周りに日付を作ることさえできます!あなたが好きな男や女はいますか?グルーポンを手に入れたばかりか、ビールの試飲コース/ダンスショー/ボートに乗る契約を結んだことを彼らに知らせてください。彼らは一緒に行きたいですか?このように、あなたの日付はお金を節約することについてではなく、活動についてより多くなります。

5. 極端なクーポンに注意してください!日付に1枚のクーポンを使用することは問題ありません。クーポンの小冊子と取引からすべての可能なペニーを絞り出すための複雑な計画を持って現れるのは少し...最初のデートのために積極的です。クーポンを使用できるように、日付ではなく、現在までクーポンを使用していることを忘れないでください。 (重要な違い。)

— Chiara Atik、私たちはどうですか

関連リンク:

私たちが最初のデートで尋ねることができた20の質問(しかし実際にはそうなるでしょう)

15の兆候は2番目の日付になるだろう

あなたの飲み物が日付であなたについて言うこと


缶詰は賞味期限が切れてからどれくらいの期間有効ですか?

食器棚の缶詰を最後に掃除したのはいつですか。最近、友達のパントリーに行って、1988年にさかのぼる缶を見つけました。言うまでもなく、それらの赤ちゃんは投げ出されました。しかし、「使用期限」を数週間、数か月、さらには数年過ぎた缶はどうでしょうか。何を投げ、何を保持するかについてのガイドラインを次に示します。

缶のラベル

缶詰には賞味期限がありません。むしろ、缶にある2つの主要なラベルには、「賞味期限」または「使用期限」の日付が含まれています。これらの用語の意味は次のとおりです。

  • 「賞味期限」日:これは、最高の物理的および/または感覚的品質のために製品を使用するための推奨される時期です。日付は食品メーカーによって推奨されています。
  • 「賞味期限」:この用語は、製品が最高の鮮度、風味、食感になる最終日を指します。この日以降、食品の品質は低下しますが、それでも食用です。この日付は食品メーカーによって推奨されています。

缶製造業者協会によると、「缶詰は高温プロセスであるため、食品を保存し、悪玉菌の増殖を防ぎます。缶詰食品は永遠に安全ですが、「賞味期限」または「使用期限」がある場合は品質の問題になります。」あなたは製品の最高の品質のために数年以内にあなたの缶詰食品を使うべきです。

缶の保管方法

缶製造業者協会によると、「生鮮食品の腐敗率が高いのとは異なり、スチール製の食品缶は、食品を空気や光から保護し、鮮度と栄養を封じ込め、腐敗を防ぐ金庫のようなものです。」ただし、それでも自分の役割を果たし、購入時に缶を調べて正しく保管する必要があります。

USDAの食品安全検査サービス(FSIS)によると、膨らんだり、漏れたり、錆びたり、深くへこんだ缶を購入したり、冷暗所に保管したりしないでください。理想的には、温度は華氏85度未満である必要があります。華氏100度を超える温度は、缶詰に有害である可能性があります。ストーブの上または隣、流しの下、湿ったガレージや地下室、または非常に高温または非常に低温にさらされる場所に缶を保管しないでください。また、パントリーを頻繁に(数週間ごとなど)チェックして、缶詰の状態が良好であること(つまり、漏れ、膨らみ、錆、深いへこみがないこと)を確認することもお勧めします。缶製造業者協会によると、「40年以上の金属包装の故障と数兆の缶の消費による食中毒の発生は報告されていません。」

缶詰にはメリットがあります

缶詰を使うことにはたくさんの利点があります。安全面についてはすでに説明しましたが、缶詰食品は栄養と利便性を提供し、食品コストを最小限に抑えるのに役立ちます。アメリカ人のための2015年の食事ガイドラインによると、アメリカ人の9%だけが野菜の推奨摂取量を満たし、12%が果物の推奨摂取量を満たしています。缶詰の果物と野菜は、新鮮なものや冷凍のものと比較して、同じ栄養価を持ち、時にはさらに良い栄養価を持っています。たとえば、缶詰のトマトは、新鮮なトマトに比べてリコピンの量が多くなっています。リコピンはトマトに含まれる天然の植物性化合物で、ガンのリスクを減らすことに関連しています。さらに、缶詰のトマトは新鮮なトマトと比較してより多くのビタミンB群を持っています。

缶詰食品は、食品コストの削減にも役立ちます。缶詰食品は、新鮮な食品よりも最大20%安く、冷凍食品の最大半分のコストです。缶詰も一年中手に入り、とても便利です(個人的には豆の缶詰が大好きです!)。すべての食品を新鮮に購入しようとするかもしれませんが、現実には、生鮮食品の15%から20%が投げられ、缶詰の品種が一年中入手可能です。

最後に、それらの缶が際限なくリサイクル可能であることをご存知ですか?スチール製の食品缶のリサイクル率は他のパッケージオプションの2.5倍以上であり、環境に優しい選択肢となっています。

結論

缶詰食品は、栄養価が高く、持続可能で、費用対効果の高い選択肢です。適切に保管すれば、缶詰食品は数年間有効です。


缶詰は賞味期限が切れてからどれくらいの期間有効ですか?

食器棚の缶詰を最後に掃除したのはいつですか。最近、友達のパントリーに行って、1988年にさかのぼる缶を見つけました。言うまでもなく、それらの赤ちゃんは投げ出されました。しかし、「使用期限」を数週間、数か月、さらには数年過ぎた缶はどうでしょうか。何を投げ、何を保持するかについてのガイドラインを次に示します。

缶のラベル

缶詰には賞味期限がありません。むしろ、缶にある2つの主要なラベルには、「賞味期限」または「使用期限」の日付が含まれています。これらの用語の意味は次のとおりです。

  • 「賞味期限」日:これは、最高の物理的および/または感覚的品質のために製品を使用するための推奨される時期です。日付は食品メーカーによって推奨されています。
  • 「賞味期限」:この用語は、製品が最高の鮮度、風味、食感になる最終日を指します。この日以降、食品の品質は低下しますが、それでも食用です。この日付は食品メーカーによって推奨されています。

缶製造業者協会によると、「缶詰は高温プロセスであるため、食品を保存し、悪玉菌の増殖を防ぎます。缶詰食品は永遠に安全ですが、「賞味期限」または「使用期限」がある場合は品質の問題になります。」あなたは製品の最高の品質のために数年以内にあなたの缶詰食品を使うべきです。

缶の保管方法

缶製造業者協会によると、「生鮮食品の腐敗率が高いのとは異なり、スチール製の食品缶は、食品を空気や光から保護し、鮮度と栄養を封じ込め、腐敗を防ぐ金庫のようなものです。」ただし、それでも自分の役割を果たし、購入時に缶を調べて正しく保管する必要があります。

USDAの食品安全検査サービス(FSIS)によると、膨らんだり、漏れたり、錆びたり、深くへこんだ缶を購入したり、冷暗所に保管したりしないでください。理想的には、温度は華氏85度未満である必要があります。華氏100度を超える温度は、缶詰に有害である可能性があります。ストーブの上または隣、流しの下、湿ったガレージや地下室、または非常に高温または非常に低温にさらされる場所に缶を保管しないでください。また、パントリーを頻繁に(数週間ごとなど)チェックして、缶詰の状態が良好であること(つまり、漏れ、膨らみ、錆、深いへこみがないこと)を確認することもお勧めします。缶製造業者協会によると、「40年以上の金属包装の故障と数兆の缶の消費による食中毒の発生は報告されていません。」

缶詰にはメリットがあります

缶詰を使うことにはたくさんの利点があります。安全面についてはすでに説明しましたが、缶詰食品は栄養と利便性を提供し、食品コストを最小限に抑えるのに役立ちます。アメリカ人のための2015年の食事ガイドラインによると、アメリカ人の9%だけが野菜の推奨摂取量を満たし、12%が果物の推奨摂取量を満たしています。缶詰の果物と野菜は、新鮮なものや冷凍のものと比較して、同じ栄養価を持ち、時にはさらに良い栄養価を持っています。たとえば、缶詰のトマトは、フレッシュトマトに比べてリコピンの量が多くなっています。リコピンはトマトに含まれる天然の植物性化合物で、ガンのリスクを減らすことに関連しています。さらに、缶詰のトマトは新鮮なトマトと比較してより多くのビタミンB群を持っています。

缶詰食品は、食品コストの削減にも役立ちます。缶詰食品は、新鮮な食品よりも最大20%安く、冷凍食品の最大半分のコストです。缶詰も一年中手に入り、とても便利です(個人的には豆の缶詰が大好きです!)。すべての食品を新鮮に購入しようとするかもしれませんが、現実には、生鮮食品の15%から20%が投げられ、缶詰の品種が一年中入手可能です。

最後に、それらの缶が際限なくリサイクル可能であることをご存知ですか?スチール製の食品缶のリサイクル率は他のパッケージオプションの2.5倍以上であり、環境に優しい選択肢となっています。

結論

缶詰食品は、栄養価が高く、持続可能で、費用対効果の高い選択肢です。適切に保管すれば、缶詰食品は数年間有効です。


缶詰は賞味期限が切れてからどれくらいの期間有効ですか?

食器棚の缶詰を最後に掃除したのはいつですか。最近、友達のパントリーに行って、1988年にさかのぼる缶を見つけました。言うまでもなく、それらの赤ちゃんは投げ出されました。しかし、「使用期限」を数週間、数か月、さらには数年過ぎた缶はどうでしょうか。何を投げ、何を保持するかについてのガイドラインを次に示します。

缶のラベル

缶詰には賞味期限がありません。むしろ、缶にある2つの主要なラベルには、「賞味期限」または「使用期限」の日付が含まれています。これらの用語の意味は次のとおりです。

  • 「賞味期限」日:これは、最高の物理的および/または感覚的品質のために製品を使用するための推奨される時期です。日付は食品メーカーによって推奨されています。
  • 「賞味期限」:この用語は、製品が最高の鮮度、風味、食感になる最終日を指します。この日以降、食品の品質は低下しますが、それでも食用です。この日付は食品メーカーによって推奨されています。

缶製造業者協会によると、「缶詰は高温プロセスであるため、食品を保存し、悪玉菌の増殖を防ぎます。缶詰食品は永遠に安全ですが、「賞味期限」または「使用期限」がある場合は品質の問題になります。」あなたは製品の最高の品質のために数年以内にあなたの缶詰食品を使うべきです。

缶の保管方法

缶製造業者協会によると、「生鮮食品の腐敗率が高いのとは異なり、スチール製の食品缶は、食品を空気や光から保護し、鮮度と栄養を封じ込め、腐敗を防ぐ金庫のようなものです。」ただし、それでも自分の役割を果たし、購入時に缶を調べて正しく保管する必要があります。

USDAの食品安全検査サービス(FSIS)によると、膨らんだり、漏れたり、錆びたり、深くへこんだ缶を購入したり、冷暗所に保管したりしないでください。理想的には、温度は華氏85度未満である必要があります。華氏100度を超える温度は、缶詰に有害である可能性があります。ストーブの上または隣、流しの下、湿ったガレージや地下室、または非常に高温または非常に低温にさらされる場所に缶を保管しないでください。また、パントリーを頻繁に(数週間ごとなど)チェックして、缶詰の状態が良好であること(つまり、漏れ、膨らみ、錆、深いへこみがないこと)を確認することもお勧めします。缶製造業者協会によると、「40年以上の金属包装の故障と数兆の缶の消費による食中毒の発生は報告されていません。」

缶詰にはメリットがあります

缶詰を使うことにはたくさんの利点があります。安全面についてはすでに説明しましたが、缶詰食品は栄養と利便性を提供し、食品コストを最小限に抑えるのに役立ちます。アメリカ人のための2015年の食事ガイドラインによると、アメリカ人の9%だけが野菜の推奨摂取量を満たし、12%が果物の推奨摂取量を満たしています。缶詰の果物と野菜は、新鮮なものや冷凍のものと比較して、同じ栄養価を持ち、時にはさらに良い栄養価を持っています。たとえば、缶詰のトマトは、新鮮なトマトに比べてリコピンの量が多くなっています。リコピンはトマトに含まれる天然の植物性化合物で、ガンのリスクを減らすことに関連しています。さらに、缶詰のトマトは新鮮なトマトと比較してより多くのビタミンB群を持っています。

缶詰食品は、食品コストの削減にも役立ちます。缶詰食品は、新鮮な食品よりも最大20%安く、冷凍食品の最大半分のコストです。缶詰も一年中手に入り、とても便利です(個人的には豆の缶詰が大好きです!)。すべての食品を新鮮に購入しようとするかもしれませんが、現実には、生鮮食品の15%から20%が投げられ、缶詰の品種が一年中入手可能です。

最後に、それらの缶が際限なくリサイクル可能であることをご存知ですか?スチール製の食品缶のリサイクル率は他のパッケージオプションの2.5倍以上であり、環境に優しい選択肢となっています。

結論

缶詰食品は、栄養価が高く、持続可能で、費用対効果の高い選択肢です。適切に保管すれば、缶詰食品は数年間有効です。


缶詰は賞味期限が切れてからどれくらいの期間有効ですか?

食器棚の缶詰を最後に掃除したのはいつですか。最近、友達のパントリーに行って、1988年にさかのぼる缶を見つけました。言うまでもなく、それらの赤ちゃんは投げ出されました。しかし、「使用期限」を数週間、数か月、さらには数年過ぎた缶はどうでしょうか。何を投げ、何を保持するかについてのガイドラインを次に示します。

缶のラベル

缶詰には賞味期限がありません。むしろ、缶にある2つの主要なラベルには、「賞味期限」または「使用期限」の日付が含まれています。これらの用語の意味は次のとおりです。

  • 「賞味期限」日:これは、最高の物理的および/または感覚的品質のために製品を使用するための推奨される時期です。日付は食品メーカーによって推奨されています。
  • 「賞味期限」:この用語は、製品が最高の鮮度、風味、食感になる最終日を指します。この日以降、食品の品質は低下しますが、それでも食用です。この日付は食品メーカーによって推奨されています。

缶製造業者協会によると、「缶詰は高温プロセスであるため、食品を保存し、悪玉菌の増殖を防ぎます。缶詰食品は永遠に安全ですが、「賞味期限」または「使用期限」がある場合は品質の問題になります。」あなたは製品の最高の品質のために数年以内にあなたの缶詰食品を使うべきです。

缶の保管方法

缶製造業者協会によると、「生鮮食品の腐敗率が高いのとは異なり、スチール製の食品缶は、食品を空気や光から保護し、鮮度と栄養を封じ込め、腐敗を防ぐ金庫のようなものです。」ただし、それでも自分の役割を果たし、購入時に缶を調べて正しく保管する必要があります。

USDAの食品安全検査サービス(FSIS)によると、膨らんだり、漏れたり、錆びたり、深くへこんだ缶を購入したり、冷暗所に保管したりしないでください。理想的には、温度は華氏85度未満である必要があります。華氏100度を超える温度は、缶詰に有害である可能性があります。ストーブの上または隣、流しの下、湿ったガレージや地下室、または非常に高温または非常に低温にさらされる場所に缶を保管しないでください。また、パントリーを頻繁に(数週間ごとなど)チェックして、缶詰の状態が良好であること(つまり、漏れ、膨らみ、錆、深いへこみがないこと)を確認することもお勧めします。缶製造業者協会によると、「40年以上の金属包装の故障と数兆の缶の消費による食中毒の発生は報告されていません。」

缶詰にはメリットがあります

缶詰を使うことにはたくさんの利点があります。安全面についてはすでに説明しましたが、缶詰食品は栄養と利便性を提供し、食品コストを最小限に抑えるのに役立ちます。アメリカ人のための2015年の食事ガイドラインによると、アメリカ人の9%だけが野菜の推奨摂取量を満たし、12%が果物の推奨摂取量を満たしています。缶詰の果物と野菜は、新鮮なものや冷凍のものと比較して、同じ栄養価を持ち、時にはさらに良い栄養価を持っています。たとえば、缶詰のトマトは、フレッシュトマトに比べてリコピンの量が多くなっています。リコピンはトマトに含まれる天然の植物性化合物で、ガンのリスクを減らすことに関連しています。さらに、缶詰のトマトは新鮮なトマトと比較してより多くのビタミンB群を持っています。

缶詰食品は、食品コストの削減にも役立ちます。缶詰食品は、新鮮な食品よりも最大20%安く、冷凍食品の最大半分のコストです。缶詰も一年中手に入り、とても便利です(個人的には豆の缶詰が大好きです!)。すべての食品を新鮮に購入しようとするかもしれませんが、現実には、生鮮食品の15%から20%が投げられ、缶詰の品種が一年中入手可能です。

最後に、それらの缶が際限なくリサイクル可能であることをご存知ですか?スチール製の食品缶のリサイクル率は他のパッケージオプションの2.5倍以上であり、環境に優しい選択肢となっています。

結論

缶詰食品は、栄養価が高く、持続可能で、費用対効果の高い選択肢です。適切に保管すれば、缶詰食品は数年間有効です。


缶詰は賞味期限が切れてからどれくらいの期間有効ですか?

食器棚の缶詰を最後に掃除したのはいつですか。最近、友達のパントリーに行って、1988年にさかのぼる缶を見つけました。言うまでもなく、それらの赤ちゃんは投げ出されました。しかし、「使用期限」を数週間、数か月、さらには数年過ぎた缶はどうでしょうか。何を投げ、何を保持するかについてのガイドラインを次に示します。

缶のラベル

缶詰には賞味期限がありません。むしろ、缶にある2つの主要なラベルには、「賞味期限」または「使用期限」の日付が含まれています。これらの用語の意味は次のとおりです。

  • 「賞味期限」日:これは、最高の物理的および/または感覚的品質のために製品を使用するための推奨される時期です。日付は食品メーカーによって推奨されています。
  • 「賞味期限」:この用語は、製品が最高の鮮度、風味、食感になる最終日を指します。この日以降、食品の品質は低下しますが、それでも食用です。この日付は食品メーカーによって推奨されています。

缶製造業者協会によると、「缶詰は高温プロセスであるため、食品を保存し、悪玉菌の増殖を防ぎます。缶詰食品は永遠に安全ですが、「賞味期限」または「使用期限」がある場合は品質の問題になります。」あなたは製品の最高の品質のために数年以内にあなたの缶詰食品を使うべきです。

缶の保管方法

缶製造業者協会によると、「生鮮食品の腐敗率が高いのとは異なり、スチール製の食品缶は、食品を空気や光から保護し、鮮度と栄養を封じ込め、腐敗を防ぐ金庫のようなものです。」ただし、それでも自分の役割を果たし、購入時に缶を調べて正しく保管する必要があります。

USDAの食品安全検査サービス(FSIS)によると、膨らんだり、漏れたり、錆びたり、深くへこんだ缶を購入したり、冷暗所に保管したりしないでください。理想的には、温度は華氏85度未満である必要があります。華氏100度を超える温度は、缶詰に有害である可能性があります。ストーブの上または隣、流しの下、湿ったガレージや地下室、または非常に高温または非常に低温にさらされる場所に缶を保管しないでください。また、パントリーを頻繁に(数週間ごとなど)チェックして、缶詰の状態が良好であること(つまり、漏れ、膨らみ、錆、深いへこみがないこと)を確認することもお勧めします。缶製造業者協会によると、「40年以上の金属包装の故障と数兆の缶の消費による食中毒の発生は報告されていません。」

缶詰にはメリットがあります

缶詰を使うことにはたくさんの利点があります。安全面についてはすでに説明しましたが、缶詰食品は栄養と利便性を提供し、食品コストを最小限に抑えるのに役立ちます。アメリカ人のための2015年の食事ガイドラインによると、アメリカ人の9%だけが野菜の推奨摂取量を満たし、12%が果物の推奨摂取量を満たしています。缶詰の果物と野菜は、新鮮なものや冷凍のものと比較して、同じ栄養価を持ち、時にはさらに良い栄養価を持っています。たとえば、缶詰のトマトは、フレッシュトマトに比べてリコピンの量が多くなっています。リコピンはトマトに含まれる天然の植物性化合物で、ガンのリスクを減らすことに関連しています。さらに、缶詰のトマトは新鮮なトマトと比較してより多くのビタミンB群を持っています。

缶詰食品は、食品コストの削減にも役立ちます。缶詰食品は、新鮮な食品よりも最大20%安く、冷凍食品の最大半分のコストです。缶詰も一年中手に入り、とても便利です(個人的には豆の缶詰が大好きです!)。すべての食品を新鮮に購入しようとするかもしれませんが、現実には、生鮮食品の15%から20%が投げられ、缶詰の品種が一年中入手可能です。

最後に、それらの缶が際限なくリサイクル可能であることをご存知ですか?スチール製の食品缶のリサイクル率は他のパッケージオプションの2.5倍以上であり、環境に優しい選択肢となっています。

結論

缶詰食品は、栄養価が高く、持続可能で、費用対効果の高い選択肢です。適切に保管すれば、缶詰食品は数年間有効です。


缶詰は賞味期限が切れてからどれくらいの期間有効ですか?

食器棚の缶詰を最後に掃除したのはいつですか。最近、友達のパントリーに行って、1988年にさかのぼる缶を見つけました。言うまでもなく、それらの赤ちゃんは投げ出されました。しかし、「使用期限」を数週間、数か月、さらには数年過ぎた缶はどうでしょうか。何を投げ、何を保持するかについてのガイドラインを次に示します。

缶のラベル

缶詰には賞味期限がありません。むしろ、缶にある2つの主要なラベルには、「賞味期限」または「使用期限」の日付が含まれています。これらの用語の意味は次のとおりです。

  • 「賞味期限」日:これは、最高の物理的および/または感覚的品質のために製品を使用するための推奨される時期です。日付は食品メーカーによって推奨されています。
  • 「賞味期限」:この用語は、製品が最高の鮮度、風味、食感になる最終日を指します。この日以降、食品の品質は低下しますが、それでも食用です。この日付は食品メーカーによって推奨されています。

缶製造業者協会によると、「缶詰は高温プロセスであるため、食品を保存し、悪玉菌の増殖を防ぎます。缶詰食品は永遠に安全ですが、「賞味期限」または「使用期限」がある場合は品質の問題になります。」あなたは製品の最高の品質のために数年以内にあなたの缶詰食品を使うべきです。

缶の保管方法

缶製造業者協会によると、「生鮮食品の腐敗率が高いのとは異なり、スチール製の食品缶は、食品を空気や光から保護し、鮮度と栄養を封じ込め、腐敗を防ぐ金庫のようなものです。」ただし、それでも自分の役割を果たし、購入時に缶を調べて正しく保管する必要があります。

USDAの食品安全検査サービス(FSIS)によると、膨らんだり、漏れたり、錆びたり、深くへこんだ缶を購入したり、冷暗所に保管したりしないでください。理想的には、温度は華氏85度未満である必要があります。華氏100度を超える温度は、缶詰に有害である可能性があります。ストーブの上または隣、流しの下、湿ったガレージや地下室、または非常に高温または非常に低温にさらされる場所に缶を保管しないでください。また、パントリーを頻繁に(数週間ごとなど)チェックして、缶詰の状態が良好であること(つまり、漏れ、膨らみ、錆、深いへこみがないこと)を確認することもお勧めします。缶製造業者協会によると、「40年以上の金属包装の故障と数兆の缶の消費による食中毒の発生は報告されていません。」

缶詰にはメリットがあります

缶詰を使うことにはたくさんの利点があります。安全面についてはすでに説明しましたが、缶詰食品は栄養と利便性を提供し、食品コストを最小限に抑えるのに役立ちます。アメリカ人のための2015年の食事ガイドラインによると、アメリカ人の9%だけが野菜の推奨摂取量を満たし、12%が果物の推奨摂取量を満たしています。缶詰の果物と野菜は、新鮮なものや冷凍のものと比較して、同じ栄養価を持ち、時にはさらに良い栄養価を持っています。たとえば、缶詰のトマトは、新鮮なトマトに比べてリコピンの量が多くなっています。リコピンはトマトに含まれる天然の植物性化合物で、ガンのリスクを減らすことに関連しています。さらに、缶詰のトマトは新鮮なトマトと比較してより多くのビタミンB群を持っています。

缶詰食品は、食品コストの削減にも役立ちます。缶詰食品は、新鮮な食品よりも最大20%安く、冷凍食品の最大半分のコストです。缶詰も一年中手に入り、とても便利です(個人的には豆の缶詰が大好きです!)。すべての食品を新鮮に購入しようとするかもしれませんが、現実には、生鮮食品の15%から20%が投げられ、缶詰の品種が一年中入手可能です。

最後に、それらの缶が際限なくリサイクル可能であることをご存知ですか?スチール製の食品缶のリサイクル率は他のパッケージオプションの2.5倍以上であり、環境に優しい選択肢となっています。

結論

缶詰食品は、栄養価が高く、持続可能で、費用対効果の高い選択肢です。適切に保管すれば、缶詰食品は数年間有効です。


缶詰は賞味期限が切れてからどれくらいの期間有効ですか?

食器棚の缶詰を最後に掃除したのはいつですか。最近、友達のパントリーに行って、1988年にさかのぼる缶を見つけました。言うまでもなく、それらの赤ちゃんは投げ出されました。しかし、「使用期限」を数週間、数か月、さらには数年過ぎた缶はどうでしょうか。何を投げ、何を保持するかについてのガイドラインを次に示します。

缶のラベル

缶詰には賞味期限がありません。むしろ、缶にある2つの主要なラベルには、「賞味期限」または「使用期限」の日付が含まれています。これらの用語の意味は次のとおりです。

  • 「賞味期限」日:これは、最高の物理的および/または感覚的品質のために製品を使用するための推奨される時期です。日付は食品メーカーによって推奨されています。
  • 「賞味期限」:この用語は、製品が最高の鮮度、風味、食感になる最終日を指します。この日以降、食品の品質は低下しますが、それでも食用です。この日付は食品メーカーによって推奨されています。

缶製造業者協会によると、「缶詰は高温プロセスであるため、食品を保存し、悪玉菌の増殖を防ぎます。缶詰食品は永遠に安全ですが、「賞味期限」または「使用期限」がある場合は品質の問題になります。」あなたは製品の最高の品質のために数年以内にあなたの缶詰食品を使うべきです。

缶の保管方法

缶製造業者協会によると、「生鮮食品の腐敗率が高いのとは異なり、スチール製の食品缶は、食品を空気や光から保護し、鮮度と栄養を封じ込め、腐敗を防ぐ金庫のようなものです。」ただし、それでも自分の役割を果たし、購入時に缶を調べて正しく保管する必要があります。

USDAの食品安全検査サービス(FSIS)によると、膨らんだり、漏れたり、錆びたり、深くへこんだ缶を購入したり、冷暗所に保管したりしないでください。理想的には、温度は華氏85度未満である必要があります。華氏100度を超える温度は、缶詰に有害である可能性があります。ストーブの上または隣、流しの下、湿ったガレージや地下室、または非常に高温または非常に低温にさらされる場所に缶を保管しないでください。また、パントリーを頻繁に(数週間ごとなど)チェックして、缶詰の状態が良好であること(つまり、漏れ、膨らみ、錆、深いへこみがないこと)を確認することもお勧めします。缶製造業者協会によると、「40年以上の金属包装の故障と数兆の缶の消費による食中毒の発生は報告されていません。」

缶詰にはメリットがあります

缶詰を使うことにはたくさんの利点があります。 The safety aspect has already been discussed, but canned foods also provide nutrition, convenience and help minimize food costs. According to the 2015 dietary guidelines for Americans, only 9% of Americans meet the recommended intake of vegetables, and 12% meet the recommended intake of fruit. Canned fruit and vegetables have the same nutritional content, and sometimes even better nutritional content, compared to their fresh or frozen counterparts. For example, canned tomatoes have higher amounts of lycopene compared to fresh tomatoes. Lycopene is a natural plant compound found in tomatoes that has been associated with reducing the risk of cancer. In addition, canned tomatoes have more B-vitamins compared to fresh tomatoes.

Canned foods also help lower food costs. Canned foods cost up to 20% less than their fresh counterparts and up to half the cost of frozen. Canned foods are also available year round, and are very convenient (I personally love canned beans!). Although you may try to buy all your food fresh, the reality is 15% to 20% of fresh produce is tossed and canned varieties are available all year round.

Lastly, did you know those cans are endlessly recyclable? Steel food cans have a recycling rate that is more than 2.5 times higher than other packaging options making it an environmentally-friendly choice.

結論

Canned food is a nutritious, sustainable and cost-friendly option. When stored properly, canned foods will be good for several years.


How Long Is Canned Food Good for After the Expiration Date?

When was the last time you cleaned out your cupboard of canned goodies? I recently went into a friend’s pantry and found some cans dating back to 1988! Needless to say, those babies got tossed out. But what about cans that are past their “use by” dates by a few weeks, months or even years? Here are some guidelines for what to toss and what to keep.

Labels On Cans

Canned foods don’t have an expiration date. Rather, the two main labels you’ll find on cans include the “best-by” or “use-by” date. Here is what these terms mean:

  • “Best-By” Date: This is the recommended time to use the product for the best physical and/or sensory quality. The date is recommended by the food manufacturer.
  • “Use-By” Date: This term refers to the final days that the product will be at its peak freshness, flavor and texture. After this date, the quality of the food deteriorates, but it is still edible. This date is recommended by the food manufacturer.

According to the Can Manufacturer’s Institute, “canning is a high-heat process, so it preserves food and prevents the growth of any bad organisms. Canned food is forever safe, but it’s a quality issue when you have a 'best-by' or 'use-by' date.” You should use your canned foods within a couple of years for the best quality of the product.

How You Store Your Cans Matters

According to the Can Manufacturer’s Institute, “Unlike the high spoilage rate of fresh products, steel food cans are like a vault protecting food from air and light, sealing in freshness and nutrition and preventing spoilage.” However, you still need to do your part and make sure to examine the cans upon purchase and store it correctly.

According to the USDA’s Food Safety and Inspection Service (FSIS), you should not purchase cans that are bulging, leaking, rusted or deeply dented, and shoudl store cans in a cool, dark place. Ideally the temperature should be below 85 degrees Fahrenheit. Temperatures over 100 degrees Fahrenheit are potentially harmful to the canned goods. Do not store cans above or next to the stove, under the sink, in a damp garage or basement, or any area that is exposed to very high or very low temperatures. It’s also a good idea to check your pantry every so often (like every few weeks) to make sure your canned goods are in good shape (meaning, no leaks, bulges, rust or deep dents). According to the Can Manufacturer’s Institute, “there has not been a single reported incidence of foodborne illness from failure of the metal packaging in more than 40 years and the consumption of trillions of cans.”

There Are Benefits to Canned Food

There are so many benefits of using canned foods. The safety aspect has already been discussed, but canned foods also provide nutrition, convenience and help minimize food costs. According to the 2015 dietary guidelines for Americans, only 9% of Americans meet the recommended intake of vegetables, and 12% meet the recommended intake of fruit. Canned fruit and vegetables have the same nutritional content, and sometimes even better nutritional content, compared to their fresh or frozen counterparts. For example, canned tomatoes have higher amounts of lycopene compared to fresh tomatoes. Lycopene is a natural plant compound found in tomatoes that has been associated with reducing the risk of cancer. In addition, canned tomatoes have more B-vitamins compared to fresh tomatoes.

Canned foods also help lower food costs. Canned foods cost up to 20% less than their fresh counterparts and up to half the cost of frozen. Canned foods are also available year round, and are very convenient (I personally love canned beans!). Although you may try to buy all your food fresh, the reality is 15% to 20% of fresh produce is tossed and canned varieties are available all year round.

Lastly, did you know those cans are endlessly recyclable? Steel food cans have a recycling rate that is more than 2.5 times higher than other packaging options making it an environmentally-friendly choice.

結論

Canned food is a nutritious, sustainable and cost-friendly option. When stored properly, canned foods will be good for several years.


How Long Is Canned Food Good for After the Expiration Date?

When was the last time you cleaned out your cupboard of canned goodies? I recently went into a friend’s pantry and found some cans dating back to 1988! Needless to say, those babies got tossed out. But what about cans that are past their “use by” dates by a few weeks, months or even years? Here are some guidelines for what to toss and what to keep.

Labels On Cans

Canned foods don’t have an expiration date. Rather, the two main labels you’ll find on cans include the “best-by” or “use-by” date. Here is what these terms mean:

  • “Best-By” Date: This is the recommended time to use the product for the best physical and/or sensory quality. The date is recommended by the food manufacturer.
  • “Use-By” Date: This term refers to the final days that the product will be at its peak freshness, flavor and texture. After this date, the quality of the food deteriorates, but it is still edible. This date is recommended by the food manufacturer.

According to the Can Manufacturer’s Institute, “canning is a high-heat process, so it preserves food and prevents the growth of any bad organisms. Canned food is forever safe, but it’s a quality issue when you have a 'best-by' or 'use-by' date.” You should use your canned foods within a couple of years for the best quality of the product.

How You Store Your Cans Matters

According to the Can Manufacturer’s Institute, “Unlike the high spoilage rate of fresh products, steel food cans are like a vault protecting food from air and light, sealing in freshness and nutrition and preventing spoilage.” However, you still need to do your part and make sure to examine the cans upon purchase and store it correctly.

According to the USDA’s Food Safety and Inspection Service (FSIS), you should not purchase cans that are bulging, leaking, rusted or deeply dented, and shoudl store cans in a cool, dark place. Ideally the temperature should be below 85 degrees Fahrenheit. Temperatures over 100 degrees Fahrenheit are potentially harmful to the canned goods. Do not store cans above or next to the stove, under the sink, in a damp garage or basement, or any area that is exposed to very high or very low temperatures. It’s also a good idea to check your pantry every so often (like every few weeks) to make sure your canned goods are in good shape (meaning, no leaks, bulges, rust or deep dents). According to the Can Manufacturer’s Institute, “there has not been a single reported incidence of foodborne illness from failure of the metal packaging in more than 40 years and the consumption of trillions of cans.”

There Are Benefits to Canned Food

There are so many benefits of using canned foods. The safety aspect has already been discussed, but canned foods also provide nutrition, convenience and help minimize food costs. According to the 2015 dietary guidelines for Americans, only 9% of Americans meet the recommended intake of vegetables, and 12% meet the recommended intake of fruit. Canned fruit and vegetables have the same nutritional content, and sometimes even better nutritional content, compared to their fresh or frozen counterparts. For example, canned tomatoes have higher amounts of lycopene compared to fresh tomatoes. Lycopene is a natural plant compound found in tomatoes that has been associated with reducing the risk of cancer. In addition, canned tomatoes have more B-vitamins compared to fresh tomatoes.

Canned foods also help lower food costs. Canned foods cost up to 20% less than their fresh counterparts and up to half the cost of frozen. Canned foods are also available year round, and are very convenient (I personally love canned beans!). Although you may try to buy all your food fresh, the reality is 15% to 20% of fresh produce is tossed and canned varieties are available all year round.

Lastly, did you know those cans are endlessly recyclable? Steel food cans have a recycling rate that is more than 2.5 times higher than other packaging options making it an environmentally-friendly choice.

結論

Canned food is a nutritious, sustainable and cost-friendly option. When stored properly, canned foods will be good for several years.


How Long Is Canned Food Good for After the Expiration Date?

When was the last time you cleaned out your cupboard of canned goodies? I recently went into a friend’s pantry and found some cans dating back to 1988! Needless to say, those babies got tossed out. But what about cans that are past their “use by” dates by a few weeks, months or even years? Here are some guidelines for what to toss and what to keep.

Labels On Cans

Canned foods don’t have an expiration date. Rather, the two main labels you’ll find on cans include the “best-by” or “use-by” date. Here is what these terms mean:

  • “Best-By” Date: This is the recommended time to use the product for the best physical and/or sensory quality. The date is recommended by the food manufacturer.
  • “Use-By” Date: This term refers to the final days that the product will be at its peak freshness, flavor and texture. After this date, the quality of the food deteriorates, but it is still edible. This date is recommended by the food manufacturer.

According to the Can Manufacturer’s Institute, “canning is a high-heat process, so it preserves food and prevents the growth of any bad organisms. Canned food is forever safe, but it’s a quality issue when you have a 'best-by' or 'use-by' date.” You should use your canned foods within a couple of years for the best quality of the product.

How You Store Your Cans Matters

According to the Can Manufacturer’s Institute, “Unlike the high spoilage rate of fresh products, steel food cans are like a vault protecting food from air and light, sealing in freshness and nutrition and preventing spoilage.” However, you still need to do your part and make sure to examine the cans upon purchase and store it correctly.

According to the USDA’s Food Safety and Inspection Service (FSIS), you should not purchase cans that are bulging, leaking, rusted or deeply dented, and shoudl store cans in a cool, dark place. Ideally the temperature should be below 85 degrees Fahrenheit. Temperatures over 100 degrees Fahrenheit are potentially harmful to the canned goods. Do not store cans above or next to the stove, under the sink, in a damp garage or basement, or any area that is exposed to very high or very low temperatures. It’s also a good idea to check your pantry every so often (like every few weeks) to make sure your canned goods are in good shape (meaning, no leaks, bulges, rust or deep dents). According to the Can Manufacturer’s Institute, “there has not been a single reported incidence of foodborne illness from failure of the metal packaging in more than 40 years and the consumption of trillions of cans.”

There Are Benefits to Canned Food

There are so many benefits of using canned foods. The safety aspect has already been discussed, but canned foods also provide nutrition, convenience and help minimize food costs. According to the 2015 dietary guidelines for Americans, only 9% of Americans meet the recommended intake of vegetables, and 12% meet the recommended intake of fruit. Canned fruit and vegetables have the same nutritional content, and sometimes even better nutritional content, compared to their fresh or frozen counterparts. For example, canned tomatoes have higher amounts of lycopene compared to fresh tomatoes. Lycopene is a natural plant compound found in tomatoes that has been associated with reducing the risk of cancer. In addition, canned tomatoes have more B-vitamins compared to fresh tomatoes.

Canned foods also help lower food costs. Canned foods cost up to 20% less than their fresh counterparts and up to half the cost of frozen. Canned foods are also available year round, and are very convenient (I personally love canned beans!). Although you may try to buy all your food fresh, the reality is 15% to 20% of fresh produce is tossed and canned varieties are available all year round.

Lastly, did you know those cans are endlessly recyclable? Steel food cans have a recycling rate that is more than 2.5 times higher than other packaging options making it an environmentally-friendly choice.

結論

Canned food is a nutritious, sustainable and cost-friendly option. When stored properly, canned foods will be good for several years.