新しいレシピ

新しい研究は、高脂肪食が肥満につながる可能性があることを証明しています

新しい研究は、高脂肪食が肥満につながる可能性があることを証明しています

脂肪の消費は肥満を助長する可能性がありますが、カロリー上の理由だけではありません

概日リズムは、人間の睡眠パターンを決定する上で大きな役割を果たします。

昨日メリーランドで開催された米国癌研究協会(AICR)会議で発表された研究は、 高脂肪、低繊維食は、腸内の細菌を破壊することにより、代謝を遅らせ、肥満のリスクを高める可能性があります。

ジャーナルCellHost&Microbeに掲載されたこの研究は、人間のバクテリアが National Institute of General Medical Sciencesによると、独自の概日周期を示します。これは、主に生物の環境で昼と夜に反応し、身体的、精神的、行動的変化に影響を与える24時間周期です。 Webサイト.

「この研究が示した興味深いことの1つは、食事の変化が腸内微生物の昼と夜の活動の変化を引き起こすことです」と、研究の筆頭著者であるシカゴ大学のヴァネッサレオーネはプレスリリースで述べています。 「マウスに高脂肪の洋食を与えると、腸の微生物群集が変化するだけでなく、微生物の概日リズムが乱れます。」

この研究は2つのグループで構成されていました。1つのグループのマウスは高脂肪、低繊維の食事を摂取し、もう1つのグループは標準的な低脂肪、高繊維の食事を摂取しました。 5週間後、高脂肪グループは体重の20%増加し、概日リズムを示した腸内微生物は15%から5%に減少しました。

腸内微生物のリズムの乱れは、体内で重要な代謝機能を持っている肝臓など、体の他の部分に変化を引き起こしました。この変化は、高脂肪動物群の代謝を遅らせ、食事による肥満につながる可能性がありました。

これらの発見は、体重増加の薬剤としてバターや他の脂肪を免除する最近の努力に疑問を投げかけています。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバー氏は、「ほとんどの人は、高脂肪食品に数日間ふけることができ、それを回避できると考えている」と述べた。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。それはエネルギーのためにそれを分解するかもしれません、あるいはそれは後で使用するためにそれを保存することができます。筋肉は私たちの体重の約30%を占めており、糖代謝にとって非常に重要な部位であるため、正常な代謝が変化すると、体の他の部分に悲惨な結果をもたらし、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

Hulverと彼の同僚は、高脂肪食を5日間食べた後、食事後にブドウ糖を酸化する筋肉の能力が損なわれ、糖尿病などの発症の危険因子であるインスリンに身体が反応できなくなる可能性があることを発見しました。病気。

研究を実施するために、健康な大学生は、ソーセージビスケット、マカロニ、チーズ、および毎日の脂肪摂取の割合を増やすためにバターを詰めた食品を含む脂肪を含んだ食事を与えられました。通常の食事は約30%の脂肪で構成されており、この研究の学生は約55%の脂肪の食事をしていました。彼らの全体的なカロリー摂取量は、高脂肪食の前と同じままでした。次に、筋肉サンプルを収集して、グルコースがどのように代謝されるかを確認しました。この研究は、筋肉が代謝するブドウ糖が変化する方法を示しましたが、学生は体重が増えなかったか、インスリン抵抗性の兆候がありませんでした。

ハルバーとチームは現在、これらの短期間の筋肉の変化が長期的にどのように体に悪影響を与える可能性があるか、そして誰かが低脂肪食に戻った後、これらの筋肉の有害な変化をどれだけ早く元に戻すことができるかを調べることに興味を持っています。

ハルバーは、ブレンダ・デイビー准教授、ケビン・デイビー教授、マドリン・フリザード助教授、ライアン・マクミラン研究助教授とともに、すべて人間の栄養、食品、運動学科からこの研究に取り組みました。元大学院生のAngelaAnderson、Kimberly Haynie、Kristin Osterberg、NabilBoutagyも貢献しました。

この研究は、米国糖尿病学会と国立衛生研究所によって後援されました。

免責事項: AAASとEurekAlert! EurekAlertに投稿されたニュースリリースの正確性については責任を負いません!機関に貢献することによって、またはEurekAlertシステムを介して情報を使用するため。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバー氏は、「ほとんどの人は、高脂肪食品に数日間ふけることができ、それを回避できると考えている」と述べた。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。それはエネルギーのためにそれを分解するかもしれません、あるいはそれは後で使用するためにそれを保存することができます。筋肉は私たちの体重の約30%を占めており、糖代謝にとって非常に重要な部位であるため、正常な代謝が変化すると、体の他の部分に悲惨な結果をもたらし、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

Hulverと彼の同僚は、高脂肪食を5日間食べた後、食事後にブドウ糖を酸化する筋肉の能力が損なわれ、糖尿病などの発症の危険因子であるインスリンに身体が反応できなくなる可能性があることを発見しました。病気。

研究を実施するために、健康な大学生は、ソーセージビスケット、マカロニ、チーズ、および毎日の脂肪摂取の割合を増やすためにバターを詰めた食品を含む脂肪を含んだ食事を与えられました。通常の食事は約30%の脂肪で構成されており、この研究の学生は約55%の脂肪の食事をしていました。彼らの全体的なカロリー摂取量は、高脂肪食の前と同じままでした。次に、筋肉サンプルを収集して、グルコースがどのように代謝されるかを確認しました。この研究では、筋肉の代謝されたブドウ糖が変化する方法が示されましたが、学生は体重が増えなかったか、インスリン抵抗性の兆候がありませんでした。

ハルバーとチームは現在、これらの短期間の筋肉の変化が長期的にどのように体に悪影響を与える可能性があるか、そして誰かが低脂肪食に戻った後、これらの筋肉の有害な変化をどれだけ早く元に戻すことができるかを調べることに興味を持っています。

ハルバーは、ブレンダ・デイビー准教授、ケビン・デイビー教授、マドリン・フリザード助教授、ライアン・マクミラン研究助教授とともに、すべて人間の栄養、食品、運動学科からこの研究に取り組みました。元大学院生のAngelaAnderson、Kimberly Haynie、Kristin Osterberg、NabilBoutagyも貢献しました。

この研究は、米国糖尿病学会と国立衛生研究所によって後援されました。

免責事項: AAASとEurekAlert! EurekAlertに投稿されたニュースリリースの正確性については責任を負いません!機関に貢献することによって、またはEurekAlertシステムを介して情報を使用するため。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバー氏は、「ほとんどの人は、高脂肪食品に数日間ふけることができ、それを回避できると考えている」と述べた。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。それはエネルギーのためにそれを分解するかもしれません、あるいはそれは後で使用するためにそれを保存することができます。筋肉は私たちの体重の約30%を占めており、糖代謝にとって非常に重要な部位であるため、正常な代謝が変化すると、体の他の部分に悲惨な結果をもたらし、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

Hulverと彼の同僚は、高脂肪食を5日間食べた後、食事後にブドウ糖を酸化する筋肉の能力が損なわれ、糖尿病などの発症の危険因子であるインスリンに身体が反応できなくなる可能性があることを発見しました。病気。

研究を実施するために、健康な大学生は、ソーセージビスケット、マカロニ、チーズ、および毎日の脂肪摂取の割合を増やすためにバターを詰めた食品を含む脂肪を含んだ食事を与えられました。通常の食事は約30%の脂肪で構成されており、この研究の学生は約55%の脂肪の食事をしていました。彼らの全体的なカロリー摂取量は、高脂肪食の前と同じままでした。次に、筋肉サンプルを収集して、グルコースがどのように代謝されるかを確認しました。この研究は、筋肉が代謝するブドウ糖が変化する方法を示しましたが、学生は体重が増えなかったか、インスリン抵抗性の兆候がありませんでした。

ハルバーとチームは現在、これらの短期間の筋肉の変化が長期的にどのように体に悪影響を与える可能性があるか、そして誰かが低脂肪食に戻った後、これらの筋肉の有害な変化をどれだけ早く元に戻すことができるかを調べることに興味を持っています。

ハルバーは、ブレンダ・デイビー准教授、ケビン・デイビー教授、マドリン・フリザード助教授、ライアン・マクミラン研究助教授とともに、すべて人間の栄養、食品、運動学科からこの研究に取り組みました。元大学院生のAngelaAnderson、Kimberly Haynie、Kristin Osterberg、NabilBoutagyも貢献しました。

この研究は、米国糖尿病学会と国立衛生研究所によって後援されました。

免責事項: AAASとEurekAlert! EurekAlertに投稿されたニュースリリースの正確性については責任を負いません!機関に貢献することによって、またはEurekAlertシステムを介して情報を使用するため。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバーは、次のように述べています。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。それはエネルギーのためにそれを分解するかもしれません、あるいはそれは後で使用するためにそれを保存することができます。筋肉は私たちの体重の約30%を占めており、糖代謝にとって非常に重要な部位であるため、正常な代謝が変化すると、体の他の部分に悲惨な結果をもたらし、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

Hulverと彼の同僚は、高脂肪食を5日間食べた後、食事後にブドウ糖を酸化する筋肉の能力が損なわれ、糖尿病などの発症の危険因子であるインスリンに身体が反応できなくなる可能性があることを発見しました。病気。

研究を実施するために、健康な大学生は、ソーセージビスケット、マカロニ、チーズ、および毎日の脂肪摂取の割合を増やすためにバターを詰めた食品を含む脂肪を含んだ食事を与えられました。通常の食事は約30%の脂肪で構成されており、この研究の学生は約55%の脂肪の食事をしていました。彼らの全体的なカロリー摂取量は、高脂肪食の前と同じままでした。次に、筋肉サンプルを収集して、グルコースがどのように代謝されるかを確認しました。この研究は、筋肉が代謝するブドウ糖が変化する方法を示しましたが、学生は体重が増えなかったか、インスリン抵抗性の兆候がありませんでした。

ハルバーとチームは現在、これらの短期間の筋肉の変化が長期的にどのように体に悪影響を与える可能性があるか、そして誰かが低脂肪食に戻った後、これらの筋肉の有害な変化をどれだけ早く元に戻すことができるかを調べることに興味を持っています。

ハルバーは、ブレンダ・デイビー准教授、ケビン・デイビー教授、マドリン・フリザード助教授、ライアン・マクミラン研究助教授とともに、すべて人間の栄養、食品、運動学科からこの研究に取り組みました。元大学院生のAngelaAnderson、Kimberly Haynie、Kristin Osterberg、NabilBoutagyも貢献しました。

この研究は、米国糖尿病学会と国立衛生研究所によって後援されました。

免責事項: AAASとEurekAlert! EurekAlertに投稿されたニュースリリースの正確性については責任を負いません!機関に貢献することによって、またはEurekAlertシステムを介して情報を使用するため。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバーは、次のように述べています。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。それはエネルギーのためにそれを分解するかもしれません、あるいはそれは後で使用するためにそれを保存することができます。筋肉は私たちの体重の約30%を占めており、糖代謝にとって非常に重要な部位であるため、正常な代謝が変化すると、体の他の部分に悲惨な結果をもたらし、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

Hulverと彼の同僚は、高脂肪食を5日間食べた後、食事後にブドウ糖を酸化する筋肉の能力が損なわれ、糖尿病などの発症の危険因子であるインスリンに身体が反応できなくなる可能性があることを発見しました。病気。

研究を実施するために、健康な大学生は、ソーセージビスケット、マカロニ、チーズ、および毎日の脂肪摂取の割合を増やすためにバターを詰めた食品を含む脂肪を含んだ食事を与えられました。通常の食事は約30%の脂肪で構成されており、この研究の学生は約55%の脂肪の食事をしていました。彼らの全体的なカロリー摂取量は、高脂肪食の前と同じままでした。次に、筋肉サンプルを収集して、グルコースがどのように代謝されるかを確認しました。この研究は、筋肉が代謝するブドウ糖が変化する方法を示しましたが、学生は体重が増えなかったか、インスリン抵抗性の兆候がありませんでした。

ハルバーとチームは現在、これらの短期間の筋肉の変化が長期的にどのように体に悪影響を与える可能性があるか、そして誰かが低脂肪食に戻った後、これらの筋肉の有害な変化をどれだけ早く元に戻すことができるかを調べることに興味を持っています。

ハルバーは、ブレンダ・デイビー准教授、ケビン・デイビー教授、マドリン・フリザード助教授、ライアン・マクミラン研究助教授とともに、すべて人間の栄養、食品、運動学科からこの研究に取り組みました。元大学院生のAngelaAnderson、Kimberly Haynie、Kristin Osterberg、NabilBoutagyも貢献しました。

この研究は、米国糖尿病学会と国立衛生研究所によって後援されました。

免責事項: AAASとEurekAlert! EurekAlertに投稿されたニュースリリースの正確性については責任を負いません!機関に貢献することによって、またはEurekAlertシステムを介して情報を使用するため。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバーは、次のように述べています。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。それはエネルギーのためにそれを分解するかもしれません、あるいはそれは後で使用するためにそれを保存することができます。筋肉は私たちの体重の約30%を占めており、糖代謝にとって非常に重要な部位であるため、正常な代謝が変化すると、体の他の部分に悲惨な結果をもたらし、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

Hulverと彼の同僚は、高脂肪食を5日間食べた後、食事後にブドウ糖を酸化する筋肉の能力が損なわれ、糖尿病などの発症の危険因子であるインスリンに身体が反応できなくなる可能性があることを発見しました。病気。

研究を実施するために、健康な大学生は、ソーセージビスケット、マカロニ、チーズ、および毎日の脂肪摂取の割合を増やすためにバターを詰めた食品を含む脂肪を含んだ食事を与えられました。通常の食事は約30%の脂肪で構成されており、この研究の学生は約55%の脂肪の食事をしていました。彼らの全体的なカロリー摂取量は、高脂肪食の前と同じままでした。次に、筋肉サンプルを収集して、グルコースがどのように代謝されるかを確認しました。この研究では、筋肉の代謝されたブドウ糖が変化する方法が示されましたが、学生は体重が増えなかったか、インスリン抵抗性の兆候がありませんでした。

ハルバーとチームは現在、これらの短期間の筋肉の変化が長期的にどのように体に悪影響を与える可能性があるか、そして誰かが低脂肪食に戻った後、これらの筋肉の有害な変化をどれだけ早く元に戻すことができるかを調べることに興味を持っています。

ハルバーは、ブレンダ・デイビー准教授、ケビン・デイビー教授、マドリン・フリザード助教授、ライアン・マクミラン研究助教授とともに、すべて人間の栄養、食品、運動学科からこの研究に取り組みました。元大学院生のAngelaAnderson、Kimberly Haynie、Kristin Osterberg、NabilBoutagyも貢献しました。

この研究は、米国糖尿病学会と国立衛生研究所によって後援されました。

免責事項: AAASとEurekAlert! EurekAlertに投稿されたニュースリリースの正確性については責任を負いません!機関に貢献することによって、またはEurekAlertシステムを介して情報を使用するため。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバーは、次のように述べています。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。それはエネルギーのためにそれを分解するかもしれません、あるいはそれは後で使用するためにそれを保存することができます。筋肉は私たちの体重の約30%を占めており、糖代謝にとって非常に重要な部位であるため、正常な代謝が変化すると、体の他の部分に悲惨な結果をもたらし、健康上の問題を引き起こす可能性があります。

Hulverと彼の同僚は、高脂肪食を5日間食べた後、食事後にブドウ糖を酸化する筋肉の能力が損なわれ、糖尿病などの発症の危険因子であるインスリンに身体が反応できなくなる可能性があることを発見しました。病気。

研究を実施するために、健康な大学生は、ソーセージビスケット、マカロニ、チーズ、および毎日の脂肪摂取の割合を増やすためにバターを詰めた食品を含む脂肪を含んだ食事を与えられました。通常の食事は約30%の脂肪で構成されており、この研究の学生は約55%の脂肪の食事をしていました。彼らの全体的なカロリー摂取量は、高脂肪食の前と同じままでした。次に、筋肉サンプルを収集して、グルコースがどのように代謝されるかを確認しました。この研究は、筋肉が代謝するブドウ糖が変化する方法を示しましたが、学生は体重が増えなかったか、インスリン抵抗性の兆候がありませんでした。

ハルバーとチームは現在、これらの短期間の筋肉の変化が長期的にどのように体に悪影響を与える可能性があるか、そして誰かが低脂肪食に戻った後、これらの筋肉の有害な変化をどれだけ早く元に戻すことができるかを調べることに興味を持っています。

ハルバーは、ブレンダ・デイビー准教授、ケビン・デイビー教授、マドリン・フリザード助教授、ライアン・マクミラン研究助教授とともに、すべて人間の栄養、食品、運動学科からこの研究に取り組みました。元大学院生のAngelaAnderson、Kimberly Haynie、Kristin Osterberg、NabilBoutagyも貢献しました。

この研究は、米国糖尿病学会と国立衛生研究所によって後援されました。

免責事項: AAASとEurekAlert! EurekAlertに投稿されたニュースリリースの正確性については責任を負いません!機関に貢献することによって、またはEurekAlertシステムを介して情報を使用するため。


脂肪分の多い食品を5日間食べると、体の筋肉が食品を処理する方法が変わる可能性があります

体に大きな変化を与えることなく、脂肪分の多い食べ物を数日間食べることで逃げることができると思うかもしれません。

高脂肪食をわずか5日間食べた後、体の筋肉が栄養素を処理する方法が変化し、体重増加、肥満、その他の健康問題などの長期的な問題につながる可能性があることが、新しい研究で発見されました。

バージニア工科大学農学生命科学部の人間の栄養、食品、運動の准教授であるマット・ハルバー氏は、「ほとんどの人は、高脂肪食品に数日間ふけることができ、それを回避できると考えている」と述べた。 「しかし、あなたの体の筋肉が抗議し始めるのにかかるのは5日だけです。」

ジャーナルのオンライン版で最近公開された記事で 肥満、Hulverと他のVirginia Techの研究者は、筋肉が栄養素を代謝する方法が、わずか5日間の高脂肪食で変化することを発見しました。これは、変化が非常に迅速に起こることを証明した最初の研究です。

「これは、私たちの体が以前に考えていたよりも短い時間枠で食事の変化に劇的に反応できることを示しています」と、部門の責任者であり、Fralin Life ScienceInstituteの関連会社であるHulverは述べています。 「考えてみれば、5日は非常に短い時間です。休日、休暇、その他のお祝いなど、私たち全員が数日間脂肪分の多い食べ物を食べることはたくさんあります。しかし、この調査によると、脂肪の多い食事は、非常に短い時間枠で人の正常な代謝を変える可能性があります。」

食べ物を食べると、血中のブドウ糖のレベルが上がります。体の筋肉は、このブドウ糖の主要な情報センターです。 It may break it down for energy, or it can store it for later use. Since muscle makes up about 30 percent of our body weight and it is such an important site for glucose metabolism, if normal metabolism is altered, it can have dire consequences on the rest of the body and can lead to health issues.

Hulver and his colleagues found that muscles' ability to oxidize glucose after a meal is disrupted after five days of eating a high-fat diet, which could lead to the body's inability to respond to insulin, a risk factor for the development of diabetes and other diseases.

To conduct the study, healthy college-age students were fed a fat-laden diet that included sausage biscuits, macaroni and cheese, and food loaded with butter to increase the percentage of their daily fat intake. A normal diet is made up of about 30 percent fat and students in this study had diets that were about 55 percent fat. Their overall caloric intake remained the same as it was prior to the high fat diet. Muscle samples were then collected to see how it metabolized glucose. Although the study showed the manner in which the muscle metabolized glucose was altered, the students did not gain weight or have any signs of insulin resistance.

Hulver and the team are now interested in examining how these short-term changes in the muscle can adversely affect the body in the long run and how quickly these deleterious changes in the muscle can be reversed once someone returns to a low-fat diet.

Hulver worked on this study with Associate Professor Brenda Davy, Professor Kevin Davy, Assistant Professor Madlyn Frisard, and Research Assistant Professor Ryan McMillan, all from the Department of Human Nutrition, Foods and Exercise. Former graduate students Angela Anderson, Kimberly Haynie, Kristin Osterberg, and Nabil Boutagy also contributed.

The research was sponsored by the American Diabetes Association and the National Institutes of Health.

免責事項: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.


Five days of eating fatty foods can alter how your body's muscle processes food

You might think that you can get away with eating fatty foods for a few days without it making any significant changes to your body.

After just five days of eating a high-fat diet, the way in which the body's muscle processes nutrients changes, which could lead to long-term problems such as weight gain, obesity, and other health issues, a new study has found.

"Most people think they can indulge in high-fat foods for a few days and get away with it," said Matt Hulver, an associate professor of human nutrition, foods, and exercise in the Virginia Tech College of Agriculture and Life Sciences. "But all it takes is five days for your body's muscle to start to protest."

In an article published recently in the online version of the journal 肥満, Hulver and other Virginia Tech researchers found that the manner in which muscle metabolizes nutrients is changed in just five days of high-fat feeding. This is the first study to prove that the change happens so quickly.

"This shows that our bodies are can respond dramatically to changes in diet in a shorter time frame than we have previously thought," said Hulver, who is the head of the department and a Fralin Life Science Institute affiliate. "If you think about it, five days is a very short time. There are plenty of times when we all eat fatty foods for a few days, be it the holidays, vacations, or other celebrations. But this research shows that those high-fat diets can change a person's normal metabolism in a very short timeframe."

When food is eaten, the level of glucose in the blood rises. The body's muscle is a major clearinghouse for this glucose. It may break it down for energy, or it can store it for later use. Since muscle makes up about 30 percent of our body weight and it is such an important site for glucose metabolism, if normal metabolism is altered, it can have dire consequences on the rest of the body and can lead to health issues.

Hulver and his colleagues found that muscles' ability to oxidize glucose after a meal is disrupted after five days of eating a high-fat diet, which could lead to the body's inability to respond to insulin, a risk factor for the development of diabetes and other diseases.

To conduct the study, healthy college-age students were fed a fat-laden diet that included sausage biscuits, macaroni and cheese, and food loaded with butter to increase the percentage of their daily fat intake. A normal diet is made up of about 30 percent fat and students in this study had diets that were about 55 percent fat. Their overall caloric intake remained the same as it was prior to the high fat diet. Muscle samples were then collected to see how it metabolized glucose. Although the study showed the manner in which the muscle metabolized glucose was altered, the students did not gain weight or have any signs of insulin resistance.

Hulver and the team are now interested in examining how these short-term changes in the muscle can adversely affect the body in the long run and how quickly these deleterious changes in the muscle can be reversed once someone returns to a low-fat diet.

Hulver worked on this study with Associate Professor Brenda Davy, Professor Kevin Davy, Assistant Professor Madlyn Frisard, and Research Assistant Professor Ryan McMillan, all from the Department of Human Nutrition, Foods and Exercise. Former graduate students Angela Anderson, Kimberly Haynie, Kristin Osterberg, and Nabil Boutagy also contributed.

The research was sponsored by the American Diabetes Association and the National Institutes of Health.

免責事項: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.


Five days of eating fatty foods can alter how your body's muscle processes food

You might think that you can get away with eating fatty foods for a few days without it making any significant changes to your body.

After just five days of eating a high-fat diet, the way in which the body's muscle processes nutrients changes, which could lead to long-term problems such as weight gain, obesity, and other health issues, a new study has found.

"Most people think they can indulge in high-fat foods for a few days and get away with it," said Matt Hulver, an associate professor of human nutrition, foods, and exercise in the Virginia Tech College of Agriculture and Life Sciences. "But all it takes is five days for your body's muscle to start to protest."

In an article published recently in the online version of the journal 肥満, Hulver and other Virginia Tech researchers found that the manner in which muscle metabolizes nutrients is changed in just five days of high-fat feeding. This is the first study to prove that the change happens so quickly.

"This shows that our bodies are can respond dramatically to changes in diet in a shorter time frame than we have previously thought," said Hulver, who is the head of the department and a Fralin Life Science Institute affiliate. "If you think about it, five days is a very short time. There are plenty of times when we all eat fatty foods for a few days, be it the holidays, vacations, or other celebrations. But this research shows that those high-fat diets can change a person's normal metabolism in a very short timeframe."

When food is eaten, the level of glucose in the blood rises. The body's muscle is a major clearinghouse for this glucose. It may break it down for energy, or it can store it for later use. Since muscle makes up about 30 percent of our body weight and it is such an important site for glucose metabolism, if normal metabolism is altered, it can have dire consequences on the rest of the body and can lead to health issues.

Hulver and his colleagues found that muscles' ability to oxidize glucose after a meal is disrupted after five days of eating a high-fat diet, which could lead to the body's inability to respond to insulin, a risk factor for the development of diabetes and other diseases.

To conduct the study, healthy college-age students were fed a fat-laden diet that included sausage biscuits, macaroni and cheese, and food loaded with butter to increase the percentage of their daily fat intake. A normal diet is made up of about 30 percent fat and students in this study had diets that were about 55 percent fat. Their overall caloric intake remained the same as it was prior to the high fat diet. Muscle samples were then collected to see how it metabolized glucose. Although the study showed the manner in which the muscle metabolized glucose was altered, the students did not gain weight or have any signs of insulin resistance.

Hulver and the team are now interested in examining how these short-term changes in the muscle can adversely affect the body in the long run and how quickly these deleterious changes in the muscle can be reversed once someone returns to a low-fat diet.

Hulver worked on this study with Associate Professor Brenda Davy, Professor Kevin Davy, Assistant Professor Madlyn Frisard, and Research Assistant Professor Ryan McMillan, all from the Department of Human Nutrition, Foods and Exercise. Former graduate students Angela Anderson, Kimberly Haynie, Kristin Osterberg, and Nabil Boutagy also contributed.

The research was sponsored by the American Diabetes Association and the National Institutes of Health.

免責事項: AAAS and EurekAlert! are not responsible for the accuracy of news releases posted to EurekAlert! by contributing institutions or for the use of any information through the EurekAlert system.