新しいレシピ

ジャージーマイクスアイズツインシティーズ

ジャージーマイクスアイズツインシティーズ

サンドイッチチェーンはツインシティーズでの拡大を目指しています

ツインシティーズ、より多くの潜水艦の準備をしなさい。 ジャージーマイクスジャージーショアで始まった東海岸スタイルのサブサンドイッチチェーンは、ミネアポリス-セントポールエリアに出店する予定です。ミネアポリスのフランチャイジー、ジョン・グリパリス氏は、このチェーンは来年10店舗をオープンし、最終的にはこの地域に50店舗をオープンすることを目指していると語った。 スタートリビューン.

ジャージーマイクスフランチャイズシステムズインクのCEO、ピーターカンクロ 1987年にサンドイッチジョイントのフランチャイズを開始。その時点で彼は元の名前「Mike’s Subs」を「JerseyMike’s Subs」に変更しましたが、本物の潜水艦の味は変わりませんでした。現在600以上の場所があり、さらに多くの場所が作業中です。

ブレインのサンドイッチショップは最近6月21日にオープンしました。 2番目に最近のグランドオープンは5月1日にウッドベリーで行われました。クーンラピッズとセントアンソニービレッジの店舗は、ツインシティーズエリアにある合計4つのジャージーマイクスサブを構成しています。ミネアポリスエリアの南にあるマンケートにも2つの場所があります。

来年までに、より多くの人々がチェーンの「ジャージーショアのお気に入り」にアクセスできるようになります。これは、プロヴォローネ、ハム、カピコラを使った店内の焼きサンドイッチです。


グレートフードトラックレース

シーズン4は、ロサンゼルスでハリウッドサインの下で始まります。そこでは、ホスト兼シェフのタイラーフローレンスが、5万ドルの大賞と自分たちのフードトラックを獲得するチャンスを求めて戦う8つのチームに挨拶します。最初のチャレンジでは、チームはハイクラスになり、カリフォルニア州ビバリーヒルズで特製料理を1つ販売する必要がありますが、その料理は少なくとも20ドルで販売する必要があります。 2番目の課題はサンフランシスコで行われ、チームは新しい特製料理しか販売できません。 2つの特製料理で最も売れなかったチームが帰宅します。

ポートランドの奇妙な醸造所

残りの7つのチームは、オレゴン州ポートランドに向かいます。そこでは、手に入れたものを最大限に活用することが求められます。最初のスピードバンプでは、最初の1日は、補給品を補充せずに行かなければなりません。 2日目には、すべてのメニュー項目の主成分であるはずのアメリカナミガイが与えられます。アメリカナミガイのメニューで200ドルを売った後、彼らは地元の製材所に競争して報酬を獲得するチャンスを手に入れました。これは今週の排除から彼らを救うのに十分かもしれません。

ポカテロはジャガイモがすべてです、あなたは掘りますか?

残りの6チームは、アイダホ州ポカテロの山々に入ります。スピードバンプチャレンジでは、メニューのすべてのでんぷんを取り除くために料理を作り直す必要があります。 2日目には、トラックストップのチャレンジが与えられます。近くの農場で必要なジャガイモを掘り起こす必要があり、すべてのメニュー項目でジャガイモが主成分でなければならないため、多くのことが必要になります。売上目標を達成した後、彼らは街の上の景色に向かって競争します。そこで到着した最初の3チームが報酬を獲得し、週末に最も売れなかったチームが排除されます。

サウスダコタ州の顔について

残りの5つのチームは、クレイジーホース記念館でタイラーと出会い、サウスダコタ州ラピッドシティーで買い物をする前にシードマネーを受け取りました。スピードバンプ中にフォローカーが取られた場合、彼らはどのように管理しますか? 2日目、彼らはWild Idea Buffalo Co.に向かい、そこですべてのメニュー項目で使用するために肉屋に入れなければならないバイソンの側面を見つけます。 1,500ドル相当のバイソンメニューを販売した後、彼らは急いで最初の3つのチームの1つになり、ビスタに到達して報酬を獲得し、翌日、負けたチームは排除されます。

ツインシティーズの二重のトラブル

ツインシティーズ-ミネアポリスとセントポールに入るとき、4つのチームが残ります。ツインシティーズに敬意を表して、タイラーはチームにツイントラックストップを提供します。初日、ミネソタステートフェアを称えるために、チームはすべてのメニューアイテムをスティックで提供する必要があります。 2日目に、チームはセントポールに向かい、500ドルのスパム料理を販売する必要があります。 500ドルを稼ぎ、州議会議事堂の警察官記念館でタイラーに会った最初のチームは大きな報酬を獲得します。残り4チームだけで、この報酬はチームを排除から救い、次の都市に送ることができます。

シカゴの町のフードトラックは

タイラーは、シカゴ市長のラーム・エマニュエルが判断したシカゴスタイルのピザチャレンジからファイナリストを始めます。市長が勝者を選んだ後、チームは販売の準備をし、スピードバンプを与えられます。チームは、レースの残りの間、メニューに最低5つの料理を保持する必要があります。 2日目、チームはすべての料理に別の有名なシカゴ料理を使用する必要があります-ポリッシュソーセージ。チームが300個のソーセージを販売すると、マイクディトカのレストランに向かい、そこで彼自身が賞と罰を授与します。優勝チームは、次の都市への5時間の先行スタートを獲得します。


ツインタワー:米国の反発イスラム教徒は敵意の高まりを恐れる

モハメッドA.サラメの逮捕が発表された直後、ロングアイランドのガジカンカンは、イスラム教徒に対する予想される反発について、友人に電話をかけ始めました。彼は、世界貿易センターの爆撃に対する責任は、「ステレオタイプの狂乱」の中ですべてのイスラム教徒の足元に置かれるのではないかと恐れていた。

「イスラムセンターで石や火爆弾を投げる狂気が起こることは間違いない」とシリア生まれのイスラム問題評議会の議長であるカンカン氏は述べた。 「そして残念ながら、ペルシャ湾岸戦争が前例であるならば、すべてのイスラム教徒は法律の観点から容疑者になるでしょう。」

実際、サラメ氏が祈っていたジャージーシティのモスクは金曜日の夜に破壊され、2階の窓が壊れたと警察は述べた。また、連邦捜査局の当局者は、ブルックリンのダウンタウンにあるモスクの近くとアトランティックアベニューの別のモスクの近くで監視を行っているエージェントがいることを確認しました。車両または潜在的な情報提供者に質問します。

全国、特にニューヨーク市地域では、アラブ系アメリカ人は先週遅く、パレスチナ系のヨルダン人であるサラメ氏の逮捕が反アラブ、反イスラム教徒の感情を表面化させるのではないかという不安を醸し出しました。 1960年代後半から潜在的な感覚があります。 1985年のアキレラウロのハイジャック後とペルシャ湾岸戦争中の彼らの経験に基づいて、彼らは暴力的なイスラム過激派の疑惑の仕事のために彼ら全員が悪魔化されるのではないかと心配していると言います。

ジャージーシティのタクシー運転手、サミール・エルサイード氏は、「私はエジプト人だと人々に伝えたり、イスラム教徒だと人々に伝えたりすることを恐れている」と語った。 「一人の行為で私たちを判断する人にとって、これは公正なことではありません。」

国内で最も急速に成長している宗教であるイスラム教は、300万人から400万人の信者を数え、その大部分は中東、アフリカ、アジアからの移民と移民の子供たちです。カンカン氏によると、ニューヨーク市には、20年前のほんの一握りに比べて、現在約400のイスラムセンターがあります。アラブ系アメリカ人は全国で約250万人であり、そのほとんどがキリスト教徒またはイスラム教徒です。

ニューアーク国際空港でイスラムの言葉で飾られたトレーラーで、エルサイード氏と他の12人のエジプト生まれのタクシー運転手は金曜日に仕事を休み、世界貿易センターでの死と破壊についての絡み合った反省を祈り、声を上げました。

「この爆撃について聞いたとき、私は気分が悪い」とエルサイード氏は言った。 「私たちはより良い生活のためにここに来ました、そしてより良い生活を作るために、あなたは人生を破壊することはできません。」

サラメ氏が木曜日にアメリカ・アラブ反差別委員会の本部で逮捕された後、ワシントンの十数人のアラブコミュニティの指導者が集まり、湾岸戦争中に燃え上がったアラブ系アメリカ人をスケープゴートにすることを懸念した。このグループはクリントン大統領に手紙を書き、ヘイトクライムが増えるのではないかという恐れを表明した。

「私たちは彼に、逮捕された個人からアラブ系アメリカ人とイスラム教徒を切り離す記録を残すように頼んだ」と委員会の会長であるアルバート・モキバーは言った。 「湾岸戦争中、ブッシュ大統領は私たちの権利を踏みにじる人々に対して非常に有益な警告を発しました。」

モキバー氏はまた、法執行当局がサラメ氏の逮捕をアラブ系アメリカ人を標的とした「ドラッグネットの口実」として使用することを懸念していると述べた。

F.B.I.彼らのナンバープレートのチェックが彼らの車が盗まれたことを明らかにしたので、ブルックリン金曜日のモスクの外の杭打ちで3人の男性を逮捕しました。男性は爆撃について何も知らなかったようで、後に釈放された。 F.B.I.しかし、当局者は、彼らは一般的にイスラム教徒を選び出しておらず、モスクを直接見ていることによって彼らの宗教的権利を侵害していないと述べた。

それでも、アラブ系アメリカ人は最悪の事態を恐れています。湾岸戦争の前と最中、F.B.I。多くの人が彼らの合法的な政治活動にその後の萎縮効果をもたらしたと多くの人が言ったアラブ系のビジネスとコミュニティのリーダーにインタビューするようにそのエージェントに命じました。 &#x27不公平、非アメリカ人&#x27

「悪魔化するために、私の人々、私の生き方を非人間化するために、私の宗教は不公平で、非アメリカ的で、非民主的です」とカーンカン氏は言いました。

湾岸戦争中、アラブ系アメリカ人に対するヘイトクライムが急増しました。アメリカ・アラブ委員会は、1991年に119件の深刻なヘイトクライム(放火、爆撃、暴行)をカタログ化しましたが、前年は39件でした。

昨年、暴力はおさまりましたが、多くの人が偏見は生き続け、燃え上がる準備ができていると言います。たとえば、昨年10月、ニューヨーク州司法行為委員会は、シリア系アメリカ人の弁護士に向けられた「偏見のある虐待的な」発言でナッソー郡の裁判官を非難しました。委員会は、ユダヤ人であるスチュワートL.アイン裁判官代理が、他のコメントの中でもとりわけ、弁護士に「あなたは私たちの誓った敵である」と言ったことを発見しました。アイン裁判官は冗談を言っていたと述べたが、委員会は彼の発言にユーモアを見いださなかった。 F.B.I.批判されている

金曜日にルーズベルト、L.I。のルーズベルトコミュニティサービスセンターで行われた記者会見で、2人のイスラム教徒の指導者がF.B.I.を批判した。サラメ氏の宗教的所属を過度に強調したメディア。

&quot私はF.B.I.ルーズベルトのタハモスクの精神的指導者であるイマームイサアブドゥルカリームは言った。 &quot当初から、彼らは「イスラム原理主義者」という用語を必要のないときに使用していました。この男が有罪とされた場合、彼がたまたまイスラム教徒であるのは偶然です。」

サラメ氏が逮捕されて以来、警察はアラブ系アメリカ人やイスラム教徒に対する偏見事件の報告を受けていません。しかし、ボルチモアにある国立偏見と暴力研究所の研究責任者であるハワード・エーリッヒ氏は、アラブ人に対する敵意が高まるのは残念なことだと述べた。

「グループの可視性を高めると、グループが偏見や暴力の標的になる可能性が高くなることはほぼ法律です」とエーリッヒ博士は述べています。

ブルックリンのダウンタウンにあるアトランティックアベニューのメランジレストランのオーナーであるモハマドエルナガー氏は、サラメ氏が逮捕された夜、彼の従業員はイスラム教徒に対する一般的な報復を恐れすぎてジャージーシティに戻ることができないと述べた。彼らは彼の家で寝ました。皮肉なことに、「私たちがここに来たとき、私たち中東人のほとんどは暴力から逃げていた」と彼は言った。

一部のアラブ系アメリカ人は、世界貿易センターの災害は単一の出来事であり、湾岸戦争のように長引くことはなかったため、彼らに対する反発は短命である可能性があるという考えに少なくともある程度の安心感を持っています。

ボアラムヒルのアトランティックアベニューにある肥沃な三日月地帯でエジプトの新聞を閲覧している会計士のファミールナスル氏は、「晴れた日には雲が通り過ぎると思う」と語った。


6月はスケトウダラの月です。ミネソタはスケトウダラの州です。ここにそれらを見つける場所があります

6月はスケトウダラの月であり、ミネソタはスケトウダラの州です。今年の夏にこれらの魚を捕まえるつもりなら、すぐに水上にいるのが一番です。ミネソタ州の1,700の湖と100の川には、州で最も人気のある魚が生息していますが、10の巨大な水域が、釣り人の年間漁獲量の40%を占めています。そしてこれらの湖のほとんどは それは 大きい:たとえば、ウッズ湖は、ミネソタ州で950,400エーカー、307,010エーカーを蓄積します。隣接する水域を含めると、10の中で最小のキャスレイクでさえ30,000エーカーです。以下は、スケトウダラがどのように捕らえられているかを詳細に説明する湖ごとの内訳です ミネソタの最高の海で。結論:いつものように、釣りは素晴らしいです。 6月に慣例となっているように、漁獲量も同様です。水の上にいる時間。

ミラックス :今年の夏はスケトウダラの放流が100%義務付けられていますが、ツインシティーズから2時間北にあるこのホットスポットでは、釣り人にたくさんの魚を提供しています。 Guide Tony Roach(roachsguideservice.com)は、「50匹と60匹の魚の日がたくさんある」と報告しています。 「私たちは13インチから28インチのウォールアイを捕まえています」とトニーは言いました。 6月中旬に近づくと、スケトウダラは海岸線の岩、割れ目、その他の構造物からより深い水域に移動し続け、湖の干潟に沿って集まります。トニーは、ヒルとナイトクローラーは、時速1マイル未満でトローリングまたはドリフトするスライディングシンカーリグについては良い選択だとアドバイスしています。風が重要です。風は、湖のウォールアイをアパートやその他の構造物の端に積み上げる傾向があります。

ヒル :ヒルの釣り人は湖のいたるところにスケトウダラを見つけています。ガイドトムノイストロム(mnfishingconnections.com)は、風が吹くとリーチはより多くのウォールアイをあきらめると報告しています。とりわけ、潜水艦の島、別館、ペリカンのサンゴ礁をチェックすることを彼はお勧めします。スケトウダラはまだかなり浅い水域、8〜14フィートで発見されており、レッドテールのチャブやヒルで撮影されており、一部はナイトクローラーで撮影されているとガイドのスティーブフェレジー(651-270-3383)は述べています。 -コアライントローリング#5シャッドラップ。 「私は、大きな餌を使うよりも、リードコアを使って小さな餌を下ろすのが好きです。スケトウダラは小さいものが好きなようです」とFellegyは言いました。

ウッズ湖 :ウォールアイフィッシングはノースウエストアングルとオークアイランドの近くで素晴らしかったとオークアイランドリゾート(oakislandresort.com)のカイルクルーデニエは報告しています。 「スケトウダラは12から25フィート下で捕らえられています」と彼は言いました。ほとんどの釣り人はミノーでジグします。 「今週、リンディリグを引っ張ったゲストはあまりいませんでした」とカイルは言いました。 「しかし先週、リグとクローラーで31インチの魚を捕まえました。」コクチバスは頂上またはその近くで捕獲されており、ノーザンパイクは湾でのキャスティングで捕らえられています。 「1隻のボートが36の北部を捕らえ、別のボートが29を捕まえた」とカイルは言った。 「彼らは5つのウォールアイのキャスティングと、偶然にも数匹のマスキーパイクを捕まえました。」 (ウッズ湖のムスキーシーズンは6月18日に始まります。)

アッパーレッド :州の真のホットスポットの1つであるこの湖は、水曜日に3つから4つのキーパーウォールアイに移動します。 1つは17インチより長くすることができます。大きな鞄は湖の健全な漁業を反映しており、6月中旬から下旬に始まる夏に釣りの圧力が低下することもあります。 「アッパーレッドでの釣りはチャートから外れています」とガイドのトム・ニューストロムは言いました。 「この夏、そこで30〜40匹の魚の日がありました。」スケトウダラは最近浅く捕らえられており、7フィート以下のものもあります。 「岩と砂のある構造物には魚が乗っていることがわかりました」とトムは言いました。 「メモリアルデーの週末は大騒ぎでした。」

Winnibigoshish :この58,000エーカーの湖でのスケトウダラの行動は、この初夏に非常に良好で、ジグとミノーはまだ浅瀬で生産されています。ウィニーのマッカードルズリゾート(mcardlesresort.com)のクレイグブラウンは、ほとんどの魚はまだミッドレイクブレイクに移動していないと報告しています。 「曇りの日でも、6フィートの水に魚を入れています」とクレイグは言いました。 「晴れた日には、10〜14フィートになりました。それは主にまだ海岸線の一口です。」ウィニーとその周辺では、州内の他の場所と同様に、輝くミノーを見つけるのは困難です。 「しかし、ファットヘッドも同様に機能しています」とクレイグ氏は述べています。早朝と夕方はスケトウダラに最適で、風向きの海岸近くで最高のアクションを発揮します。

雨の :この国境の湖にトレッキングする釣り人は、通常、ウォールアイだけでなくコクチバスでも報われます。実際、毎年夏になると、遠くの州からレイニーに釣り人の船団が集まります。 「ここまでのスケトウダラはまだ非常に浅く、水深6〜10フィートです」とRainy Lake Houseboats(rainylakehouseboats.com)のBillyDoughertyは述べています。 「ミノーと一緒に岸に投げられた8オンスのジグが魚を捕まえています。底にジグとミノーをドラッグするのも良かったです。」金曜日、ビリーのクライアントの何人かは、小さな魚のためにフライロッドとポッパーをキャストし、表面に強烈な魚を連れて行きました。

朱色 :州で最も美しい湖の1つである朱色とそのウォールアイは移行期にあると、マイクのガイドサービス(mikesguidefishing.com)のガイドマイクエストリンは述べています。 「私たちのスケトウダラはミッドレイクリーフに移動しており、ほとんどの魚は7日かそこら以内にそれらのリーフとこぶにいるでしょう」とマイクは言いました。今のところ、風に吹かれた海岸線は魚を産出している。ミノーは機能しますが、ヒルとナイトクローラーへの切り替えがオンになっているとマイク氏は言います。ビッグベイはフレイザーベイと同様に魚を生産してきました。ここでも朝、夕方、曇りの日は釣り人に利益をもたらします。そして、テキサスリグのプラスチックは、コクチバスとオオクチバスを取っています。

ペピン :ミネソタ州のビッグ10ウォールアイのラインナップで州の南部を代表するペピン湖は、本質的にミシシッピ川の広くて長い場所であり、夏のウォールアイがたくさんあります。ウィスコンシン州アルマにあるRuttingRidge Outfitters(ruttingridgeoutfitters.com)のJarrad Fluekigerは、次のように述べています。すぐに、スケトウダラと彼らが追いかけるベイトフィッシュが水柱で上昇するように促します。 「それから、シャッドラップとフリッカーシャッドでプレーナーボードを走らせ、リードコアラインでベイトをトローリングします」とジャラドは言いました。 「ペピンはリードコアトローリングに最適です。構造物や引っ掛かりのない砂底です。」

ケベトガマ :ハーモニービーチリゾート(harmonybeachresort.com)のオーナーであるジェフクルーガー氏は、この国境の湖での5月の釣りはとても良かったと語った。しかし、最近の不安定な天候は釣りを遅らせています。 「魚は散らばっていて、7フィートから30フィートまでのさまざまな深さにあります」とクルーガーは言いました。 「ジグとミノーは最高でした。今はヒルに切り替えています。大きな魚は浅瀬にいます。」ガイドトラビスカールソン(218-875-2811)は、スケトウダラに加えて、カベトガマが一流のノーザンパイク(40インチを超えるものもある)アクションと「素晴らしい」コクチバス釣りを提供していると報告しています。 「コクチバスはここではかなり手入れの行き届いた秘密です。 20インチより大きいものもあります。」トラビス氏によると、ソーガーとジャンボパーチが「カブ」のフィン付きアトラクションを締めくくっています。

キャス :スケトウダラはここで14〜20フィート下にあり、その範囲の浅い端の近くでより良い行動を示し、早朝と夕方に最も良い行動を示します。ホースシューリゾート(horseshoeresortoncasslake.com)のオーナーであるクラークハイトマン氏は、近くの餌屋でいくつかのシャイナーがまだ入手可能であると述べた。 「しかし、ほとんどの場合、ヒルとクローラーを使用しています」と彼は言いました。リーチやミラックスほど人気が​​ない釣り人もいるかもしれませんが、キャスレイクはスケトウダラ釣りに匹敵するか、それよりも優れているとクラーク氏は言います。 「DNRの調査によると、私たちのスケトウダラ釣りは州の平均を上回り、キャスレイクの歴史的平均を上回っています」と彼は言いました。夜間の釣り人は、6〜8フィートの水中でシャッドラップ、リーフランナー、その他の餌を引きずっています。

デニスアンダーソン[email protected]

アウトドアコラムニスト兼編集者 デニスアンダーソン セントポールパイオニアプレスで13年間同じ役職を務めた後、1993年にスタートリビューンに入社しました。彼のコラムのトピックは大きく異なり、カヌー、釣り、狩猟、冒険旅行、環境保護などがあります。


ヌークのテッドキャスパーとマイクラニオン

親友の時 テッドキャスパーマイク・ルニョン 買った ヌーク 2000年10月1日にセントポールで、小さなハンバーガーレストランはすでに長い歴史を持っていました。 1938年に設立されたNookは、70年以上にわたり、チーズバーガーとハンドカットフライドポテトを提供してきました。 ミッキーブラウセン。キャスパーとルニョンは、通りの向かいにあるクレティン・ダーハム・ホール高校(若いキャスパーとルニョンも通っていた)での当時から親友でもあった父親と一緒にヌークに行くように育ちました。わずか20歳のときにNookを購入した後、デュオは2番目の場所である壊滅的な火事を通してその場所を見ました(シャムロックの)、そしてダイナー/ドライブイン/ダイビングの伝説、フードネットワークのガイフィエリからの複数の訪問。

今週はCasperとRunyonと一緒に地下ブースに座って話しました キラーバーガーを作るもの、生玉ねぎと揚げ物、ヌークの歴史、そして 古き良きセントポールレストランの誇り.

ヌークを購入したいと思ったきっかけは何ですか?
テッド: 私たちは両方とも大学中退者であり、何かをする必要がありました。私たちは失業していたので、自分で仕事を買わなければなりませんでした。 マイク: そして、正直なところ、私たちはこの業界に一生携わってきました。それは私たちがこれまでに実際に行う方法を知っている唯一のことです。テッドは彼の家族の中でレストランの長い歴史を持っています:彼の祖父、彼の父、そして彼の多くの叔父、彼のいとこ。その背後には大きな家族の伝統はありませんでしたが、パーキンスを通じてレストランに行き、ジョン・セラーノと一緒に薪で焼いたピザをパンチしました。 マイク: 私たちのお父さんは高校で育った親友だったので、私たちをまとめて、全体的に一緒になりたいかどうか尋ねました。 テッド: 私たちはいとこのように育ちました。彼の両親はピートおじさんとヤンおばさんで、私の両親はトムおじさんとシーラおばさんです。私たちは実際には関係がありませんが、そのように育ちました。 マイク: しかし、みんながやって来て、「ああ、先日あなたの兄弟に会った」または「あなたのいとこに会った」と言うでしょう。 テッド: 私たちのどちらにも兄弟がいないので、これは簡単です。 マイク: 私たちは誰が誰について話しているのか知っています。

あなたのお父さんはその事業に関わっていますか?
テッド: 彼らは私たちの一番の頼りになるコンサルタントです。私の父は私たちの他のレストラン、シャムロックのゼネラルマネージャーです。そして、彼はマイクのお父さんと同様にずっと関わってきました。私たちが早い段階で着手し、新しいアイデアを思いつくのを助け、そしてもちろん、私たちが2番目の場所であるShamrock'sを立ち上げるのを助けます。 マイク: 彼らはおそらく私たちの最も正直な批評家の一人です。彼らは、何かを変える必要があると思っているのか、それとも何かがうまくいくべきだと思っているように進んでいないのかを私たちに話すことを恐れません。彼らは私たちがどのように成長し、私たちが今していることをどのように扱うかという非常に重要な部分なので、彼らの正直なフィードバックを得ることが非常に重要です。

それで、あなたのお父さんが持っていた批判は何ですか?
マイク: 私はすぐに1つを言うことができます。シャムロックを引き継いだとき、オープンキッチンがあり、キッチンと家の正面の間に壁を作る必要がありました。 テッド: ピートはそれを我慢することを勧めた。そのような小さなことがたくさんあります。 マイク: ちょうどそのように。それは必ずしも食品に関連しているわけではありません。ジュークボックスを入手してここに置く必要があるかもしれません。特定の組織のために資金を調達し始めるには、プルタブが適しているかもしれません。 テッド: 特に私の父は、私たちが最初のメニュー項目のいくつかを構築し、特定の方向に私たちを推し進め、メニューの構築方法を教えてくれたのを助けてくれたと思います。 マイク: アイデアメーカー、あなたは私が何を意味するか知っていますか?しかし、私たちが同じように考えるので、私たちが彼らと話すのは簡単です。テッドは彼のお父さんにとても似ていると思います、そして私は私の父にとても似ていると思います。彼らは親友でした。そして、そのおかげで私たちは本当に、本当に、本当に良い親友になりました。

あなたが場所を購入しようとしていたとき、なぜあなたはヌークを選んだのですか?
テッド: 彼らは私たちが最初に行くのを助けたので、それは再び私たちの父親に戻ります。通りの向かいの高校に通っていたので、二人ともその場所に目を向けていたと思います。私たちと同じように、通りの向かいの高校に行ったとき、クレティン・ダーハム・ホール。この場所は、その学校があったのとほぼ同じくらいここにありました。そして、それは一種のクレチン病の伝統であり、近所の伝統です。私が幼い頃にここに来て、バーに座って、父と一緒に揚げタマネギのハンバーガーを食べたのを覚えています。ブラウセン家がそれを所有していたとき、マイクも覚えていると思います。 。ですから、新しい所有権を待っていて、その場所に新しい命を吹き込むのを待っていた場所の1つに過ぎないと思います。たまたま、2000年に幸運な2人になりました。ここにいましたそれ以来。永遠にここにいることを計画してください。 マイク: 彼らはそれが若い男のゲームだと言います、そして私たちがそれを引き継いだとき私たちは間違いなく若かったです。

あなたは何歳でしたか?
マイク: 20歳。そして、あなたが知っている、私たちは意志と意欲を持っていて、それから何かをやりたいと思っていました。そして、私たちはそれを年々生き抜いて、いくつかのものが成長するのを見るようになりました。そして、ミッキーが戻ってきて、彼女が以前のやり方を教えてくれたのですが、それはおそらく最も役立ったものの1つだったと思いますか? テッド: 楽しい。 マイク: ええ、私たちがその場所でやった楽しいことは、実際には少しの歴史を使って働いていました。だから、それはきちんとしていました。私たちはヌークの人生とその歴史の中でただの別の人であり、それを生き抜くことができるのはとても素晴らしいことです。 テッド: その上に私たちのスタンプを置くために。

ヌークがかつてあったものと同じものがいくつかあり、異なるものがいくつかありますか?
マイク: ハンバーガーはミッキーが持っていたときと同じで、ミックが持っていた前でも同じかもしれません。私が入ってきたとき、私たちがその場所を引き継いだとき、そしておそらくまだ同じですが、私はまだ1919年のルートビアと一緒にチーズバーガーを持っていたことを覚えています。そして今日、それは私が6歳のときにそれを食べたのを覚えているのとまったく同じ味です、それは私の父が69年に高校でそれを食べたのを覚えているのとまったく同じ味です。だから、それは決して変わっていません。今、私たちはいくつかの新しいメニュー項目を持ってきたか、多分メニューをアップグレードしました。 5種類のハンバーガーを用意する代わりに、おそらく25種類のハンバーガーを用意するようになりました。ミネソタで最も人気のあるハンバーガーの1つはジューシーで、最初の数年でここに紹介しました。 テッド: 重要なことは、決して変えたくないと思います。そして、私たちのメニューで最も重要な3つのものは、挽きたての牛肉、焼きたてのパン屋さん、そして新鮮なフライドポテトです。そして、そのパッケージは一緒にそれ自体を物語っています。

どのようにして新しいハンバーガーのアイデアを思いつきますか?
テッド: 通常はコラボレーション。何年も一緒にいるシェフのラファエル・ルーニーに、少なくとも10年は続けさせます。彼の仕事には非常に才能があり、非常に創造的です。彼はアイデアを思いつくでしょうが、たぶんそれは1つのレシピが欠けているので、マイクか私が思いつくでしょう、まあ、あなたはそれにこのソースを加えてみませんか。そのため、多くの場合、それはコラボレーションであり、私たちはエゴマニアではありません。ここで発生するすべてのことを評価する必要があります。私たちは多くのスタッフがアイデアを思いつくことを信頼しています。

メニューで最も人気のあるハンバーガーは何ですか?
マイク: ジューシーは、明らかに、おそらくナンバーワンまたはナンバー2です。 テッド: ランチタイムには、ベーコンチーズバーガーやベーコンチーズバーガーのバリエーションを多数販売しております。それが何なのかわかりません。朝食にベーコンを手に入れなかった人は、ベーコンを直してもらいます。

ガイ・フィエリがここに来て、フードネットワークに参加するのはどうでしたか?
テッド: それは名誉でした、それは当時少しシュールでした。私たちはショックを受け、何が起こっているのか本当に理解していませんでした。その全国的な露出を持っている、つまり、あなたはその種の広告にお金を払うことはできません。

それはビジネスを変えましたか?
テッド: それはそのショーに続く全国から人々を連れてきます。つまり、それが人気のある番組であることは知っていましたが、今ではそれがどれほど人気のある番組であるかを本当に知っています。 マイク: 私たちは以前に行われたショーの1つであり、7番または8番のショーでした。私たちはそれを早くから実現しました。彼が入ってきたとき、誰も彼が誰であるかを知りませんでした。 テッド: そして、彼は戻ってきました、それ以来、何、1.5回ですか?ある時、火事から立ち直った後、別のショーをしました。そして、私たちは再びカメオ出演のために行きました、そこで彼らはちょうど入って来て、別のエピソードのために私たちから引用を取りました。

どうやって火事から立ち直りましたか?
テッド: 本当に大変な時期でした。私はそれをもっと悲劇的なものと同一視したくはありませんが、あなたがビジネスを構築するためにあなたの血、汗、そして涙を注ぎ込んだとき、それよりも悪いことがある特定の事柄だけがあります、そしてそれは本当にうまくいっています。そのようなことを経験することはただ壊滅的です。明らかに、それは特定の他のものと同等ではありません。しかし、私たちは、初日、これを乗り越えるつもりであることを知っていました。そして、私がダウンしたときに私を持ち上げてくれるビジネスパートナーがいたことをうれしく思います。彼がダウンしたときに彼の精神を持ち上げるためにそこにいたと確信しています。より機能的な空間を作ることができました。これは改造の理由にはなりませんが、時間を利用して、スペースをより機能的にするために何ができるかを説明しました。そして、そこには常にその銀の裏地があります。 マイク: 火事の前、大きな事故や出来事の前に、あなたがそれの準備をすることができるあなたがあなたの生涯で学ぶことができるものは何もありません。あなたはそれのために学校に行くことはできません。つまり、文字通り、火による試練です。

そして、あなたはレストランでたくさんのものを節約することができましたか?
マイク: ええ、私たちもたくさんのものを失いました。しかし、私たちはそれのいくつかを保持しなければなりませんでした。 テッド: いくつかのものも改装されました。 マイク: 私たちはその場所の古い外観をできるだけ近くに保つように努めました。それは私たちがやりたくなかったことの1つでした。変更しすぎたので、入って来て、それはリッツでした。私たちはそれをヌークにしたかったのです。テッド:シュミット醸造所から古いバーを切り取りました。そして、それは多くの工数を要しました。 マイク: それをサンドブラストするには、それを再染色し、すべてを再ラッカーします。しかし、それはオリジナルです。 テッド: それがドアの中を歩いたときに最初に目にするものであり、それは火事の前と同じであり、それだけの価値があったと思います。

好きな記念品はありますか?
テッド: 私たちはお気に入りの1つを失いました、そしてそれは私たちがキッチンの出入り口の上で始めていたSpeedoコレクションでした。 Pat ManciniSpeedoとDannyO'Gara Speedo、そして私たちの近所に他の2人のレストランと友人やメンターがいて、私たちは彼らを称えるためにいくつかのパーティーを開きました、そして私たちは彼らの妻に彼らの古い高校に転向させました水泳チームSpeedoと私たちはそれらを組み立てました。そして、一部の人々は、それらのSpeedosは熱すぎて処理できないと言い、彼らは火事を始めました。

ツインシティーズのすべてのハンバーガーの中で、ヌークバーガーが特別な理由は何ですか?
マイク: それは長続きする遺産だと思います。ハンバーガーを買うだけでなく、入っていくと歴史のほんの一部を買うことになります。それは100万年前からあります。ミッキーのやり方と何ら変わりはありません。だから多分彼女がそれをすべて特別なものにしたのだろう。フライドポテトを切ったり、自分のハンバーガーを撫でたりするのに少し余分な時間と愛情が注がれています。その良質の牛肉を手に入れ、その牛肉を気遣い、決してその品質を手放すことはありません。

牛肉はどこで手に入りますか?
マイク: W.W.アンガスチャックであるジョンソン。 テッド: 私たちは私たちのために特別なグラインドを持っています、それは私たちのレストランとシャムロックのためだけに選ばれた肉屋のカットです。 So it's Ground Chuck, but it's an Angus breed, it's a choice product, and it's as fresh as possible, no excuses. We get that delivered, on average, four times a week. マイク: It's a special grind that's been used since Mickey was here. Chuck is the best of the best. テッド: It's whole muscle, it's guaranteed from the chuck roast cut, which excludes any cuts that are less desirable. マイク: It holds in the moisture, it holds in the way we sear our burgers and how they get grilled. And it's perfect for what we're doing.

And what about your bun?
テッド: We used to get them from P.J. Murphy's down the road. I don't know how else to explain it to you, but they dropped us as an account. At the time they were going through some changes, they wanted to be a gourmet wedding cake place. マイク: That was six years ago. テッド: They've since approached us to go back to them, but we've found a product that's fresh-baked every day at St. Agnes Bakery, it's delivered daily. マイク: It's a local bakery. テッド: They've been a little more consistent in their size and flavor, so we haven't switched back. マイク: And we sit and talk with a lot of different purveyors, bun purveyors. We're always trying to earn our business. And they might be able to save us some money over the long run, but the quality's not there. We haven't found anything to match that.

And tell me a little bit about your french fries.
テッド: We have to get a certain kind of potato breed that has less moisture, so it doesn't brown right away in the fryer. And those are Burbank Idaho breed, and we won't accept any other kind of potato. It's got to be the Burbank breed. And that's a variation you wouldn't notice by looking at it, you might not even notice by cutting it open, it's just in its performance. We have to pre-order those when they're running out. We have to stockpile those because we want that consistency. We're nothing without consistency. If you come in one day and they're great, and then you come in the next day and they're soggy and brown, you're not going to come back. It's a process that goes back to Mickey Brausen. She was getting the same potatoes in, and what you do is you soak them in ice-cold water with a splash of distilled white vinegar overnight. And that pre-blanches them, takes some of the starch out, and then they crisp up a little better. That's a secret I shouldn't be revealing, though. マイク: There's parts of this that's like, what should we reveal and what shouldn't we. But I think it goes back to that whole ego thing. We're just trying to do what we do well here and we're not worried about other people, we're worried about us doing something good.

If you had to pick one thing from the menu to eat for dinner tonight, what would it be?
テッド: Classic cheeseburger, fried onions. French fries and a 1919 root beer. マイク: I'd do the exact same thing, but with raw onions. I'm a raw onion guy. I like that crispness, that heartiness of the raw onion. I'm sure you like the flavor of the fried onion.

Do you sell more raw onions or more fried onions?
テッド: Probably fried. マイク: I bet you fried takes it. テッド: I would say fried by a long shot.

Where else do you like to eat in the Twin Cities?
テッド: Shamrock's. マイク: There's a couple places I really like. I'll be a big, long advocate of Punch Pizza。 John's got a big part of my heart. That would be my number one. テッド: I'll name off a few. Skinner's for pizza. Mancini's for a nice steak. My uncle's restaurant, the Cherokee Sirloin Room in West St. Paul or Eagan, for a steak. I'm kind of a meat and potatoes guy, so I'll go out for steak three times a week if I can. And I suppose just to go out and have a good time, we go to Tiffany's また O'Gara's, and they all got good food as well. Birchwood Café ミネアポリスで。 マイク: Birchwood Café does an unbelievable job. I also like the Meritage, and I also think The Strip Club。 I think if you look at that whole laundry list of names, every one of them is in St. Paul, except for the Birchwood. テッド: Are you going to throw Cossetta's in there? マイク: Got to do Cossetta's, yeah. Cossetta's for fast, easy-going. But it is, it's St. Paul. And the thing with St. Paul is that we're all family-owned, we're all mom-and-pop joints, we all get along very, very well. If something ever happened, one of us is always there to stick our neck out for the other guy. We're a very proud little city. It's very unique. I don't think there's another city like it.
· Casper & Runyon's Nook Official Website
· All Coverage of the Nook [Eater MPLS]
· All Burger Week Coverage [Eater MPLS]


A new book by Twin Cities author Beth Dooley explores new ingredients coming from Minnesota farms

Directing attention to foods that benefit both the planet and the plate is the lifelong mission of Beth Dooley, cookbook author and Taste contributor.

Her latest title, "The Perennial Kitchen: Simple Recipes for a Healthy Future" (University of Minnesota Press, $27.95), grew out Dooley's fascination with the Forever Green Initiative, a program guided by the University of Minnesota and the U.S. Department of Agriculture that works to create an agricultural system that "mimics natural systems in order to produce ample food and reduce or eliminate the negative impacts of the food and agriculture system," writes Dooley.

But "The Perennial Kitchen" is no dry academic tome. Dooley illuminates the stories of pioneering food producers and then channels their output — whether it's pasture-raised pork, locally cultivated hazelnuts or the just-developed grain Kernza — into delicious, easy-to-follow recipes that belong in every Minnesota cook's repertoire.

In a recent conversation over a delicious spring lunch in her south Minneapolis backyard, Dooley discussed rural economies, Ireland Creek Annie beans and the joys of maple syrup.

NS: You've been writing about local foods for 40 years. Why is this such an important subject?

NS: Because it was a way for me to feel like home. I grew up in New Jersey. My grandmother was a fabulous cook, and I have these memories of going to farm stands with her.


&mdash Photo illustration by Josh Jones

The effects of the pandemic have not been even across all companies. The three largest companies on the list — UnitedHealth, Target and Best Buy — fared the best. Revenue for the companies on the Star Tribune 50 list as a whole increased 5.5% to a cumulative $621.8 billion.

Canada ends COVID restrictions on NW. Angle residents' travel

The action ends more than a year's pandemic restrictions that caused significant hardship to residents and businesses.

Judge probes leak of grand jury proceedings into Floyd's death

Two newspaper stories described the possibility of federal charges for four former Minneapolis officers.

Minnesota judge to decide when cursing at police goes too far

Nisswa mayor angrily confronted officers and was arrested for disorderly conduct

Infrastructure deal slips, GOP pans $1.7T White House offer

Prospects for an ambitious infrastructure deal were thrown into serious doubt late Friday after the White House reduced President Joe Biden's sweeping proposal to $1.7 trillion but Republican senators rejected the compromise as disappointing, saying "vast differences" remain.

Virus deaths likely two to three times more than official records, WHO says

Some 6 million to 8 million people may have now died from COVID-19 or its effects.

On 111th birthday Minneapolis resident credits longevity to 'thinking happy'

Ruth Knelman is one of Minnesota's oldest residents.

Controversial ivermectin added to University of Minnesota COVID-19 drug trial

The 1,100 patients sought immediately after positive COVID-19 tests to see if common drugs prevent severe illness.

Lumber over slumber: Road-weary Twins hang 10-0 win on Cleveland

A hectic travel schedule leading up to this weekend's series in Cleveland didn't drain on the Twins' winning effort Friday night.

33 must-read books for 'tweens, teens and adults to add to your summer reading list

You might stay home one more summer. You might head to the cabin. You might even mask up and fly somewhere exotic. Butwherever you go, be sure to take a book. Our summer fiction section offers more than 30 suggestions for 'tweens, teens and adults, lovers of mysteries, novels or any good story well told.

In the wake of a devastating fire, beloved Grand Marais restaurant returns in a new form: food truck

A fire forced a Grand Marais family to regroup and reassess. Then they opened a new window.

Biden to meet with Floyd family Tuesday, year after Floyd's death

The president has talked about his relationship with the Floyd family in pushing for police reform.


Poem of the Week: The New Colossus by Emma Lazarus

"Give me your tired, your poor/ Your huddled masses, yearning to be free…" Most people who can quote those lines would also know they had been engraved on a plaque at the base of the Statue of Liberty. But they might not necessarily know the rest of the poem, nor the name of its author. Celebrating the spirit of republicanism, The New Colossus by Emma Lazarus is this week's post-jubilee-jamboree choice.

Lazarus's output includes a novel, essays, original poems and translations. She was born in New York City in 1849 to a prosperous Sephardic family. Privilege seems to create an impermeable protective shell around some people for others it sharpens their alertness to inequality. Lazarus's growing interest in the plight of Russian-Jewish exiles fleeing the pogroms informed the direction she took in this commissioned poem.

It was one of many contributions to an endeavour to raise funds for the building of the 89-ft pedestal on which the Statue of Liberty was to stand. The statue itself, by the French sculptor Frédéric Auguste Bartholdi, has an interestingly mixed intellectual history. Bartholdi initially drew designs for the statue of a robed woman to grace the entrance to the Suez canal. It was to double as a lighthouse, and represent Egypt bringing light to the people of Asia. But Egypt couldn't afford to pursue the project and it was decided, instead, to make the statue "a gift of friendship from the people of France" to commemorate American independence. America still had to foot the bill for the pedestal (pardon the pun).

The monument that was eventually created represents the Roman goddess Libertas, "enlightening the world". While freedom of migration is a significant aspect of modern enlightenment, it was not initially the dominant concept the statue enshrined. Those few simple lines of Lazarus have profoundly affected the way later generations have "read" its symbolism.

The original Colossus was one of the Seven Wonders of the ancient world, a vast bronze image of the sun god Helios, which was erroneously believed to have stood astride Rhodes harbour. Lazarus begins The New Colossus with bold denial: "Not like the brazen giant of Greek fame…" This trope allows her a dramatic build-up to proclaiming Liberty's gender. The subject of her sentence is "a mighty woman" and the grand climax reached in line six designates her "Mother of Exiles", sweeping up mere size into the morally greater concept of all-generous maternity.

The sonnet effectively deploys light and fire symbolism. That Liberty's torch holds "imprisoned lightning" suggests Promethean powers. A less elevated perspective is enfolded in "sea-washed, sunset gates", a rather mournful image combining the sense of expansive, gently-gilded western horizons with the exile's homesick melancholy. The new life is reached only through the sunset of the old one.

"The air-bridged harbor that twin cities frame" is differently interpreted to this day by the poem's commentators. Some say the twin of New York City is Jersey City others disagree. The Brooklyn Bridge was erected in May, 1883 – the year the poem was composed. I think it likely that Lazarus wanted to convey the thrilling new sight of this great suspension bridge, and that "air-bridged" is a compressed allusion to the wonderful "airiness" of the construction: therefore, the city is Brooklyn.

Apart from the attributive tag, the sonnet's sestet, all in the imperative case, is spoken by Liberty herself. Again we see those broad, visual, almost journalistic strokes Lazarus excels in, and her skill at packing ideas tight as a suitcase. "Storied pomp" conflates myths of nationhood with self-glorifying display. The "huddled masses" image is unforgettably visual and narrative. It reminds us the refugees lived in slums or ghettos, in overcrowded conditions that would have been repeated at sea for the majority who travelled steerage. Their "yearning to breathe free" was not, therefore, only metaphorical. In the next line, "refuse" is a shocking and unexpected noun. English equates refuse with rubbish. We're forced to see the exiles as they were seen by the regimes that despised and dehumanised them. For contemporary readers, additional images of homelessness and genocide will inhabit these lines.

The New Colossus is a supremely confident poem. The technique is impeccable, with complete command of the Petrarchan sonnet form and its dramatic timing. Lazarus knows how to use rhetoric and archetype without overegging the already rich fare. The iambic pentameter flows with the steady dignity of a great ship.

Many images are drawn from the storied Old World. "Tempest-tost" is a Shakespearean epithet. There are hints of Wordsworth's sonnet Composed upon Westminster Bridge, and of Keats, and his Homeric "realms of gold". The poem is confident of its literary place, and politically confident, too.

Despite the greyer moments, Lazarus bathes her scene in warm light, evoked by the "beacon-hand", the "sunset gates", the glow of "world-wide welcome" and, in the last line, the lamp lifted "beside the golden door". Although Liberty speaks with the grandeur of an empress, in the poem's idealised vision she remains a universal mother, offering home and hearth to the destitute, and the hope of a more prosperous future.


Pizza Lucé has several locations in the Twin Cities, along with a restaurant in Duluth. Our vegan Hickory Bacon is part of their fall specials menu at all locations. They have a Bacon Poppyseed Salad, Hoagie with Apple Slaw, Pesto Flatbread, and Butternut Squash Pizza. Try one or try them all! We also recommend their Brussels sprouts which don't include the bacon but are delicious nonetheless.

Pizza Lucé has many other sandwich and pizza options, and you can sub out dairy cheese for their house made tofu-cashew Rinotta or for Violife cheese . Vegan appetizer options include Bruschetta, Garlic Cheese Toast, and Lucky Birds Nuggets.

Good day! We'd love to share with you stories from our shop and the foods that we make. We may also post a silly video or include a costume picture from time to time.

Recent Articles

  • adopt an animal (0)
  • advice for new vegans (0)
  • alan cumming vegan (0)
  • alan cumming visits the herbivorous butcher (0)
  • animal rights coalition (0)
  • anniversary (0)
  • appetizer (1)
  • Aubry & Kale (0)
  • bacon (1)
  • bacon bits (1)
  • baseball (0)
  • bee free honee (0)
  • beer brats (0)
  • benedict (1)
  • big nelly (0)
  • blt (1)
  • body building (0)
  • bootlegger brewing (0)
  • breakfast hash (0)
  • brie (1)
  • brooklyn (0)
  • buffalo chicken (0)
  • bulgogi (0)
  • Butcher Shop (0)
  • buzz cafe (0)
  • canadian bacon (1)
  • charcuterie (1)
  • cheap vegan groceries (0)
  • cheeseburger pie (0)
  • chelsea hassler (0)
  • chicken (0)
  • chicken and waffles (0)
  • chicken wings (0)
  • chickens (0)
  • christmas (1)
  • cold kingdom (0)
  • compassion over killing (0)
  • compassionate action for animals (0)
  • Construction (0)
  • corn dogs (1)
  • corned beef (0)
  • cozy fall pack (1)
  • crave restaurant (1)
  • crepe and spoon (0)
  • dani engum (0)
  • date night (0)
  • depot tavern (0)
  • diet (0)
  • diners drive ins and dives (0)
  • diners driveins and dives (0)
  • dinners with vegan meat (0)
  • douglas robinson (0)
  • easy kid meals (0)
  • easy vegan dinner (0)
  • easy vegan meal (0)
  • eliots adult nut butter (0)
  • elvis burger (0)
  • evan's organic eatery (1)
  • farm sanctuary (0)
  • feta (0)
  • filet mignon (0)
  • first avenue (0)
  • follow your heart (0)
  • food network (0)
  • fried chicken (1)
  • frittata (0)
  • fundraiser (1)
  • garam masala (0)
  • garlic pepper havarti (1)
  • gluten free vegan meal (0)
  • gravy (0)
  • grilling (0)
  • grilling with vegan food (0)
  • gumbo (0)
  • guy fieri (0)
  • ham (0)
  • ham and cheese (0)
  • ham cooking instructions (2)
  • hasselback potatoes (0)
  • herbivorous acres (2)
  • herbivorous butcher in new york (0)
  • holiday ham (1)
  • holiday meal ideas (0)
  • how to cook turkey (1)
  • how to prepare ham (1)
  • howe minneapolis (0)
  • i heart keenwah (0)
  • instagram (0)
  • italian cold cut (0)
  • italian sausage (0)
  • italian vegan food (0)
  • jackfruit (0)
  • jersey giant (0)
  • keenwah (0)
  • kids vegan meals (0)
  • kombucha (0)
  • korean ribs (0)
  • kristina demuth (0)
  • kurt vile (0)
  • leftovers (0)
  • macaroni and cheese (1)
  • maple sage breakfast sausage (0)
  • marco antonio regil (0)
  • mardi gras (0)
  • mars desert research station (0)
  • mary bue (0)
  • meal ideas for vegan meat (0)
  • meatballs (0)
  • meatless monday (0)
  • mike wolf (0)
  • minneapolis (0)
  • minneapolis vegans (0)
  • minnesota twins (0)
  • mlb (0)
  • mushrooms (1)
  • national grilled cheese day (0)
  • national honey month (0)
  • national pig day (0)
  • new restaurant (1)
  • new york butchers (0)
  • nick coughlin (0)
  • night verses (0)
  • northeast (0)
  • northeast minneapolis (0)
  • nutrition (0)
  • nyc vegan (0)
  • Pamela Ziemann (0)
  • parkway pizza (1)
  • pho with vegan meat (0)
  • pizza luce (1)
  • plant based (0)
  • plant based diet in outer space (0)
  • plant based dinner (0)
  • plant based dinners (0)
  • plant based health (0)
  • plant-based (0)
  • podcast (0)
  • polenta with bacon (0)
  • porchetta (1)
  • porterhouse steak (0)
  • portuguese sausage (0)
  • prairie vegan pies (1)
  • quick easy vegan salad (0)
  • Recipe (0)
  • recipes (1)
  • restaurants (0)
  • reuben (0)
  • ribeye (1)
  • ribs on a stick (0)
  • ricotta (0)
  • ridiculous baking co (0)
  • risotto (1)
  • riverdel cheese (0)
  • ryan nelson (0)
  • salad (0)
  • sandwich (0)
  • sausage (0)
  • shepherds pie (0)
  • shredded chicken (0)
  • singer songwriter (0)
  • sliders (0)
  • smoked gouda (0)
  • social media contest (1)
  • soup (0)
  • Special Menu (0)
  • spicy peanut butter (0)
  • spicy thai (0)
  • spinach artichoke (0)
  • sponsor a pig (0)
  • spring (1)
  • sriracha brat (0)
  • st patrick's day (0)
  • st paul (1)
  • stories about vegans (0)
  • summer (0)
  • summer rolls (0)
  • super bowl (0)
  • sweet potatoes (0)
  • swiss cheese (0)
  • target field (0)
  • tater tot hot dish (1)
  • thanksgiving (2)
  • thanksgiving recipes (0)
  • training (0)
  • turkey (1)
  • turkey cooking instructions (1)
  • turkey dill havarti (0)
  • turkey free feast (1)
  • twin cities veg fest (0)
  • twin cities vegans (0)
  • twin cities vegfest (0)
  • Unny Nambudiripad (0)
  • valentine's day (1)
  • veal (0)
  • vegan (1)
  • vegan beer and food festival (0)
  • vegan beer fest (0)
  • vegan body building (0)
  • vegan breakfast (0)
  • vegan brunch (0)
  • vegan butchers in space (0)
  • vegan cheese (0)
  • vegan chicken and waffles (0)
  • vegan chicken skewers (0)
  • vegan croissants (0)
  • vegan dinner (0)
  • vegan food (0)
  • vegan food in minneapolis (0)
  • vegan food in outer space (0)
  • vegan food on mars (0)
  • vegan fried rice (0)
  • vegan gluten free meal (0)
  • vegan grilled cheese (0)
  • vegan grilling (0)
  • vegan ham (0)
  • vegan honey (0)
  • vegan korean dishes (0)
  • vegan lasagna (0)
  • vegan meal ideas (0)
  • vegan meat (0)
  • vegan meat and cheese (0)
  • vegan meat raffle (1)
  • vegan nutritionists (0)
  • vegan pasta dish (0)
  • vegan pho (0)
  • vegan pizza (0)
  • vegan recipe (1)
  • vegan restaurants on tv (0)
  • vegan roadie (0)
  • vegan sandwich (0)
  • vegan singers (0)
  • vegan snacks (0)
  • vegan starter kit (1)
  • vegan steak (0)
  • vegan stir fry (0)
  • vegan stories (0)
  • vegan street fair nights (0)
  • vegan tacos (0)
  • vegan tough mudder (0)
  • vegan travel (0)
  • vegan waffles (0)
  • veganegg (0)
  • vegans in minneapolis (0)
  • waffles (1)
  • we are meatless (0)
  • weekly instagram roundup (0)
  • weight lifting (0)
  • wilco (0)
  • winter dinner ideas (0)
  • winter holiday feast (1)
  • yoga (0)

Our Shop

Super small-batch ALL VEGAN meat-free meats & cheese-free cheeses prepared by a brother and sister team! You can find our shop at:

507 1st Ave NE Minneapolis MN 55413
Hours: Sun 11-4 Tue-Sat 10-5:30