新しいレシピ

寿司タコスは今やものになっているので、寿司ブリトーの上に移動してください!

寿司タコスは今やものになっているので、寿司ブリトーの上に移動してください!

Tail and Finはラスベガスの寿司スポットで、ユニークな魚の創作料理を提供しています。これらのタコスは口コミで広まりました。

寿司で他に何を作るつもりですか?

寿司ハンバーガー、 寿司ブリトー…数に終わりはないようです 寿司にインスパイアされたフードハイブリッド レストランは作成することができます(そして、Instagramフィードでそれらが飲み込まれる速度に制限はありません)。しかし今では、ラスベガスの寿司フュージョンレストランであるTail&Finによって発明されたように、寿司タコスは、刻まれたパイナップルの中にポークボウルのようなユニークなシーフードの革新を絶えず出しているものです。

Tail&Finの寿司タコスは、海藻の殻、白米、サーモン、マグロ、コリアンダー、パイナップル、玉ねぎ、ザクロの種などのカスタマイズ可能なトッピングで作られています。さらに、お好みのソースですべてを仕上げることができます。タコスは、メキシコのタコスと同じように、面倒な寿司ブリトー(もちろん、Tail&Finからも提供されています)よりもはるかに小さいです。タコスもオンラインで非常に人気があり、ニューヨーク市のメグワールドワイドのような場所にはさまざまなバリエーションがあります。

勝つための寿司タコス! @meguworldwideの@cheffrancesは、これらの楽しいサームを提供しています…https://t.co/dNRM2HEiSL pic.twitter.com/VYBC3Pqidg

— Jean Lee(@jeaniusNYC)2017年3月21日

そして、ロサンゼルスのポップアップ、Norigami:

寿司タコス!
ここで何か他のものを装ったより多くの寿司:https://t.co/GgwidhnnXG pic.twitter.com/qGuXNEGEvd

— Pee-wee Herman(@peeweeherman)2017年2月25日

寿司タコス。これにはレベルがありますhttps://t.co/qEs1Aa3Jn6pic.twitter.com/aTFEZ4yQs1

—ビキニラックス(@bikiniluxe)2017年3月29日


エビと野菜の天ぷら

なぜ週末が7日のうち2日しかないのか疑問に思ったことはありませんか?週5日と週末2日のコンセプトを思いついた人は、間違いなく私の好きな人ではありません。週末は少なくとも3日である必要があります!ちょうど金曜日だったような気がしますが、今はもう日曜日です。時間は本当に遅くなる必要があります!

私は現在、太陽の下で(私の実家で)鳥の鳴き声を聞いたり、ミツバチが花から花へと移り変わるのを見たり、ハチドリが頭の中でブーンという音を立てたりしています。私は朝が大好きです。それは本当にその日の最高の部分です!

さて、今日のおいしいレシピを始めましょう&#8230

グルテンフリーになる前は、日本食レストランを頻繁に訪れていました。私は毎食、毎日、寿司を食べることができました(そしておそらくある時点で食べることができました)。私が注文したお気に入りのロールの1つは、エビの天ぷらロールでした。なんらかの(非常に)奇妙な理由で、私が寿司の気分にならなかった場合、私はいつもエビと野菜の天ぷらを注文しました。私はエビが大好きで、天ぷらの衣で揚げたものは何でも好きです。

私はこれらすべてをとても懐かしく思っているので、手に入れることができません。私はまだ自分で寿司を作ってみたことがありませんが、そうするのはずっと前のことです。私は最初に天ぷらに取り組むことにしました、そして男の子は私がやったことをうれしく思います!シラチャディップソースを使って作るのは実はとても簡単なことです&#8230OMG。レストランの天ぷらに移動!

自宅で完璧な天ぷらを作りたいなら、私のコツに従ってください。まず、すべてが準備され、準備ができていることを確認します あなたはあなたの油を加熱してバッターを作り始めます。これにより、プロセス全体がはるかに簡単になります。

私はすべての野菜を洗い、皮をむき、そして切るのが好きです。次に、エビも準備します。今、あなたは油を加熱し始めることができます&#8211私は大きなダッチオーブンでピーナッツオイルを使います。油が加熱されている間、あなたはねり粉を作ることができます。

この天ぷら生地はとても簡単で、毎回完璧に出てきます。米粉、コーンスターチ、卵黄、セルツァー水を混ぜたものです。卵黄はコクを加え、セルツァーウォーターは素晴らしく軽くて風通しの良い食感を提供します。

油が375ºに加熱されたら、野菜をねり粉に浸し、非常に注意深く油に落とし始めることができます。油を過密にしないように注意してください。そうしないと、ねばねばした/油っぽい食べ物になってしまいます。層が均一になるまで追加し続けますが、何も触れていません。次に、軽く焦げ目がつくまで、軽くひっくり返して1〜2分間調理します。ペーパータオルで水気を切り、繰り返します。

このプロセスは最速ではありませんが、それほど難しくはありません。最終製品はそれだけの価値があります!私はまた、このレシピを完全に先に作ることができることを発見しました。実際、私は実際に残り物を好みました!エビと野菜を完全に冷まし、冷蔵庫の容器に入れて、オーブンを475度に予熱し、天板の上に冷却ラックを置いて、天ぷらをのせました。ラック。私はそれを約20分間焼き、10分後にすべてをひっくり返しました。完全にカリカリになりました!

それでは、最高のディップソースについて話しましょう。これまで。

シラチャは最近ずっとあるようです&#8211そしてそれがおいしいので正当な理由があります!私はディップソースが大好きで、天ぷらを添えた伝統的なソースよりもスパイシーなソースが好きだと思いました。シラチャは頭がおかしいようでした。

あなたがしなければならないのは、マヨネーズ、ライスワインビネガー、そしてあなたの望む量のシラチャを混ぜるだけです。私は大さじ2杯で行きましたが、あなたが好きな熱の量に応じて多かれ少なかれ簡単に使うことができます。

私はソースにライスワインビネガーを使用しました。それはいつも私のパントリーにあり、アジア料理の風味が大好きだからです。ただし、どのタイプの酢でも、レモンジュースやライムジュースでも使用できます。昨日また天ぷらズッキーニのタレを作ってレモン汁を使ってみました&#8211完璧に出ました!

このシラチャソースは私の家では常連になると思います&#8211BLTでも使用しました。焼き鮭も薄くして小雨を降らせるのもいいと思います。非常に多くの可能性!

天ぷらが好きな人は、家で自分で作ってみてください。好きな野菜を混ぜて使うことができますが、シラチャソースは必需品です!私は頻繁に揚げることはありませんが、揚げるときは必ず揚げます


エビと野菜の天ぷら

なぜ週末が7日のうち2日しかないのか疑問に思ったことはありませんか?週5日と週末2日のコンセプトを思いついた人は、間違いなく私の好きな人ではありません。週末は少なくとも3日である必要があります!ちょうど金曜日だったような気がしますが、今はもう日曜日です。時間は本当に遅くなる必要があります!

私は現在、太陽の下で(私の実家で)鳥の鳴き声を聞いたり、ミツバチが花から花へと移り変わるのを見たり、ハチドリが頭の中でブーンという音を立てたりしています。私は朝が大好きです。それは本当にその日の最高の部分です!

さて、今日のおいしいレシピを始めましょう&#8230

グルテンフリーになる前は、日本食レストランを頻繁に訪れていました。私は毎食、毎日、寿司を食べることができました(そしておそらくある時点で食べることができました)。私が注文したお気に入りのロールの1つは、エビの天ぷらロールでした。なんらかの(非常に)奇妙な理由で、私が寿司の気分にならなかった場合、私はいつもエビと野菜の天ぷらを注文しました。私はエビが大好きで、天ぷらの衣で揚げたものは何でも好きです。

私はこれらすべてをとても懐かしく思っているので、手に入れることができません。私はまだ自分で寿司を作ってみたことがありませんが、そうするのはずっと前のことです。私は最初に天ぷらに取り組むことにしました、そして男の子は私がやったことをうれしく思います!シラチャディップソースを使って作るのは実はとても簡単なことです&#8230OMG。レストランの天ぷらに移動!

自宅で完璧な天ぷらを作りたいなら、私のコツに従ってください。まず、すべてが準備され、準備ができていることを確認します あなたはあなたの油を加熱してバッターを作り始めます。これにより、プロセス全体がはるかに簡単になります。

私はすべての野菜を洗い、皮をむき、そして切るのが好きです。次に、エビも準備します。今、あなたは油を加熱し始めることができます&#8211私は大きなダッチオーブンでピーナッツオイルを使います。油が加熱されている間、あなたはねり粉を作ることができます。

この天ぷら生地はとても簡単で、毎回完璧に出てきます。米粉、コーンスターチ、卵黄、セルツァー水を混ぜたものです。卵黄はコクを加え、セルツァーウォーターは素晴らしく軽くて風通しの良い食感を提供します。

油が375ºに加熱されたら、野菜をねり粉に浸し、非常に注意深く油に落とし始めることができます。油を過密にしないように注意してください。そうしないと、ねばねばした/油っぽい食べ物になってしまいます。層が均一になるまで追加し続けますが、何も触れていません。次に、軽く焦げ目がつくまで、軽くひっくり返して1〜2分間調理します。ペーパータオルで水気を切り、繰り返します。

このプロセスは最速ではありませんが、それほど難しくはありません。最終製品はそれだけの価値があります!私はまた、このレシピを完全に先に作ることができることを発見しました。実際、私は実際に残り物を好みました!エビと野菜を完全に冷まし、冷蔵庫の容器に入れて、オーブンを475度に予熱し、天板の上に冷却ラックを置いて、天ぷらをのせました。ラック。私はそれを約20分間焼き、10分後にすべてをひっくり返しました。完全にカリカリになりました!

それでは、最高のディップソースについて話しましょう。これまで。

シラチャは最近ずっとあるようです&#8211そしてそれがおいしいので正当な理由があります!私はディップソースが大好きで、天ぷらを添えた伝統的なソースよりもスパイシーなソースが好きだと思いました。シラチャは頭がおかしいようでした。

あなたがしなければならないのは、マヨネーズ、ライスワインビネガー、そしてあなたの望む量のシラチャを混ぜるだけです。私は大さじ2杯で行きましたが、あなたが好きな熱の量に応じて多かれ少なかれ簡単に使うことができます。

私はソースにライスワインビネガーを使用しました。それはいつも私のパントリーにあり、アジア料理の風味が大好きだからです。ただし、どのタイプの酢でも、レモンジュースやライムジュースでも使用できます。昨日また天ぷらズッキーニのタレを作ってレモン汁を使ってみました&#8211完璧に出ました!

このシラチャソースは私の家では常連になると思います&#8211BLTでも使用しました。焼き鮭も薄くして小雨を降らせるのもいいと思います。非常に多くの可能性!

天ぷらが好きな人は、家で自分で作ってみてください。好きな野菜を混ぜて使うことができますが、シラチャソースは必需品です!私は頻繁に揚げることはありませんが、揚げるときは必ず揚げます


エビと野菜の天ぷら

なぜ週末が7日のうち2日しかないのか疑問に思ったことはありませんか?週5日と週末2日のコンセプトを思いついた人は、間違いなく私の好きな人ではありません。週末は少なくとも3日である必要があります!ちょうど金曜日だったような気がしますが、今はもう日曜日です。時間は本当に遅くなる必要があります!

私は現在、太陽の下で(私の実家で)鳥の鳴き声を聞いたり、ミツバチが花から花へと移り変わるのを見たり、ハチドリが頭の中でブーンという音を立てたりしています。私は朝が大好きです。それは本当にその日の最高の部分です!

さて、今日のおいしいレシピを始めましょう&#8230

グルテンフリーになる前は、日本食レストランを頻繁に訪れていました。私は毎食、毎日、寿司を食べることができました(そしておそらくある時点で食べることができました)。私が注文したお気に入りのロールの1つは、エビの天ぷらロールでした。なんらかの(非常に)奇妙な理由で、私が寿司の気分にならなかった場合、私はいつもエビと野菜の天ぷらを注文しました。私はエビが大好きで、天ぷらの衣で揚げたものは何でも好きです。

私はこれらすべてをとても懐かしく思っているので、手に入れることができません。私はまだ自分で寿司を作ってみたことがありませんが、そうするのはずっと前のことです。私は最初に天ぷらに取り組むことにしました、そして男の子は私がやったことをうれしく思います!シラチャディップソースを使って作るのは実はとても簡単なことです&#8230OMG。レストランの天ぷらに移動!

自宅で完璧な天ぷらを作りたいなら、私のコツに従ってください。まず、すべてが準備され、準備ができていることを確認します あなたはあなたの油を加熱してバッターを作り始めます。これにより、プロセス全体がはるかに簡単になります。

私はすべての野菜を洗い、皮をむき、そして切るのが好きです。次に、エビも準備します。今、あなたは油を加熱し始めることができます&#8211私は大きなダッチオーブンでピーナッツオイルを使います。油が加熱されている間、あなたはねり粉を作ることができます。

この天ぷら生地はとても簡単で、毎回完璧に出てきます。米粉、コーンスターチ、卵黄、セルツァー水を混ぜたものです。卵黄はコクを加え、セルツァーウォーターは素晴らしく軽くて風通しの良い食感を提供します。

油が375ºに加熱されたら、野菜をねり粉に浸し、非常に注意深く油に落とし始めることができます。油を過密にしないように注意してください。そうしないと、ねばねばした/油っぽい食べ物になってしまいます。層が均一になるまで追加し続けますが、何も触れていません。次に、軽く焦げ目がつくまで、軽くひっくり返して1〜2分間調理します。ペーパータオルで水気を切り、繰り返します。

このプロセスは最速ではありませんが、それほど難しくはありません。最終製品はそれだけの価値があります!私はまた、このレシピを完全に先に作ることができることを発見しました。実際、私は実際に残り物を好みました!エビと野菜を完全に冷まし、冷蔵庫の容器に入れて、オーブンを475度に予熱し、天板の上に冷却ラックを置いて、天ぷらをのせました。ラック。私はそれを約20分間焼き、10分後にすべてをひっくり返しました。完全にカリカリになりました!

それでは、最高のディップソースについて話しましょう。これまで。

シラチャは最近ずっとあるようです&#8211そしてそれがおいしいので正当な理由があります!私はディップソースが大好きで、天ぷらを添えた伝統的なソースよりもスパイシーなソースが好きだと思いました。シラチャは頭がおかしいようでした。

あなたがしなければならないのは、マヨネーズ、ライスワインビネガー、そしてあなたの望む量のシラチャを混ぜるだけです。私は大さじ2杯で行きましたが、あなたが好きな熱の量に応じて多かれ少なかれ簡単に使うことができます。

私はソースにライスワインビネガーを使用しました。それはいつも私のパントリーにあり、アジア料理の風味が大好きだからです。ただし、どのタイプの酢でも、レモンジュースやライムジュースでも使用できます。昨日また天ぷらズッキーニのタレを作ってレモン汁を使ってみました&#8211完璧に出ました!

このシラチャソースは私の家では常連になると思います&#8211私もBLTで使用しました。焼き鮭も薄くして小雨を降らせるのもいいと思います。非常に多くの可能性!

天ぷらが好きな人は、家で自分で作ってみてください。好きな野菜を混ぜて使うことができますが、シラチャソースは必需品です!私は頻繁に揚げることはありませんが、揚げるときは必ず揚げます


エビと野菜の天ぷら

なぜ週末が7日のうち2日しかないのか疑問に思ったことはありませんか?週5日と週末2日のコンセプトを思いついた人は、間違いなく私の好きな人ではありません。週末は少なくとも3日である必要があります!ちょうど金曜日だったような気がしますが、今はもう日曜日です。時間は本当に遅くなる必要があります!

私は現在、太陽の下で(私の実家で)鳥の鳴き声を聞いたり、ミツバチが花から花へと移り変わるのを見たり、ハチドリが頭の中でブーンという音を立てたりしています。私は朝が大好きです。それは本当にその日の最高の部分です!

さて、今日のおいしいレシピを始めましょう&#8230

グルテンフリーになる前は、日本食レストランを頻繁に訪れていました。私は毎食、毎日、寿司を食べることができました(そしておそらくある時点で食べることができました)。私が注文したお気に入りのロールの1つは、エビの天ぷらロールでした。なんらかの(非常に)奇妙な理由で、私が寿司の気分にならなかった場合、私はいつもエビと野菜の天ぷらを注文しました。私はエビが大好きで、天ぷらの衣で揚げたものは何でも好きです。

私はこれらすべてをとても懐かしく思っているので、手に入れることができません。私はまだ自分で寿司を作ってみたことがありませんが、そうするのはずっと前のことです。私は最初に天ぷらに取り組むことにしました、そして男の子は私がやったことをうれしく思います!シラチャディップソースを使って作るのは実はとても簡単なことです&#8230OMG。レストランの天ぷらに移動!

自宅で完璧な天ぷらを作りたいなら、私のコツに従ってください。まず、すべてが準備され、準備ができていることを確認します あなたはあなたの油を加熱してバッターを作り始めます。これにより、プロセス全体がはるかに簡単になります。

私はすべての野菜を洗い、皮をむき、そして切るのが好きです。次に、エビも準備します。今、あなたは油を加熱し始めることができます&#8211私は大きなダッチオーブンでピーナッツオイルを使います。油が加熱されている間、あなたはねり粉を作ることができます。

この天ぷら生地はとても簡単で、毎回完璧に出てきます。米粉、コーンスターチ、卵黄、セルツァー水を混ぜたものです。卵黄はコクを加え、セルツァーウォーターは素晴らしく軽くて風通しの良い食感を提供します。

油が375ºに加熱されたら、野菜をねり粉に浸し、非常に注意深く油に落とし始めることができます。油を過密にしないように注意してください。そうしないと、ねばねばした/油っぽい食べ物になってしまいます。層が均一になるまで追加し続けますが、何も触れていません。次に、軽く焦げ目がつくまで、軽くひっくり返して1〜2分間調理します。ペーパータオルで水気を切り、繰り返します。

このプロセスは最速ではありませんが、それほど難しくはありません。最終製品はそれだけの価値があります!私はまた、このレシピを完全に先に作ることができることを発見しました。実際、私は実際に残り物を好みました!エビと野菜を完全に冷まし、冷蔵庫の容器に入れて、オーブンを475度に予熱し、天板の上に冷却ラックを置いて、天ぷらをのせました。ラック。私はそれを約20分間焼き、10分後にすべてをひっくり返しました。完全にカリカリになりました!

それでは、最高のディップソースについて話しましょう。これまで。

シラチャは最近ずっとあるようです&#8211そしてそれがおいしいので正当な理由があります!私はディップソースが大好きで、天ぷらを添えた伝統的なソースよりもスパイシーなソースが好きだと思いました。シラチャは頭がおかしいようでした。

あなたがしなければならないのは、マヨネーズ、ライスワインビネガー、そしてあなたの望む量のシラチャを混ぜるだけです。私は大さじ2杯で行きましたが、あなたが好きな熱の量に応じて多かれ少なかれ簡単に使うことができます。

私はソースにライスワインビネガーを使用しました。それはいつも私のパントリーにあり、アジア料理の風味が大好きだからです。ただし、どのタイプの酢でも、レモンジュースやライムジュースでも使用できます。昨日また天ぷらズッキーニのタレを作ってレモン汁を使ってみました&#8211完璧に出ました!

このシラチャソースは私の家では常連になると思います&#8211私もBLTで使用しました。焼き鮭も薄くして小雨を降らせるのもいいと思います。非常に多くの可能性!

天ぷらが好きな人は、家で自分で作ってみてください。好きな野菜を混ぜて使うことができますが、シラチャソースは必需品です!私は頻繁に揚げることはありませんが、揚げるときは必ず揚げます


エビと野菜の天ぷら

なぜ週末が7日のうち2日しかないのか疑問に思ったことはありませんか?週5日と週末2日のコンセプトを思いついた人は、間違いなく私の好きな人ではありません。週末は少なくとも3日である必要があります!ちょうど金曜日だったような気がしますが、今はもう日曜日です。時間は本当に遅くなる必要があります!

私は現在、太陽の下で(私の実家で)鳥の鳴き声を聞いたり、ミツバチが花から花へと移り変わるのを見たり、ハチドリが頭の中でブーンという音を立てたりしています。私は朝が大好きです。それは本当にその日の最高の部分です!

さて、今日のおいしいレシピを始めましょう&#8230

グルテンフリーになる前は、日本食レストランを頻繁に訪れていました。私は毎食、毎日、寿司を食べることができました(そしておそらくある時点で食べることができました)。私が注文したお気に入りのロールの1つは、エビの天ぷらロールでした。なんらかの(非常に)奇妙な理由で、私が寿司の気分にならなかった場合、私はいつもエビと野菜の天ぷらを注文しました。私はエビが大好きで、天ぷらの衣で揚げたものは何でも好きです。

私はこれらすべてをとても懐かしく思っているので、手に入れることができません。私はまだ自分で寿司を作ってみたことがありませんが、そうするのはずっと前のことです。私は最初に天ぷらに取り組むことにしました、そして男の子は私がやったことをうれしく思います!シラチャディップソースを使って作るのは実はとても簡単なことです&#8230OMG。レストランの天ぷらに移動!

自宅で完璧な天ぷらを作りたいなら、私のコツに従ってください。まず、すべてが準備され、準備ができていることを確認します あなたはあなたの油を加熱してバッターを作り始めます。これにより、プロセス全体がはるかに簡単になります。

私はすべての野菜を洗い、皮をむき、そして切るのが好きです。次に、エビも準備します。今、あなたは油を加熱し始めることができます&#8211私は大きなダッチオーブンでピーナッツオイルを使います。油が加熱されている間、あなたはねり粉を作ることができます。

この天ぷら生地はとても簡単で、毎回完璧に出てきます。米粉、コーンスターチ、卵黄、セルツァー水を混ぜたものです。卵黄はコクを加え、セルツァーウォーターは素晴らしく軽くて風通しの良い食感を提供します。

油が375ºに加熱されたら、野菜をねり粉に浸し、非常に注意深く油に落とし始めることができます。油を過密にしないように注意してください。そうしないと、ねばねばした/油っぽい食べ物になってしまいます。層が均一になるまで追加し続けますが、何も触れていません。次に、軽く焦げ目がつくまで、軽くひっくり返して1〜2分間調理します。ペーパータオルで水気を切り、繰り返します。

このプロセスは最速ではありませんが、それほど難しくはありません。最終製品はそれだけの価値があります!私はまた、このレシピを完全に先に作ることができることを発見しました。実際、私は実際に残り物を好みました!エビと野菜を完全に冷まし、冷蔵庫の容器に入れて、オーブンを475度に予熱し、天板の上に冷却ラックを置いて、天ぷらをのせました。ラック。私はそれを約20分間焼き、10分後にすべてをひっくり返しました。完全にカリカリになりました!

それでは、最高のディップソースについて話しましょう。これまで。

シラチャは最近ずっとあるようです&#8211そしてそれがおいしいので正当な理由があります!私はディップソースが大好きで、天ぷらを添えた伝統的なソースよりもスパイシーなソースが好きだと思いました。シラチャは頭がおかしいようでした。

あなたがしなければならないのは、マヨネーズ、ライスワインビネガー、そしてあなたの望む量のシラチャを混ぜるだけです。私は大さじ2杯で行きましたが、あなたが好きな熱の量に応じて多かれ少なかれ簡単に使うことができます。

私はソースにライスワインビネガーを使用しました。それはいつも私のパントリーにあり、アジア料理の風味が大好きだからです。ただし、どのタイプの酢でも、レモンジュースやライムジュースでも使用できます。昨日また天ぷらズッキーニのタレを作ってレモン汁を使ってみました&#8211完璧に出ました!

このシラチャソースは私の家では常連になると思います&#8211私もBLTで使用しました。焼き鮭も薄くして小雨を降らせるのもいいと思います。非常に多くの可能性!

天ぷらが好きな人は、家で自分で作ってみてください。好きな野菜を混ぜて使うことができますが、シラチャソースは必需品です!私は頻繁に揚げることはありませんが、揚げるときは必ず揚げます


エビと野菜の天ぷら

なぜ週末が7日のうち2日しかないのか疑問に思ったことはありませんか?週5日と週末2日のコンセプトを思いついた人は、間違いなく私の好きな人ではありません。週末は少なくとも3日である必要があります!ちょうど金曜日だったような気がしますが、今はもう日曜日です。時間は本当に遅くなる必要があります!

私は現在、太陽の下で(私の実家で)鳥の鳴き声を聞いたり、ミツバチが花から花へと移り変わるのを見たり、ハチドリが頭の中でブーンという音を立てたりしています。私は朝が大好きです。それは本当にその日の最高の部分です!

さて、今日のおいしいレシピを始めましょう&#8230

グルテンフリーになる前は、日本食レストランを頻繁に訪れていました。私は毎食、毎日、寿司を食べることができました(そしておそらくある時点で食べることができました)。私が注文したお気に入りのロールの1つは、エビの天ぷらロールでした。なんらかの(非常に)奇妙な理由で、私が寿司の気分にならなかった場合、私はいつもエビと野菜の天ぷらを注文しました。私はエビが大好きで、天ぷらの衣で揚げたものは何でも好きです。

私はこれらすべてをとても懐かしく思っているので、手に入れることができません。私はまだ自分で寿司を作ってみたことがありませんが、そうするのはずっと前のことです。私は最初に天ぷらに取り組むことにしました、そして男の子は私がやったことをうれしく思います!シラチャディップソースを使って作るのは実はとても簡単なことです&#8230OMG。レストランの天ぷらに移動!

自宅で完璧な天ぷらを作りたいなら、私のコツに従ってください。まず、すべてが準備され、準備ができていることを確認します あなたはあなたの油を加熱してバッターを作り始めます。これにより、プロセス全体がはるかに簡単になります。

私はすべての野菜を洗い、皮をむき、そして切るのが好きです。次に、エビも準備します。今、あなたは油を加熱し始めることができます&#8211私は大きなダッチオーブンでピーナッツオイルを使います。油が加熱されている間、あなたはねり粉を作ることができます。

この天ぷら生地はとても簡単で、毎回完璧に出てきます。米粉、コーンスターチ、卵黄、セルツァー水を混ぜたものです。卵黄はコクを加え、セルツァーウォーターは素晴らしく軽くて風通しの良い食感を提供します。

油が375ºに加熱されたら、野菜をねり粉に浸し、非常に注意深く油に落とし始めることができます。油を過密にしないように注意してください。そうしないと、ねばねばした/油っぽい食べ物になってしまいます。層が均一になるまで追加し続けますが、何も触れていません。次に、軽く焦げ目がつくまで、軽くひっくり返して1〜2分間調理します。ペーパータオルで水気を切り、繰り返します。

このプロセスは最速ではありませんが、それほど難しくはありません。最終製品はそれだけの価値があります!私はまた、このレシピを完全に先に作ることができることを発見しました。実際、私は実際に残り物を好みました!エビと野菜を完全に冷まし、冷蔵庫の容器に入れて、オーブンを475度に予熱し、天板の上に冷却ラックを置いて、天ぷらをのせました。ラック。私はそれを約20分間焼き、10分後にすべてをひっくり返しました。完全にカリカリになりました!

それでは、最高のディップソースについて話しましょう。これまで。

シラチャは最近ずっとあるようです&#8211そしてそれがおいしいので正当な理由があります!私はディップソースが大好きで、天ぷらを添えた伝統的なソースよりもスパイシーなソースが好きだと思いました。シラチャは頭がおかしいようでした。

あなたがしなければならないのは、マヨネーズ、ライスワインビネガー、そしてあなたの望む量のシラチャを混ぜるだけです。私は大さじ2杯で行きましたが、あなたが好きな熱の量に応じて多かれ少なかれ簡単に使うことができます。

私はソースにライスワインビネガーを使用しました。それはいつも私のパントリーにあり、アジア料理の風味が大好きだからです。ただし、どのタイプの酢でも、レモンジュースやライムジュースでも使用できます。昨日また天ぷらズッキーニのタレを作ってレモン汁を使ってみました&#8211完璧に出ました!

このシラチャソースは私の家では常連になると思います&#8211BLTでも使用しました。焼き鮭も薄くして小雨を降らせるのもいいと思います。非常に多くの可能性!

天ぷらが好きな人は、家で自分で作ってみてください。好きな野菜を混ぜて使うことができますが、シラチャソースは必需品です!私は頻繁に揚げることはありませんが、揚げるときは必ず揚げます


エビと野菜の天ぷら

なぜ週末が7日のうち2日しかないのか疑問に思ったことはありませんか?週5日と週末2日のコンセプトを思いついた人は、間違いなく私の好きな人ではありません。週末は少なくとも3日である必要があります!ちょうど金曜日だったような気がしますが、今はもう日曜日です。時間は本当に遅くなる必要があります!

私は現在、太陽の下で(私の実家で)鳥の鳴き声を聞いたり、ミツバチが花から花へと移り変わるのを見たり、ハチドリが頭の中でブーンという音を立てたりしています。私は朝が大好きです。それは本当にその日の最高の部分です!

さて、今日のおいしいレシピを始めましょう&#8230

グルテンフリーになる前は、日本食レストランを頻繁に訪れていました。私は毎食、毎日、寿司を食べることができました(そしておそらくある時点で食べることができました)。私が注文したお気に入りのロールの1つは、エビの天ぷらロールでした。なんらかの(非常に)奇妙な理由で、私が寿司の気分にならなかった場合、私はいつもエビと野菜の天ぷらを注文しました。私はエビが大好きで、天ぷらの衣で揚げたものは何でも好きです。

私はこれらすべてをとても懐かしく思っているので、手に入れることができません。私はまだ自分で寿司を作ってみたことがありませんが、そうするのはずっと前のことです。私は最初に天ぷらに取り組むことにしました、そして男の子は私がやったことをうれしく思います!シラチャディップソースを使って作るのは実はとても簡単なことです&#8230OMG。レストランの天ぷらに移動!

自宅で完璧な天ぷらを作りたいなら、私のコツに従ってください。まず、すべてが準備され、準備ができていることを確認します あなたはあなたの油を加熱してバッターを作り始めます。これにより、プロセス全体がはるかに簡単になります。

私はすべての野菜を洗い、皮をむき、そして切るのが好きです。次に、エビも準備します。今、あなたは油を加熱し始めることができます&#8211私は大きなダッチオーブンでピーナッツオイルを使います。油が加熱されている間、あなたはねり粉を作ることができます。

この天ぷら生地はとても簡単で、毎回完璧に出てきます。米粉、コーンスターチ、卵黄、セルツァー水を混ぜたものです。卵黄はコクを加え、セルツァーウォーターは素晴らしく軽くて風通しの良い食感を提供します。

油が375ºに加熱されたら、野菜をねり粉に浸し、非常に注意深く油に落とし始めることができます。油を過密にしないように注意してください。そうしないと、ねばねばした/油っぽい食べ物になってしまいます。層が均一になるまで追加し続けますが、何も触れていません。次に、軽く焦げ目がつくまで、軽くひっくり返して1〜2分間調理します。ペーパータオルで水気を切り、繰り返します。

このプロセスは最速ではありませんが、それほど難しくはありません。最終製品はそれだけの価値があります!私はまた、このレシピを完全に先に作ることができることを発見しました。実際、私は実際に残り物を好みました!エビと野菜を完全に冷まし、冷蔵庫の容器に入れて、オーブンを475度に予熱し、天板の上に冷却ラックを置いて、天ぷらをのせました。ラック。 I baked it for about 20 minutes, flipping everything after 10 minutes. It came out perfectly crunchy!

Now, let’s talk about the best dipping sauce.これまで。

Sriracha seems to be all over these days – and for good reason since it’s delicious! I love dipping sauces and decided I was in the mood for a spicy one over the traditional sauce that is served with tempura. Sriracha just seemed like a no brainer.

All you have to do is mix up mayo, rice wine vinegar, and your desired amount of sriracha. I went with 2 tablespoons, but you can easily use more or less depending on how much heat you like.

I used rice wine vinegar in the sauce because it’s always in my pantry and I love the flavor with Asian dishes. However, you can use any type of vinegar or even lemon or lime juice. I made this sauce again yesterday for tempura zucchini and used lemon juice – it came out perfect!

I think this sriracha sauce is going to be a regular in my house – I even used it on a BLT. I think it would be great thinned out and drizzled on grilled salmon too. So many possibilities!

If you love tempura you have to try making your own at home. You can use any mixture of veggies you like, but the sriracha sauce is a must have! I don’t fry very often, but when I do I make sure it’s


Shrimp and Vegetable Tempura

Has anyone ever wondered why weekends are only two days out of seven? Whoever came up with the concept of a five day week and a two day weekend is definitely not my favorite person. Weekends should be at least 3 days! I feel like it was just Friday and now it’s already Sunday. Time really needs to slow down!

I’m currently sitting outside in the sun (at my parent’s house) listening to the birds chirp, watching bees go from flower to flower, and have hummingbirds buzzing by my head. I just love mornings. It really is the best part of the day!

Ok, let’s get into today’s delicious recipe…

Before I went gluten-free, I was a frequent visitor to Japanese restaurants. I could eat sushi for every meal, every day of the week (and probably have at one point). One of my favorite rolls to order was a shrimp tempura roll. If for some (very) strange reason, I wasn’t in the mood for sushi, I would always order shrimp and vegetable tempura. I love shrimp and I love anything that’s coated in tempura batter and fried.

I miss all of these things so much now that I can’t have them. I haven’t tried making my own sushi yet, but it won’t be long before I do. I decided to tackle the tempura first and boy am I glad I did! It’s actually a pretty easy thing to make and with the sriracha dipping sauce…OMG. Move over restaurant tempura!

If you want to make perfect tempura at home, follow my tips. First, make sure everything is prepped and ready to go you start heating your oil and making the batter. This just makes the whole process a lot easier.

I like to get all of the vegetables washed, peeled, and cut. Then, have the shrimp ready to go as well. Now you can begin heating up the oil – I use peanut oil in a large dutch oven. While the oil is heating you can make the batter.

This tempura batter is really easy and comes out perfect every time. It’s a mixture of rice flour, cornstarch, an egg yolk, and seltzer water. The egg yolk adds richness while the seltzer water provides a wonderful light and airy texture.

Once your oil is heated to 375º, you can start dipping the veggies in the batter and dropping them very carefully into the oil. Be sure not to overcrowd the oil – otherwise you’ll end up with soggy/oily food. Just keep adding until there is an even layer, but nothing is touching. Then, let them cook for 1-2 minutes flipping gently until they are lightly browned. Drain on paper towels and repeat.

This process isn’t the fastest, but it’s not hard at all. The final product is so worth it! I’ve also discovered that this recipe can be made completely ahead. In fact, I actually preferred the leftovers! All I did was let the shrimp and veggies cool completely, put them in a container in the fridge and then when I was ready to eat I preheated the oven to 475º, placed a cooling rack over a baking sheet and then put the tempura on the rack. I baked it for about 20 minutes, flipping everything after 10 minutes. It came out perfectly crunchy!

Now, let’s talk about the best dipping sauce.これまで。

Sriracha seems to be all over these days – and for good reason since it’s delicious! I love dipping sauces and decided I was in the mood for a spicy one over the traditional sauce that is served with tempura. Sriracha just seemed like a no brainer.

All you have to do is mix up mayo, rice wine vinegar, and your desired amount of sriracha. I went with 2 tablespoons, but you can easily use more or less depending on how much heat you like.

I used rice wine vinegar in the sauce because it’s always in my pantry and I love the flavor with Asian dishes. However, you can use any type of vinegar or even lemon or lime juice. I made this sauce again yesterday for tempura zucchini and used lemon juice – it came out perfect!

I think this sriracha sauce is going to be a regular in my house – I even used it on a BLT. I think it would be great thinned out and drizzled on grilled salmon too. So many possibilities!

If you love tempura you have to try making your own at home. You can use any mixture of veggies you like, but the sriracha sauce is a must have! I don’t fry very often, but when I do I make sure it’s


Shrimp and Vegetable Tempura

Has anyone ever wondered why weekends are only two days out of seven? Whoever came up with the concept of a five day week and a two day weekend is definitely not my favorite person. Weekends should be at least 3 days! I feel like it was just Friday and now it’s already Sunday. Time really needs to slow down!

I’m currently sitting outside in the sun (at my parent’s house) listening to the birds chirp, watching bees go from flower to flower, and have hummingbirds buzzing by my head. I just love mornings. It really is the best part of the day!

Ok, let’s get into today’s delicious recipe…

Before I went gluten-free, I was a frequent visitor to Japanese restaurants. I could eat sushi for every meal, every day of the week (and probably have at one point). One of my favorite rolls to order was a shrimp tempura roll. If for some (very) strange reason, I wasn’t in the mood for sushi, I would always order shrimp and vegetable tempura. I love shrimp and I love anything that’s coated in tempura batter and fried.

I miss all of these things so much now that I can’t have them. I haven’t tried making my own sushi yet, but it won’t be long before I do. I decided to tackle the tempura first and boy am I glad I did! It’s actually a pretty easy thing to make and with the sriracha dipping sauce…OMG. Move over restaurant tempura!

If you want to make perfect tempura at home, follow my tips. First, make sure everything is prepped and ready to go you start heating your oil and making the batter. This just makes the whole process a lot easier.

I like to get all of the vegetables washed, peeled, and cut. Then, have the shrimp ready to go as well. Now you can begin heating up the oil – I use peanut oil in a large dutch oven. While the oil is heating you can make the batter.

This tempura batter is really easy and comes out perfect every time. It’s a mixture of rice flour, cornstarch, an egg yolk, and seltzer water. The egg yolk adds richness while the seltzer water provides a wonderful light and airy texture.

Once your oil is heated to 375º, you can start dipping the veggies in the batter and dropping them very carefully into the oil. Be sure not to overcrowd the oil – otherwise you’ll end up with soggy/oily food. Just keep adding until there is an even layer, but nothing is touching. Then, let them cook for 1-2 minutes flipping gently until they are lightly browned. Drain on paper towels and repeat.

This process isn’t the fastest, but it’s not hard at all. The final product is so worth it! I’ve also discovered that this recipe can be made completely ahead. In fact, I actually preferred the leftovers! All I did was let the shrimp and veggies cool completely, put them in a container in the fridge and then when I was ready to eat I preheated the oven to 475º, placed a cooling rack over a baking sheet and then put the tempura on the rack. I baked it for about 20 minutes, flipping everything after 10 minutes. It came out perfectly crunchy!

Now, let’s talk about the best dipping sauce.これまで。

Sriracha seems to be all over these days – and for good reason since it’s delicious! I love dipping sauces and decided I was in the mood for a spicy one over the traditional sauce that is served with tempura. Sriracha just seemed like a no brainer.

All you have to do is mix up mayo, rice wine vinegar, and your desired amount of sriracha. I went with 2 tablespoons, but you can easily use more or less depending on how much heat you like.

I used rice wine vinegar in the sauce because it’s always in my pantry and I love the flavor with Asian dishes. However, you can use any type of vinegar or even lemon or lime juice. I made this sauce again yesterday for tempura zucchini and used lemon juice – it came out perfect!

I think this sriracha sauce is going to be a regular in my house – I even used it on a BLT. I think it would be great thinned out and drizzled on grilled salmon too. So many possibilities!

If you love tempura you have to try making your own at home. You can use any mixture of veggies you like, but the sriracha sauce is a must have! I don’t fry very often, but when I do I make sure it’s


Shrimp and Vegetable Tempura

Has anyone ever wondered why weekends are only two days out of seven? Whoever came up with the concept of a five day week and a two day weekend is definitely not my favorite person. Weekends should be at least 3 days! I feel like it was just Friday and now it’s already Sunday. Time really needs to slow down!

I’m currently sitting outside in the sun (at my parent’s house) listening to the birds chirp, watching bees go from flower to flower, and have hummingbirds buzzing by my head. I just love mornings. It really is the best part of the day!

Ok, let’s get into today’s delicious recipe…

Before I went gluten-free, I was a frequent visitor to Japanese restaurants. I could eat sushi for every meal, every day of the week (and probably have at one point). One of my favorite rolls to order was a shrimp tempura roll. If for some (very) strange reason, I wasn’t in the mood for sushi, I would always order shrimp and vegetable tempura. I love shrimp and I love anything that’s coated in tempura batter and fried.

I miss all of these things so much now that I can’t have them. I haven’t tried making my own sushi yet, but it won’t be long before I do. I decided to tackle the tempura first and boy am I glad I did! It’s actually a pretty easy thing to make and with the sriracha dipping sauce…OMG. Move over restaurant tempura!

If you want to make perfect tempura at home, follow my tips. First, make sure everything is prepped and ready to go you start heating your oil and making the batter. This just makes the whole process a lot easier.

I like to get all of the vegetables washed, peeled, and cut. Then, have the shrimp ready to go as well. Now you can begin heating up the oil – I use peanut oil in a large dutch oven. While the oil is heating you can make the batter.

This tempura batter is really easy and comes out perfect every time. It’s a mixture of rice flour, cornstarch, an egg yolk, and seltzer water. The egg yolk adds richness while the seltzer water provides a wonderful light and airy texture.

Once your oil is heated to 375º, you can start dipping the veggies in the batter and dropping them very carefully into the oil. Be sure not to overcrowd the oil – otherwise you’ll end up with soggy/oily food. Just keep adding until there is an even layer, but nothing is touching. Then, let them cook for 1-2 minutes flipping gently until they are lightly browned. Drain on paper towels and repeat.

This process isn’t the fastest, but it’s not hard at all. The final product is so worth it! I’ve also discovered that this recipe can be made completely ahead. In fact, I actually preferred the leftovers! All I did was let the shrimp and veggies cool completely, put them in a container in the fridge and then when I was ready to eat I preheated the oven to 475º, placed a cooling rack over a baking sheet and then put the tempura on the rack. I baked it for about 20 minutes, flipping everything after 10 minutes. It came out perfectly crunchy!

Now, let’s talk about the best dipping sauce.これまで。

Sriracha seems to be all over these days – and for good reason since it’s delicious! I love dipping sauces and decided I was in the mood for a spicy one over the traditional sauce that is served with tempura. Sriracha just seemed like a no brainer.

All you have to do is mix up mayo, rice wine vinegar, and your desired amount of sriracha. I went with 2 tablespoons, but you can easily use more or less depending on how much heat you like.

I used rice wine vinegar in the sauce because it’s always in my pantry and I love the flavor with Asian dishes. However, you can use any type of vinegar or even lemon or lime juice. I made this sauce again yesterday for tempura zucchini and used lemon juice – it came out perfect!

I think this sriracha sauce is going to be a regular in my house – I even used it on a BLT. I think it would be great thinned out and drizzled on grilled salmon too. So many possibilities!

If you love tempura you have to try making your own at home. You can use any mixture of veggies you like, but the sriracha sauce is a must have! I don’t fry very often, but when I do I make sure it’s