新しいレシピ

メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの受賞者がいます!

メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの受賞者がいます!

エメリル・ラガッセが署名したこの新しい本を獲得するチャンスのために、お気に入りのパレードの伝統を共有してください

更新しました: 私たちはのための勝者を持っています メイシーズ料理評議会感謝祭&ホリデークックブック!おめでとう mtncook825 テレビでパレードを見るという感謝祭の伝統は、自家製のマフィン、スコーン、ソファの上のコーヒーでいつも楽しくなっています。エメリル・ラガッセが署名した料理本のコピーを勝ち取りました。参加してくれたすべての人に感謝します!

パレードの85周年を祝うために、私たちはメイシーズ料理評議会とそのすべての新しいものと協力して、お祭りを早く始めています サンクスギビング&ホリデークックブック。キャットコーラ、ウルフギャングパック、マーカスサミュエルソンなどのシェフからの食欲をそそるレシピと役立つアドバイスが満載のこの本は、ホリデーパーティーを計画するときに手元にあるものです。

そして、発売前にエメリル・ラガッセが署名したコピーをプレゼントします!

参加するには、ログインしてコメントを残し、お気に入りの感謝祭の伝統を共有してください。

コンテストは10月12日に終了しますので、ここで勝者を発表する時期については13日にもう一度チェックしてください。また、Facebookと ツイッター。幸運を!

アイアンシェフのキャットコーラとエメリルラガッセが感謝祭の朝を祝う方法を見るには、ここをクリックしてください!


トークイン&#8217トルコとマークフォルジョーネ

昨日はニューヨーク市でとてつもなく絵のように美しい秋の日でした。何か素晴らしいことが起きようとしているような気分になる日です。にとって マーク・フォルジョーネ、しました。 32歳の現役の鉄人シェフは昨日、トライベッカにある彼の名を冠したレストランがミシュランの星を獲得し、市内のエリートレストランの1つに数えられたというニュースを受け取りました。

私がドアを通り抜けてフォルジオーネに会ったとき、彼は農家のようなスペースのメインダイニングルームにある大きなテーブルの1つでスタッフに話しかけていました。焼きたてのディナーロールがいっぱい入ったトレイが見える(そして匂いがする)バーの席に着きました。数人の迷子のスタッフがディナーサービスの準備をしていると騒ぎ、有名なモホークのシェフが夜のメニューについて話し、ミシュランを3年連続でうなずくことが重要だと考えました。心からの拍手が続き、仕事に戻りました。

数分後、彼の署名の黒いシェフ​​のコートを着たForgioneが私に挨拶しました。私たちは七面鳥について話すためにそこにいました。具体的には、メイシーズ料理評議会の新しい料理本への彼の貢献は、おいしい響きの七面鳥の脚のルラードレシピを含みます。 (メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの詳細については、女性の日をご覧ください)。しかし、私は過去数年間にフォルジョーネに起こったことすべてについて尋ねることに抵抗できませんでした。驚くべきアイアンシェフの勝利、ミシュランの星、父親のラリーフォルジョーネの近くで料理のランクを上げ、ニューアメリカン料理のゴッドファーザーと見なされました。季節ごとの準備に大きな影響を与えます。

&#8220この場所の歴史を知っているかどうかわかりません&#8221Forgioneは私に言って、私が死んでいるのを見ています。 &#8220しかし、私たちはシャットダウンから数日離れていました。経済は悪かった。私は、おそらく私が間違った決定をしたのではないかと考え始めていました。私が料理していたものは私にとっては正しいのかもしれませんが、顧客にとっては正しくなかったのです。&#8221

しかし、彼は頑張ってミシュランとニューヨークタイムズのスター(後者の場合は2つ)を獲得し、2010年には次のアイアンシェフとして全国的に有名になりました。それ以来、彼は通りで立ち止まるのに十分なほど認識できるようになりました。最近、ウィスコンシンを旅行中にファンに見られたと彼は言います。ある年にニューヨークのダイニングシーンで失敗した無数のレストランのほぼ1つが、新鮮な食材を使った料理を提供する近所の目的地から、食通の旅行者の旅程で必見のスポットとなった食事の目的地に行きました。

名声と称賛により、一部のシェフは急速に拡大し、キッチンで過ごす時間が減りますが、Forgioneはトレンドに逆らうことに喜びを感じていると言います。彼は、料理の鉄人や他のテレビ出演が彼に与える地位に感謝している一方で、有名人のシェフが今や若い料理人が望んでいるものであるという事実を非難します。 &#8220私はあなたにこれを保証します—&#8221彼は言います、激しいものからほとんど怖いものに成長しました、&#8220今日の有名人シェフである誰も彼らが有名人シェフになりたいと言って彼らのキャリアを始めませんでした。私は何年もストーブの後ろで働きました。森本は何年もの間、ストーブの後ろで働いていました。&#8221

少し明るくなったと彼は言います。&#8220顧客はレストランに足を踏み入れ、キッチンで料理をしている私を見てショックを受けました。私はそれが好きです。&#8221

料理とレストランへの献身に加えて、Forgioneはコミュニティに参加するのが大好きです。メイシーズの料理本では、彼はエメリルラガッセ、キャットコーラ、マーカスサミュエルソン、リックベイレスなどに加わり、感謝祭の名作を巧妙に紡ぎます。彼は、子供の頃、七面鳥の脚の2本のうちの1本からジューシーな黒身の肉を争うのが嫌だったので、七面鳥​​の脚のルラードのレシピを開発しました。

また、彼は慈善活動も強化し、11月15日にレストランMarc Forgioneで開催されたイベントの先頭に立って、米国で最も重要な飢餓救済組織であるFeeding Americaに利益をもたらしました。最低1,000ドルの利益、&#8220Coast To Coast Wine and Dine、&#8221は、NYCのミケリンスターの5人のシェフ(AVoceのMissyRobbins、GiltのJustin Bogle、PublicのBrad Farmerie、DovetailのJohn Fraser)が、最もよく5人の料理と組み合わせて料理を提供しています。有名なナパのワインメーカー。これは、東海岸のシェフと西海岸のワインの有望な組み合わせですが、主な目標は、空腹の人を養うのを助けることです。

チャリティーのためのイベントを行うことは自然に起こります、とForgioneは言います。 &#8220私はいつも与えています。私は人々のために料理をします。&#8221アーメン。


トークイン&#8217トルコとマークフォルジョーネ

昨日はニューヨーク市でとてつもなく絵のように美しい秋の日でした。何か素晴らしいことが起きようとしているような気分になる日です。にとって マーク・フォルジョーネ、しました。 32歳の現役の鉄人シェフは昨日、トライベッカにある彼の名を冠したレストランがミシュランの星を獲得し、市内のエリートレストランの1つに数えられたというニュースを受け取りました。

私がドアを通り抜けてフォルジオーネに会ったとき、彼は農家のようなスペースのメインダイニングルームにある大きなテーブルの1つでスタッフに話しかけていました。焼きたてのディナーロールがいっぱい入ったトレイが見える(そして匂いがする)バーの席に着きました。数人の迷子のスタッフがディナーサービスの準備をしていると騒ぎ、有名なモホークのシェフが夜のメニューについて話し、ミシュランを3年連続でうなずくことが重要だと考えました。心からの拍手が続き、仕事に戻りました。

数分後、彼の署名の黒いシェフ​​のコートを着たForgioneが私に挨拶しました。私たちは七面鳥について話すためにそこにいました。具体的には、メイシーズ料理評議会の新しい料理本への彼の貢献は、おいしい響きの七面鳥の脚のルラードレシピを含みます。 (メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの詳細については、女性の日をご覧ください)。しかし、私は過去数年間にフォルジョーネに起こったことすべてについて尋ねることに抵抗できませんでした。驚くべきアイアンシェフの勝利、ミシュランの星、父親のラリーフォルジョーネの近くで料理のランクを上げ、ニューアメリカン料理のゴッドファーザーと見なされました。季節ごとの準備に大きな影響を与えます。

&#8220この場所の歴史を知っているかどうかわかりません&#8221Forgioneは私に言って、私が死んでいるのを見ています。 &#8220しかし、私たちはシャットダウンから数日離れていました。経済は悪かった。私は、おそらく私が間違った決定をしたのではないかと考え始めていました。私が料理していたものは私にとっては正しいのかもしれませんが、顧客にとっては正しくなかったのです。&#8221

しかし、彼は頑張ってミシュランとニューヨークタイムズのスター(後者の場合は2つ)を獲得し、2010年には次のアイアンシェフとして全国的に有名になりました。それ以来、彼は通りで立ち止まるのに十分なほど認識できるようになりました。最近、ウィスコンシンを旅行中にファンに見られたと彼は言います。ある年にニューヨークのダイニングシーンで失敗した無数のレストランのほぼ1つが、新鮮な食材を使った料理を提供する近所の目的地から、食通の旅行者の旅程で必見のスポットとなった食事の目的地に行きました。

名声と称賛により、一部のシェフは急速に拡大し、キッチンで過ごす時間が少なくなりますが、Forgioneはトレンドに逆らうことに喜びを感じていると言います。彼は、料理の鉄人や他のテレビ出演が彼に与える地位に感謝している一方で、有名人のシェフが今や若い料理人が望んでいるものであるという事実を非難します。 &#8220私はあなたにこれを保証します—&#8221彼は言います、激しいものからほとんど怖いものに成長しました、&#8220今日の有名人シェフである誰も彼らが有名人シェフになりたいと言って彼らのキャリアを始めませんでした。私は何年もストーブの後ろで働きました。森本は何年もの間、ストーブの後ろで働いていました。&#8221

少し明るくなったと彼は言います。&#8220顧客はレストランに足を踏み入れ、キッチンで料理をしている私を見てショックを受けました。私はそれが好きです。&#8221

料理とレストランへの献身に加えて、Forgioneはコミュニティに参加するのが大好きです。メイシーズの料理本では、彼はエメリルラガッセ、キャットコーラ、マーカスサミュエルソン、リックベイレスなどに加わり、感謝祭の名作を巧妙に紡ぎます。彼は、子供の頃、七面鳥の脚の2本のうちの1本からジューシーな黒身の肉を争うのが嫌だったので、七面鳥​​の脚のルラードのレシピを開発しました。

また、彼は慈善活動も強化し、11月15日にレストランMarc Forgioneで開催されたイベントの先頭に立って、米国で最も重要な飢餓救済組織であるFeeding Americaに利益をもたらしました。最低1,000ドルの利益、&#8220Coast To Coast Wine and Dine、&#8221は、NYCのミケリンスターの5人のシェフ(彼自身と仲間のA VoceのMissyRobbins、GiltのJustin Bogle、PublicのBrad Farmerie、DovetailのJohn Fraser)が、最もよく5人とペアになる料理を提供しています-有名なナパのワインメーカー。これは、東海岸のシェフと西海岸のワインの有望な組み合わせですが、主な目標は、空腹の人を養うのを助けることです。

チャリティーのためのイベントを行うことは自然に起こります、とForgioneは言います。 &#8220私はいつも与えています。私は人々のために料理をします。&#8221アーメン。


トークイン&#8217トルコとマークフォルジョーネ

昨日はニューヨーク市でとてつもなく絵のように美しい秋の日でした。何か素晴らしいことが起きようとしているような気分になる日です。にとって マーク・フォルジョーネ、しました。 32歳の現役の鉄人シェフは昨日、トライベッカにある彼の名を冠したレストランがミシュランの星を獲得し、市内のエリートレストランの1つに数えられたというニュースを受け取りました。

私がドアを通り抜けてフォルジオーネに会ったとき、彼は農家のようなスペースのメインダイニングルームにある大きなテーブルの1つでスタッフに話しかけていました。焼きたてのディナーロールがいっぱい入ったトレイが見える(そして匂いがする)バーの席に着きました。数人の迷子のスタッフがディナーサービスの準備をしていると騒ぎ、有名なモホークのシェフが夜のメニューについて話し、ミシュランを3年連続でうなずくことが重要だと考えました。心からの拍手が続き、仕事に戻りました。

数分後、彼の署名の黒いシェフ​​のコートを着たForgioneが私に挨拶しました。私たちは七面鳥について話すためにそこにいました。具体的には、メイシーズ料理評議会の新しい料理本への彼の貢献は、おいしい響きの七面鳥の脚のルラードレシピを含みます。 (メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの詳細については、女性の日をご覧ください)。しかし、私は過去数年間にフォルジョーネに起こったことすべてについて尋ねることに抵抗できませんでした。驚くべきアイアンシェフの勝利、ミシュランの星、父親のラリーフォルジョーネの近くで料理のランクを上げ、ニューアメリカン料理のゴッドファーザーと見なされました。季節ごとの準備に大きな影響を与えます。

&#8220この場所の歴史を知っているかどうかわかりません&#8221Forgioneは私に言って、私が死んでいるのを見ています。 &#8220しかし、私たちはシャットダウンから数日離れていました。経済は悪かった。私は、おそらく私が間違った決定をしたのではないかと考え始めていました。私が料理していたものは私にとっては正しいのかもしれませんが、顧客にとっては正しくなかったのです。&#8221

しかし、彼は頑張ってミシュランとニューヨークタイムズのスター(後者の場合は2つ)を獲得し、2010年には次のアイアンシェフとして全国的に有名になりました。それ以来、彼は通りで立ち止まるのに十分なほど認識できるようになりました。最近、ウィスコンシンを旅行中にファンに見られたと彼は言います。ある年にニューヨークのダイニングシーンで失敗した無数のレストランのほぼ1つが、新鮮な食材を使った料理を提供する近所の目的地から、食通の旅行者の旅程で必見のスポットとなった食事の目的地に行きました。

名声と称賛により、一部のシェフは急速に拡大し、キッチンで過ごす時間が少なくなりますが、Forgioneはトレンドに逆らうことに喜びを感じていると言います。彼は、料理の鉄人や他のテレビ出演が彼に与える地位に感謝している一方で、有名人のシェフが今や若い料理人が望んでいるものであるという事実を非難します。 &#8220私はあなたにこれを保証します—&#8221彼は言います、激しいものからほとんど怖いものに成長しました、&#8220今日の有名人シェフである誰も彼らが有名人シェフになりたいと言って彼らのキャリアを始めませんでした。私は何年もストーブの後ろで働きました。森本は何年もの間、ストーブの後ろで働いていました。&#8221

少し明るくなったと彼は言います。&#8220顧客はレストランに足を踏み入れ、キッチンで料理をしている私を見てショックを受けました。私はそれが好きです。&#8221

料理とレストランへの献身に加えて、Forgioneはコミュニティに参加するのが大好きです。メイシーズの料理本では、彼はエメリルラガッセ、キャットコーラ、マーカスサミュエルソン、リックベイレスなどに加わり、感謝祭の名作を巧妙に紡ぎます。彼は、子供の頃、七面鳥の脚の2本のうちの1本からジューシーな黒身の肉を争うのが嫌だったので、七面鳥​​の脚のルラードのレシピを開発しました。

また、彼は慈善活動も強化し、11月15日にレストランMarc Forgioneで開催されたイベントの先頭に立って、米国で最も重要な飢餓救済組織であるFeeding Americaに利益をもたらしました。最低1,000ドルの利益、&#8220Coast To Coast Wine and Dine、&#8221は、NYCのミケリンスターの5人のシェフ(彼自身と仲間のA VoceのMissyRobbins、GiltのJustin Bogle、PublicのBrad Farmerie、DovetailのJohn Fraser)が、最もよく5人とペアになる料理を提供しています-有名なナパのワインメーカー。これは、東海岸のシェフと西海岸のワインの有望な組み合わせですが、主な目標は、空腹の人を養うのを助けることです。

チャリティーのためのイベントを行うことは自然に起こります、とForgioneは言います。 &#8220私はいつも与えています。私は人々のために料理をします。&#8221アーメン。


トークイン&#8217トルコとマークフォルジョーネ

昨日はニューヨーク市でとてつもなく絵のように美しい秋の日でした。何か素晴らしいことが起きようとしているような気分になる日です。にとって マーク・フォルジョーネ、しました。 32歳の現役の鉄人シェフは昨日、トライベッカにある彼の名を冠したレストランがミシュランの星を獲得し、市内のエリートレストランの1つに数えられたというニュースを受け取りました。

私がドアを通り抜けてフォルジオーネに会ったとき、彼は農家のようなスペースのメインダイニングルームにある大きなテーブルの1つでスタッフに話しかけていました。焼きたてのディナーロールがいっぱい入ったトレイが見える(そして匂いがする)バーの席に着きました。数人の迷子のスタッフがディナーサービスの準備をしていると騒ぎ、有名なモホークのシェフが夜のメニューについて話し、ミシュランを3年連続でうなずくことが重要だと考えました。心からの拍手が続き、仕事に戻りました。

数分後、彼の署名の黒いシェフ​​のコートを着たForgioneが私に挨拶しました。私たちは七面鳥について話すためにそこにいました。具体的には、メイシーズ料理評議会の新しい料理本への彼の貢献は、おいしい響きの七面鳥の脚のルラードレシピを含みます。 (メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの詳細については、女性の日をご覧ください)。しかし、私は過去数年間にフォルジョーネに起こったことすべてについて尋ねることに抵抗できませんでした。驚くべきアイアンシェフの勝利、ミシュランの星、父親のラリーフォルジョーネの近くで料理のランクを上げ、ニューアメリカン料理のゴッドファーザーと見なされました。季節ごとの準備に大きな影響を与えます。

&#8220この場所の歴史を知っているかどうかわかりません&#8221Forgioneは私に言って、私が死んでいるのを見ています。 &#8220しかし、私たちはシャットダウンから数日離れていました。経済は悪かった。私は、おそらく私が間違った決定をしたのではないかと考え始めていました。私が料理していたものは私にとっては正しいのかもしれませんが、顧客にとっては正しくなかったのです。&#8221

しかし、彼は頑張ってミシュランとニューヨークタイムズのスター(後者の場合は2つ)を獲得し、2010年には次のアイアンシェフとして全国的に有名になりました。それ以来、彼は通りで立ち止まるのに十分なほど認識できるようになりました。最近、ウィスコンシンを旅行中にファンに見られたと彼は言います。ある年にニューヨークのダイニングシーンで失敗した無数のレストランのほぼ1つが、新鮮な食材を使った料理を提供する近所の目的地から、食通の旅行者の旅程で必見のスポットとなった食事の目的地に行きました。

名声と称賛により、一部のシェフは急速に拡大し、キッチンで過ごす時間が減りますが、Forgioneはトレンドに逆らうことに喜びを感じていると言います。彼は、料理の鉄人や他のテレビ出演が彼に与える地位に感謝している一方で、有名人のシェフが今や若い料理人が望んでいるものであるという事実を非難します。 &#8220私はあなたにこれを保証します—&#8221彼は言います、激しいものからほとんど怖いものに成長しました、&#8220今日の有名人シェフである誰も彼らが有名人シェフになりたいと言って彼らのキャリアを始めませんでした。私は何年もストーブの後ろで働きました。森本は何年もの間、ストーブの後ろで働いていました。&#8221

少し明るくなったと彼は言います。&#8220顧客はレストランに足を踏み入れ、キッチンで料理をしている私を見てショックを受けました。私はそれが好きです。&#8221

料理とレストランへの献身に加えて、Forgioneはコミュニティに参加するのが大好きです。メイシーズの料理本では、彼はエメリルラガッセ、キャットコーラ、マーカスサミュエルソン、リックベイレスなどに加わり、感謝祭の名作を巧妙に紡ぎます。彼は、子供の頃、七面鳥の脚の2本のうちの1本からジューシーな黒身の肉を争うのが嫌だったので、七面鳥​​の脚のルラードのレシピを開発しました。

また、彼は慈善活動も強化し、11月15日にレストランMarc Forgioneで開催されたイベントの先頭に立って、米国で最も重要な飢餓救済組織であるFeeding Americaに利益をもたらしました。最低1,000ドルの利益、&#8220Coast To Coast Wine and Dine、&#8221は、NYCのミケリンスターの5人のシェフ(AVoceのMissyRobbins、GiltのJustin Bogle、PublicのBrad Farmerie、DovetailのJohn Fraser)が、最もよく5人の料理と組み合わせて料理を提供しています。有名なナパのワインメーカー。これは、東海岸のシェフと西海岸のワインの有望な組み合わせですが、主な目標は、空腹の人を養うのを助けることです。

チャリティーのためのイベントを行うことは自然に起こります、とForgioneは言います。 &#8220私はいつも与えています。私は人々のために料理をします。&#8221アーメン。


トークイン&#8217トルコとマークフォルジョーネ

昨日はニューヨーク市でとてつもなく絵のように美しい秋の日でした。何か素晴らしいことが起きようとしているような気分になる日です。にとって マーク・フォルジョーネ、しました。 32歳の現役の鉄人シェフは昨日、トライベッカにある彼の名を冠したレストランがミシュランの星を獲得し、市内のエリートレストランの1つに数えられたというニュースを受け取りました。

私がドアを通り抜けてフォルジオーネに会ったとき、彼は農家のようなスペースのメインダイニングルームにある大きなテーブルの1つでスタッフに話しかけていました。焼きたてのディナーロールがいっぱい入ったトレイが見える(そして匂いがする)バーの席に着きました。数人の迷子のスタッフがディナーサービスの準備をしていると騒ぎ、有名なモホークのシェフが夜のメニューについて話し、ミシュランを3年連続でうなずくことが重要だと考えました。心からの拍手が続き、仕事に戻りました。

数分後、彼の署名の黒いシェフ​​のコートを着たForgioneが私に挨拶しました。私たちは七面鳥について話すためにそこにいました。具体的には、メイシーズ料理評議会の新しい料理本への彼の貢献は、おいしい響きの七面鳥の脚のルラードレシピを含みます。 (メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの詳細については、女性の日をご覧ください)。しかし、私は過去数年間にフォルジョーネに起こったことすべてについて尋ねることに抵抗できませんでした。驚くべきアイアンシェフの勝利、ミシュランの星、父親のラリーフォルジョーネの近くで料理のランクを上げ、ニューアメリカン料理のゴッドファーザーと見なされました。季節ごとの準備に大きな影響を与えます。

&#8220この場所の歴史を知っているかどうかわかりません&#8221Forgioneは私に言って、私が死んでいるのを見ています。 &#8220しかし、私たちはシャットダウンから数日離れていました。経済は悪かった。私は、おそらく私が間違った決定をしたのではないかと考え始めていました。私が料理していたものは私にとっては正しいのかもしれませんが、顧客にとっては正しくなかったのです。&#8221

しかし、彼は頑張ってミシュランとニューヨークタイムズのスター(後者の場合は2つ)を獲得し、2010年には次のアイアンシェフとして全国的に有名になりました。それ以来、彼は通りで立ち止まるのに十分なほど認識できるようになりました。最近、ウィスコンシンを旅行中にファンに見られたと彼は言います。ある年にニューヨークのダイニングシーンで失敗した無数のレストランのほぼ1つが、新鮮な食材を使った料理を提供する近所の目的地から、食通の旅行者の旅程で必見のスポットとなった食事の目的地に行きました。

名声と称賛により、一部のシェフは急速に拡大し、キッチンで過ごす時間が少なくなりますが、Forgioneはトレンドに逆らうことに喜びを感じていると言います。彼は、料理の鉄人や他のテレビ出演が彼に与える地位に感謝している一方で、有名人のシェフが今や若い料理人が望んでいるものであるという事実を非難します。 &#8220私はあなたにこれを保証します—&#8221彼は言います、激しいものからほとんど怖いものに成長しました、&#8220今日の有名人シェフである誰も彼らが有名人シェフになりたいと言って彼らのキャリアを始めませんでした。私は何年もストーブの後ろで働きました。森本は何年もの間、ストーブの後ろで働いていました。&#8221

少し明るくなったと彼は言います。&#8220顧客はレストランに足を踏み入れ、キッチンで料理をしている私を見てショックを受けました。私はそれが好きです。&#8221

料理とレストランへの献身に加えて、Forgioneはコミュニティに参加するのが大好きです。メイシーズの料理本では、彼はエメリルラガッセ、キャットコーラ、マーカスサミュエルソン、リックベイレスなどに加わり、感謝祭の名作を巧みに紡ぎます。彼は、子供の頃、七面鳥の脚の2本のうちの1本からジューシーな黒身の肉を争うのが嫌だったので、七面鳥​​の脚のルラードのレシピを開発しました。

また、彼は慈善活動も強化し、11月15日にレストランMarc Forgioneで開催されたイベントの先頭に立って、米国で最も重要な飢餓救済組織であるFeeding Americaに利益をもたらしました。最低1,000ドルの利益、&#8220Coast To Coast Wine and Dine、&#8221は、NYCのミケリンスターの5人のシェフ(AVoceのMissyRobbins、GiltのJustin Bogle、PublicのBrad Farmerie、DovetailのJohn Fraser)が、最もよく5人の料理と組み合わせて料理を提供しています。有名なナパのワインメーカー。これは、東海岸のシェフと西海岸のワインの有望な組み合わせですが、主な目標は、空腹の人を養うのを助けることです。

チャリティーのためのイベントを行うことは自然に起こります、とForgioneは言います。 &#8220私はいつも与えています。私は人々のために料理をします。&#8221アーメン。


トークイン&#8217トルコとマークフォルジョーネ

昨日はニューヨーク市でとてつもなく絵のように美しい秋の日でした。何か素晴らしいことが起きようとしているような気分になる日です。にとって マーク・フォルジョーネ、しました。 32歳の現役の鉄人シェフは昨日、トライベッカにある彼の名を冠したレストランがミシュランの星を獲得し、市内のエリートレストランの1つに数えられたというニュースを受け取りました。

私がドアを通り抜けてフォルジオーネに会ったとき、彼は農家のようなスペースのメインダイニングルームにある大きなテーブルの1つでスタッフに話しかけていました。焼きたてのディナーロールがいっぱい入ったトレイが見える(そして匂いがする)バーの席に着きました。数人の迷子のスタッフがディナーサービスの準備をしていると騒ぎ、有名なモホークのシェフが夜のメニューについて話し、ミシュランを3年連続でうなずくことが重要だと考えました。心からの拍手が続き、仕事に戻りました。

数分後、彼の署名の黒いシェフ​​のコートを着たForgioneが私に挨拶しました。私たちは七面鳥について話すためにそこにいました。具体的には、メイシーズ料理評議会の新しい料理本への彼の貢献は、おいしい響きの七面鳥の脚のルラードレシピを含みます。 (メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの詳細については、女性の日をご覧ください)。しかし、私は過去数年間にフォルジョーネに起こったことすべてについて尋ねることに抵抗できませんでした。驚くべきアイアンシェフの勝利、ミシュランの星、父親のラリーフォルジョーネの近くで料理のランクを上げ、ニューアメリカン料理のゴッドファーザーと見なされました。季節ごとの準備に大きな影響を与えます。

&#8220この場所の歴史を知っているかどうかわかりません&#8221Forgioneは私に言って、私が死んでいるのを見ています。 &#8220しかし、私たちはシャットダウンから数日離れていました。経済は悪かった。私は、おそらく私が間違った決定をしたのではないかと考え始めていました。私が料理していたものは私にとっては正しいのかもしれませんが、顧客にとっては正しくなかったのです。&#8221

しかし、彼は頑張ってミシュランとニューヨークタイムズのスター(後者の場合は2つ)を獲得し、2010年には次のアイアンシェフとして全国的に有名になりました。それ以来、彼は通りで立ち止まるのに十分なほど認識できるようになりました。最近、ウィスコンシンを旅行中にファンに見られたと彼は言います。ある年にニューヨークのダイニングシーンで失敗した無数のレストランのほぼ1つが、新鮮な食材を使った料理を提供する近所の目的地から、食通の旅行者の旅程で必見のスポットとなった食事の目的地に行きました。

名声と称賛により、一部のシェフは急速に拡大し、キッチンで過ごす時間が少なくなりますが、Forgioneはトレンドに逆らうことに喜びを感じていると言います。彼は、料理の鉄人や他のテレビ出演が彼に与える地位に感謝している一方で、有名人のシェフが今や若い料理人が望んでいるものであるという事実を非難します。 &#8220私はあなたにこれを保証します—&#8221彼は言います、激しいものからほとんど怖いものに成長しました、&#8220今日の有名人シェフである誰も彼らが有名人シェフになりたいと言って彼らのキャリアを始めませんでした。私は何年もストーブの後ろで働きました。森本は何年もの間、ストーブの後ろで働いていました。&#8221

少し明るくなったと彼は言います。&#8220顧客はレストランに足を踏み入れ、キッチンで料理をしている私を見てショックを受けました。私はそれが好きです。&#8221

料理とレストランへの献身に加えて、Forgioneはコミュニティに参加するのが大好きです。メイシーズの料理本では、彼はエメリルラガッセ、キャットコーラ、マーカスサミュエルソン、リックベイレスなどに加わり、感謝祭の名作を巧妙に紡ぎます。彼は、子供の頃、七面鳥の脚の2本のうちの1本からジューシーな黒身の肉を争うのが嫌だったので、七面鳥​​の脚のルラードのレシピを開発しました。

また、彼は慈善活動も強化し、11月15日にレストランMarc Forgioneで開催されたイベントの先頭に立って、米国で最も重要な飢餓救済組織であるFeeding Americaに利益をもたらしました。最低1,000ドルの利益、&#8220Coast To Coast Wine and Dine、&#8221は、NYCのミケリンスターの5人のシェフ(AVoceのMissyRobbins、GiltのJustin Bogle、PublicのBrad Farmerie、DovetailのJohn Fraser)が、最もよく5人の料理と組み合わせて料理を提供しています。有名なナパのワインメーカー。これは、東海岸のシェフと西海岸のワインの有望な組み合わせですが、主な目標は、空腹の人を養うのを助けることです。

チャリティーのためのイベントを行うことは自然に起こります、とForgioneは言います。 &#8220私はいつも与えています。私は人々のために料理をします。&#8221アーメン。


トークイン&#8217トルコとマークフォルジョーネ

昨日はニューヨーク市でとてつもなく絵のように美しい秋の日でした。何か素晴らしいことが起きようとしているような気分になる日です。にとって マーク・フォルジョーネ、しました。 32歳の現役の鉄人シェフは昨日、トライベッカにある彼の名を冠したレストランがミシュランの星を獲得し、市内のエリートレストランの1つに数えられたというニュースを受け取りました。

私がドアを通り抜けてフォルジオーネに会ったとき、彼は農家のようなスペースのメインダイニングルームにある大きなテーブルの1つでスタッフに話しかけていました。焼きたてのディナーロールがいっぱい入ったトレイが見える(そして匂いがする)バーの席に着きました。数人の迷子のスタッフがディナーサービスの準備をしていると騒ぎ、有名なモホークのシェフが夜のメニューについて話し、ミシュランを3年連続でうなずくことが重要だと考えました。心からの拍手が続き、仕事に戻りました。

数分後、彼の署名の黒いシェフ​​のコートを着たForgioneが私に挨拶しました。私たちは七面鳥について話すためにそこにいました。具体的には、メイシーズ料理評議会の新しい料理本への彼の貢献は、おいしい響きの七面鳥の脚のルラードレシピを含みます。 (メイシーズ料理評議会の感謝祭とホリデークックブックの詳細については、女性の日をご覧ください)。 But I couldn’t resist asking about all that has happened to Forgione over the past few years — the surprising Iron Chef victory, the Michelin stars, his ascension up the culinary ranks near his father Larry Forgione, considered the godfather of New American cooking and a huge influence on seasonal-driven preparation.

“I don’t know if you know the history of this place,” Forgione tells me, looking me dead in the eye. “But we were days away from shutting down. The economy was bad. I was starting to think that maybe I’d made a wrong decision — that what I was cooking was right for me maybe but it wasn’t right for the customers.”

He persevered, however, winning Michelin and New York Times stars (two in the latter case), and then of course surging to national fame in 2010 as The Next Iron Chef. Ever since, he has become recognizable enough to get stopped in the streets — recently he was spotted by fans while traveling in Wisconsin, he says “It’s taken a little getting used to.” And Restaurant Marc Forgione, which was almost one of the myriad failed restaurants in NYC’s dining scene in a given year, went from neighborhood destination serving fresh-ingredient-driven cooking to dining destination, a spot that has become a must-visit on any foodie traveler’s itinerary.

While the fame and accolades would drive some chefs to rapidly expand and spend less time in the kitchen, Forgione says he revels in defying trends. While he is thankful for the status that Iron Chef and other TV appearances afford him, he decries the fact that celebrity chefdom is something that young cooks now aspire to. “I guarantee you this—” he says, growing from intense to almost scary, “nobody who is a celebrity chef today started their career out by saying they wanted to be a celebrity chef. I worked behind the stove for years. Morimoto worked behind the hot stove for years.”

Lightening up a bit, he notes, “Customers walk into the restaurant and are shocked to see me in the kitchen cooking. I like it that way.”

Besides his devotion to cooking and to his restaurant, Forgione loves getting involved with the community. For the Macy’s cookbook, he joins Emeril Lagasse, Cat Cora, Marcus Samuelsson, Rick Bayless and others in providing clever spins on Thanksgiving classics. He developed his turkey leg roulade recipe because as a kid, he hated to have to fight over the succulent dark meat from one of the two turkey legs the roulade, he says, offers everyone at the table a taste.

And he’s stepping up his charitable work as well, spearheading a November 15 event at Restaurant Marc Forgione to benefit Feeding America, the foremost hunger-relief organization in the U.S. The minimum $1,000-a-head benefit, “Coast To Coast Wine and Dine,” features five Michelin-starred chefs from NYC (himself and pals Missy Robbins from A Voce, Justin Bogle from Gilt, Brad Farmerie from Public and John Fraser of Dovetail) cooking dishes to pair with five of the most well-known Napa winemakers. It’s a promising matchup of East Coast chefs and West Coast wines, but the main goal is to help feed the hungry.

Doing an event for charity comes naturally, Forgione says. “I am always giving. I cook for people.” Amen.


Talkin’ Turkey with Marc Forgione

Yesterday was a ridiculously picturesque fall day in New York City, the kind of day when you just feel like something great is about to happen.にとって Marc Forgione, it did. The 32-year-old reigning Iron Chef received the news yesterday that for the third year running, his eponymous restaurant in Tribeca had received a coveted Michelin star, placing it amongst the élite restaurants in the city.

When I walked through the doors to meet Forgione, he was addressing his staff at one of the big tables in the main dining room of the farmhouse-like space. I took a seat in the bar, within sight (and smell) of trays full of freshly baked dinner rolls. A few stray staffers buzzed around, getting ready for dinner service, and the famously mohawked chef talked up the night’s menu before reflecting on the importance of getting the Michelin nod three years in a row. A hearty round of applause followed, and it was back to work.

A few minutes later, Forgione, dressed in his signature black chef coat, greeted me. We were there to talk turkey. Specifically, his contribution to the Macy’s Culinary Council’s new cookbook, out this week, including a delicious-sounding turkey leg roulade recipe. (For more coverage on The Macy’s Culinary Council Thanksgiving and Holiday Cookbook visit Woman’s Day). But I couldn’t resist asking about all that has happened to Forgione over the past few years — the surprising Iron Chef victory, the Michelin stars, his ascension up the culinary ranks near his father Larry Forgione, considered the godfather of New American cooking and a huge influence on seasonal-driven preparation.

“I don’t know if you know the history of this place,” Forgione tells me, looking me dead in the eye. “But we were days away from shutting down. The economy was bad. I was starting to think that maybe I’d made a wrong decision — that what I was cooking was right for me maybe but it wasn’t right for the customers.”

He persevered, however, winning Michelin and New York Times stars (two in the latter case), and then of course surging to national fame in 2010 as The Next Iron Chef. Ever since, he has become recognizable enough to get stopped in the streets — recently he was spotted by fans while traveling in Wisconsin, he says “It’s taken a little getting used to.” And Restaurant Marc Forgione, which was almost one of the myriad failed restaurants in NYC’s dining scene in a given year, went from neighborhood destination serving fresh-ingredient-driven cooking to dining destination, a spot that has become a must-visit on any foodie traveler’s itinerary.

While the fame and accolades would drive some chefs to rapidly expand and spend less time in the kitchen, Forgione says he revels in defying trends. While he is thankful for the status that Iron Chef and other TV appearances afford him, he decries the fact that celebrity chefdom is something that young cooks now aspire to. “I guarantee you this—” he says, growing from intense to almost scary, “nobody who is a celebrity chef today started their career out by saying they wanted to be a celebrity chef. I worked behind the stove for years. Morimoto worked behind the hot stove for years.”

Lightening up a bit, he notes, “Customers walk into the restaurant and are shocked to see me in the kitchen cooking. I like it that way.”

Besides his devotion to cooking and to his restaurant, Forgione loves getting involved with the community. For the Macy’s cookbook, he joins Emeril Lagasse, Cat Cora, Marcus Samuelsson, Rick Bayless and others in providing clever spins on Thanksgiving classics. He developed his turkey leg roulade recipe because as a kid, he hated to have to fight over the succulent dark meat from one of the two turkey legs the roulade, he says, offers everyone at the table a taste.

And he’s stepping up his charitable work as well, spearheading a November 15 event at Restaurant Marc Forgione to benefit Feeding America, the foremost hunger-relief organization in the U.S. The minimum $1,000-a-head benefit, “Coast To Coast Wine and Dine,” features five Michelin-starred chefs from NYC (himself and pals Missy Robbins from A Voce, Justin Bogle from Gilt, Brad Farmerie from Public and John Fraser of Dovetail) cooking dishes to pair with five of the most well-known Napa winemakers. It’s a promising matchup of East Coast chefs and West Coast wines, but the main goal is to help feed the hungry.

Doing an event for charity comes naturally, Forgione says. “I am always giving. I cook for people.” Amen.


Talkin’ Turkey with Marc Forgione

Yesterday was a ridiculously picturesque fall day in New York City, the kind of day when you just feel like something great is about to happen.にとって Marc Forgione, it did. The 32-year-old reigning Iron Chef received the news yesterday that for the third year running, his eponymous restaurant in Tribeca had received a coveted Michelin star, placing it amongst the élite restaurants in the city.

When I walked through the doors to meet Forgione, he was addressing his staff at one of the big tables in the main dining room of the farmhouse-like space. I took a seat in the bar, within sight (and smell) of trays full of freshly baked dinner rolls. A few stray staffers buzzed around, getting ready for dinner service, and the famously mohawked chef talked up the night’s menu before reflecting on the importance of getting the Michelin nod three years in a row. A hearty round of applause followed, and it was back to work.

A few minutes later, Forgione, dressed in his signature black chef coat, greeted me. We were there to talk turkey. Specifically, his contribution to the Macy’s Culinary Council’s new cookbook, out this week, including a delicious-sounding turkey leg roulade recipe. (For more coverage on The Macy’s Culinary Council Thanksgiving and Holiday Cookbook visit Woman’s Day). But I couldn’t resist asking about all that has happened to Forgione over the past few years — the surprising Iron Chef victory, the Michelin stars, his ascension up the culinary ranks near his father Larry Forgione, considered the godfather of New American cooking and a huge influence on seasonal-driven preparation.

“I don’t know if you know the history of this place,” Forgione tells me, looking me dead in the eye. “But we were days away from shutting down. The economy was bad. I was starting to think that maybe I’d made a wrong decision — that what I was cooking was right for me maybe but it wasn’t right for the customers.”

He persevered, however, winning Michelin and New York Times stars (two in the latter case), and then of course surging to national fame in 2010 as The Next Iron Chef. Ever since, he has become recognizable enough to get stopped in the streets — recently he was spotted by fans while traveling in Wisconsin, he says “It’s taken a little getting used to.” And Restaurant Marc Forgione, which was almost one of the myriad failed restaurants in NYC’s dining scene in a given year, went from neighborhood destination serving fresh-ingredient-driven cooking to dining destination, a spot that has become a must-visit on any foodie traveler’s itinerary.

While the fame and accolades would drive some chefs to rapidly expand and spend less time in the kitchen, Forgione says he revels in defying trends. While he is thankful for the status that Iron Chef and other TV appearances afford him, he decries the fact that celebrity chefdom is something that young cooks now aspire to. “I guarantee you this—” he says, growing from intense to almost scary, “nobody who is a celebrity chef today started their career out by saying they wanted to be a celebrity chef. I worked behind the stove for years. Morimoto worked behind the hot stove for years.”

Lightening up a bit, he notes, “Customers walk into the restaurant and are shocked to see me in the kitchen cooking. I like it that way.”

Besides his devotion to cooking and to his restaurant, Forgione loves getting involved with the community. For the Macy’s cookbook, he joins Emeril Lagasse, Cat Cora, Marcus Samuelsson, Rick Bayless and others in providing clever spins on Thanksgiving classics. He developed his turkey leg roulade recipe because as a kid, he hated to have to fight over the succulent dark meat from one of the two turkey legs the roulade, he says, offers everyone at the table a taste.

And he’s stepping up his charitable work as well, spearheading a November 15 event at Restaurant Marc Forgione to benefit Feeding America, the foremost hunger-relief organization in the U.S. The minimum $1,000-a-head benefit, “Coast To Coast Wine and Dine,” features five Michelin-starred chefs from NYC (himself and pals Missy Robbins from A Voce, Justin Bogle from Gilt, Brad Farmerie from Public and John Fraser of Dovetail) cooking dishes to pair with five of the most well-known Napa winemakers. It’s a promising matchup of East Coast chefs and West Coast wines, but the main goal is to help feed the hungry.

Doing an event for charity comes naturally, Forgione says. “I am always giving. I cook for people.” Amen.


Talkin’ Turkey with Marc Forgione

Yesterday was a ridiculously picturesque fall day in New York City, the kind of day when you just feel like something great is about to happen.にとって Marc Forgione, it did. The 32-year-old reigning Iron Chef received the news yesterday that for the third year running, his eponymous restaurant in Tribeca had received a coveted Michelin star, placing it amongst the élite restaurants in the city.

When I walked through the doors to meet Forgione, he was addressing his staff at one of the big tables in the main dining room of the farmhouse-like space. I took a seat in the bar, within sight (and smell) of trays full of freshly baked dinner rolls. A few stray staffers buzzed around, getting ready for dinner service, and the famously mohawked chef talked up the night’s menu before reflecting on the importance of getting the Michelin nod three years in a row. A hearty round of applause followed, and it was back to work.

A few minutes later, Forgione, dressed in his signature black chef coat, greeted me. We were there to talk turkey. Specifically, his contribution to the Macy’s Culinary Council’s new cookbook, out this week, including a delicious-sounding turkey leg roulade recipe. (For more coverage on The Macy’s Culinary Council Thanksgiving and Holiday Cookbook visit Woman’s Day). But I couldn’t resist asking about all that has happened to Forgione over the past few years — the surprising Iron Chef victory, the Michelin stars, his ascension up the culinary ranks near his father Larry Forgione, considered the godfather of New American cooking and a huge influence on seasonal-driven preparation.

“I don’t know if you know the history of this place,” Forgione tells me, looking me dead in the eye. “But we were days away from shutting down. The economy was bad. I was starting to think that maybe I’d made a wrong decision — that what I was cooking was right for me maybe but it wasn’t right for the customers.”

He persevered, however, winning Michelin and New York Times stars (two in the latter case), and then of course surging to national fame in 2010 as The Next Iron Chef. Ever since, he has become recognizable enough to get stopped in the streets — recently he was spotted by fans while traveling in Wisconsin, he says “It’s taken a little getting used to.” And Restaurant Marc Forgione, which was almost one of the myriad failed restaurants in NYC’s dining scene in a given year, went from neighborhood destination serving fresh-ingredient-driven cooking to dining destination, a spot that has become a must-visit on any foodie traveler’s itinerary.

While the fame and accolades would drive some chefs to rapidly expand and spend less time in the kitchen, Forgione says he revels in defying trends. While he is thankful for the status that Iron Chef and other TV appearances afford him, he decries the fact that celebrity chefdom is something that young cooks now aspire to. “I guarantee you this—” he says, growing from intense to almost scary, “nobody who is a celebrity chef today started their career out by saying they wanted to be a celebrity chef. I worked behind the stove for years. Morimoto worked behind the hot stove for years.”

Lightening up a bit, he notes, “Customers walk into the restaurant and are shocked to see me in the kitchen cooking. I like it that way.”

Besides his devotion to cooking and to his restaurant, Forgione loves getting involved with the community. For the Macy’s cookbook, he joins Emeril Lagasse, Cat Cora, Marcus Samuelsson, Rick Bayless and others in providing clever spins on Thanksgiving classics. He developed his turkey leg roulade recipe because as a kid, he hated to have to fight over the succulent dark meat from one of the two turkey legs the roulade, he says, offers everyone at the table a taste.

And he’s stepping up his charitable work as well, spearheading a November 15 event at Restaurant Marc Forgione to benefit Feeding America, the foremost hunger-relief organization in the U.S. The minimum $1,000-a-head benefit, “Coast To Coast Wine and Dine,” features five Michelin-starred chefs from NYC (himself and pals Missy Robbins from A Voce, Justin Bogle from Gilt, Brad Farmerie from Public and John Fraser of Dovetail) cooking dishes to pair with five of the most well-known Napa winemakers. It’s a promising matchup of East Coast chefs and West Coast wines, but the main goal is to help feed the hungry.

Doing an event for charity comes naturally, Forgione says. “I am always giving. I cook for people.” Amen.