新しいレシピ

コスタリカの料理を発見する

コスタリカの料理を発見する

コスタリカは、人口が500万人弱、ヨーロッパ系の90%であり、軍隊がいない国です。国会議事堂のサンノゼには、互いに平和で調和して暮らす100万人以上の住民がいます。興味深い提案。

それで、この前向きな国では、フードシーンは何ですか?主食は豆と米で、さまざまなものが追加されている国です。ここで週7日、場所によっては1日3回食べられます。地元のマクドナルドやクイズノスでも提供されています。

コスタリカは、新たにインスピレーションを得た有機食品体験の真っ只中にあります。初日はオーガニックフェアに行ってきました。それはサンホセの郊外のアランフェスにありました。米国で訪問されるかもしれない有機的な見本市のすべての要素がありました。地球から化学的に処理されていない自然に作られた有機農産物やその他のものを販売するコスタリカ人。チョコレートの種、コーヒー、ブロッコリー、竹片、太平洋とカリブ海の魚がいました。蝶の羽をプラスチックに浸し、銀で縁取ったイヤリングを購入する場所も1つありました!私は天国のハムとチーズのサンドイッチを食べました。コスタリカでは、有機農産物の運動が活発に行われています。

私の最初の夕食は、サンノゼのファミリーレストランであるアノノスでした。インテリアはクッションのないシートに木でカットされています。高く評価されているステーキハウスです。素晴らしかったエビのカクテルと、やわらかくてマイルドなマッシュルームソースをかけたステーキをいただきました。全体が楽しかったです。この法案は、アルコールもデザートもない2人のダイナーにとって100ドルという衝撃的なものでした。私が聞いた一つのことは、コスタリカは高価な国であり、それは確かに真実だということです。

サンノゼから約90分の山の中の静かなリゾート、ヴィラブランカ(ホワイトハウス)に泊まりました。この物件はかつてコスタリカの大統領が所有し、約20年前にアメリカの映画プロデューサーに売却されました。敷地内には白いゲストキャビンが点在し、キッチンはすべてオーガニックです。私はシェフに会いました、そして彼は彼が農場から食卓への動きに非常に関与していると言いました、そしてそれはダイニングルームの豪華な有機食品に現れます。アメリカにはないエルシレンコという魚がいて、とても美味しかったです。

翌日、私たちはサンノゼに戻り、コスタリカの有名シェフであるランディ・サイレスに会いました。ランディはサンノゼ近くのメルギブソンの隣に農場を持っており、メルのパーソナルシェフを務めています。

大部分がステーキハウスである大規模なファミリースタイルのレストラン、TresHermanasというレストランで一緒に食事をしました。

その夜、私たちはクラブ・デ・ラ・ガストロノミア・エピクロスの事務局長であるアルフレド・エケベリアに会いました。彼はコスタリカで最も著名な食品の専門家であり、ここでの食品シーンについてかなり明確な説明をしてくれました。

アルフレドとは、とてもきちんと整備されたオーガニックガーデンで野菜やスパイスを育てるFurcaという魅力的なレストランで会いました。植物はすべてとても健康に見え、美味しかったです。料理は想像力豊かに調理され、一流のダイニング体験を提供しました。アメリカで食べたものと同じくらい美味しかった子羊のあばら肉を持っていました。

コスタリカでの最終日は、木製のテーブルとプラスチックの椅子のある気取らないレストラン、アルメルカットで昼食をとりました。食べ物は申し分のないもので、私たちが食べた上部のダイニングエリアは新鮮な植物で溢れ、蘭も満開でした!なかでも、フレッシュトマトやスパイスを使ったさまざまなルートチップスやサルサが、想像力豊かでシンプルに美味しかったです。

レストランはオーガニックではありませんが、とても近くにあります。食品はすべて最高品質であり、化学物質をほんの少ししか使用していないサプライヤーから購入しました。私が知る限り、ここと完全にオーガニックなレストランでのサービングの質にはごくわずかな違いしかありませんでした。

コスタリカでの私の最後の食事は申し分のない、素晴らしい、私が今までどこでも食べた中で最高の食事でした!それは非常に高い評価であり、すべての言葉を意味します。それはパークカフェにありました。レストランはサンノゼの素敵な場所にあり、看板が大きくなりすぎて見えないため、見つけるのが難しいです。このレストランは、伝説的な英国人シェフ、リチャード・ニートと彼のガールフレンド、ルイーズ・フランスが所有しています。彼は同じ建物内にアンティークショップを収容する邸宅を所有しています。

中に入ると、「すべてが売りに出されている」と言われましたが、それは本当です。それはすべてを意味します。プレート、テーブル、椅子、シャンデリアはすべてご利用いただけます。壁には物が並んでいます。私が行ったとき、小さな石の仏陀、いくつかのアジアの家庭の祭壇、そしてステンドグラスの窓がありました。


シェフのリチャードにもっと話してもらいましょう。「パークカフェは、実際には私のガールフレンドが20年前に建ててオープンした骨董店です。在庫の多くはインドの宮殿のドア、柱、アーチなどの建築物であり、残りの半分はインドネシアの小さな職人の作品です。私たちは毎年一緒にアジアに旅行して個人的にアイテムを選びますが、実際には私にはレストランの予約の責任しかありません。国内で最も素敵な家やホテルの多くには、ルイーズの作品があります。」

パークカフェで何を食べなければなりませんでしたか?マッシュポテトをまぶしたステーキに魔法のような仕掛けをしました。これは普通のマッシュポテトではありませんでした。その下には、一口サイズのスライバーにカットされたステーキが、天国のソースの上に添えられていました。まあ、本当にあなたはそれを自分で味わうためにサンノゼに旅行しなければならないでしょう。材料のリストにまとめるにはあまりにも素敵でした。

では、コスタリカのフードシーンは何ですか?変化に富み、エレガントで成長しています。行って、あなたは戻って来たくないかもしれません!


コスタリカの歴史

コスタリカの歴史は、この地域の先住民がメソアメリカとアンデスの文化圏の中間地域の一部であったコロンブス以前の時代に始まり、イスモコロンビア地域の影響も含まれています。コスタリカは、メソアメリカと南アメリカの先住民文化が出会った地域でした。

無料の休暇計画

クリストファーコロンブスは1502年にコスタリカを発見したとされており、この土地は貴金属で満たされていると信じていたため、実際には「コスタリカの海岸」を意味する名前をコスタリカに付けました。当時、ニコヤ半島はナワトル文化の最南端であり、コスタリカの中央部と南部はチブチャ文化の影響を受けていました。両方の文化は基本的に病気(主に天然痘)と征服したスペイン人による虐待によって排除されました。

スペイン植民地時代の中央アメリカで最大の都市はグアテマラ市でした。グアテマラ市はコスタリカからかなり離れており、交易路の確立が困難であったため、コスタリカは主にスペインの君主制によって無視され、独自に発展するために残されました。コスタリカはスペイン君主制による介入が比較的少ないため、これには良い面がありましたが、コスタリカが他の植民地が経験していた繁栄を分かち合わなかったため、貧困の一因にもなりました。 1719年、あるスペインの知事は、コスタリカを「すべての南北アメリカで最も貧しく、最も惨めなスペインの植民地」と表現しました。先住民の多くが病気や虐待に屈したという事実は、スペイン人の強制労働として働くために多くの人口を残しませんでした。ほとんどのコスタリカ人は自分たちの土地で働かなければなりませんでした。

これらの状況が、今日のコスタリカのイデオロギーをラテンアメリカの近隣諸国の多くとは異なるものにし、コスタリカの平等主義社会の発展につながったと考えられています。コスタリカは、抑圧された階級のない&ldquorural民主主義&rdquoになりました。ほとんどのスペイン人入植者は、気候が涼しく、土壌が豊かなセントラルバレーの高い丘に家を建てました。

中央アメリカの州は、コスタリカとともに、1821年にスペインからの独立を宣言しました。コスタリカがメキシコ帝国の一部であった短い期間の後、コスタリカは1823年から1839年まで中央アメリカ連邦共和国の州になりました。サンホセは1824年に国会議事堂として宣言されました。しかし、新しい連邦はこの地域での継続的な国境紛争に悩まされ、1838年にコスタリカによる連邦からの離脱につながりました。コスタリカは弱体化した連邦から撤退し、主権を宣言しました。連邦はすぐに解散し、中央アメリカ政府はすぐに独立した州になり、現在も存在しています。しかし、すべての中米諸国は依然として9月15日を独立記念日として祝っています。これは、中央アメリカがスペインから独立した日です。

1880年代、コスタリカの東部に鉄道が建設され、多くのジャマイカ人移民がコスタリカのカリブ海沿岸にやって来ました。鉄道での労働のためのこの移民は、国の黒人アフリカ人人口の約3%に責任があります。米国と中国の移民からの囚人も鉄道の建設に取り組みました。マイナーキースという名前の米国の実業家は、彼の仕事と引き換えに鉄道とコスタリカ政府の建設を監督し、彼がバナナ農園にした広大な土地を彼に与え、それらを米国に輸出しました。これにより、コスタリカからの主要な輸出品であるコーヒーとともにバナナが作られ、ユナイテッドフルーツカンパニー(外資系企業)が国民経済において大きな役割を果たしました。

コスタリカ人は政治的安定と平和の恩恵を享受してきましたが、過去100年間に暴力の時期がいくつかありました。 1917年から1919年まで、フェデリコチノコグラナドスは転覆して亡命を余儀なくされるまで独裁者でした。 1948年、論争の的となった大統領選挙の余波を受けたホセ・フィゲーレス・フェレールが武装蜂起を主導しました。これにより、2000人が死亡し、44日間のコスタリカ内戦が発生しました。これは20世紀のコスタリカで最も暴力的な出来事でした。この出来事により、勝利した政府は1949年に軍を廃止しました。新政府はまた、民主的に選出された議会によって新憲法を起草しました。議会によって設立された新しいコスタリカ政府は、1953年に新憲法の下で最初の民主的選挙を行い、国民的英雄となったフィゲラスを選出しました。それ以来、コスタリカは平和的な民主的選挙と政権交代を享受してきました。

この政府の安定は、多くの点でコスタリカ人に利益をもたらしました。コスタリカは、人間開発指数で一貫してラテンアメリカのトップ国の1つであり、2006年には50位にランクされています。コスタリカは、環境パフォーマンス指数で世界5位、南北アメリカで1位です。そして、コスタリカ政府は、コスタリカが2021年までに最初のカーボンニュートラル国になる計画を発表しました。コスタリカは、ハッピープラネットインデックスで第1位にランクされています。ハッピープラネットインデックスは、国が地球の資源をどれだけ使用しているか、そして国の市民がどれだけ長く幸せな生活を楽しんでいるかを測定します。この調査によると、コスタリカは世界で最も環境に優しい国でもあります。


コスタリカの歴史

コスタリカの歴史は、この地域の先住民がメソアメリカとアンデスの文化圏の中間地域の一部であったコロンブス以前の時代に始まり、イスモコロンビア地域の影響も含まれています。コスタリカは、メソアメリカと南アメリカの先住民文化が出会った地域でした。

無料の休暇計画

クリストファーコロンブスは1502年にコスタリカを発見したとされており、この土地は貴金属で満たされていると信じていたため、実際には「コスタリカの海岸」を意味する名前をコスタリカに付けました。当時、ニコヤ半島はナワトル文化の最南端であり、コスタリカの中央部と南部はチブチャ文化の影響を受けていました。両方の文化は基本的に病気(主に天然痘)と征服したスペイン人による虐待によって排除されました。

スペイン植民地時代の中央アメリカで最大の都市はグアテマラ市でした。グアテマラ市はコスタリカからかなり離れており、交易路の確立が困難であったため、コスタリカは主にスペインの君主制によって無視され、独自に発展するために残されました。コスタリカはスペイン君主制による介入が比較的少ないため、これには良い面がありましたが、コスタリカが他の植民地が経験していた繁栄を分かち合わなかったため、貧困の一因にもなりました。 1719年、あるスペインの知事は、コスタリカを「すべての南北アメリカで最も貧しく、最も惨めなスペインの植民地」と表現しました。先住民の多くが病気や虐待に屈したという事実は、スペイン人の強制労働として働くために多くの人口を残しませんでした。ほとんどのコスタリカ人は自分たちの土地で働かなければなりませんでした。

これらの状況が、今日のコスタリカのイデオロギーをラテンアメリカの近隣諸国の多くとは異なるものにし、コスタリカの平等主義社会の発展につながったと考えられています。コスタリカは、抑圧された階級のない&ldquorural民主主義&rdquoになりました。ほとんどのスペイン人入植者は、気候が涼しく、土壌が豊かなセントラルバレーの高い丘に家を建てました。

中央アメリカの州は、コスタリカとともに、1821年にスペインからの独立を宣言しました。コスタリカがメキシコ帝国の一部であった短い期間の後、コスタリカは1823年から1839年まで中央アメリカ連邦共和国の州になりました。サンホセは1824年に国会議事堂として宣言されました。しかし、新しい連邦はこの地域での継続的な国境紛争に悩まされ、1838年にコスタリカによる連邦からの離脱につながりました。コスタリカは弱体化した連邦から撤退し、主権を宣言しました。連邦はすぐに解散し、中央アメリカ政府はすぐに独立した州になり、現在も存在しています。しかし、すべての中米諸国は依然として9月15日を独立記念日として祝っています。これは、中央アメリカがスペインから独立した日です。

1880年代、コスタリカの東部に鉄道が建設され、多くのジャマイカ人移民がコスタリカのカリブ海沿岸にやって来ました。鉄道での労働のためのこの移民は、国の黒人アフリカ人人口の約3%に責任があります。米国と中国の移民からの囚人も鉄道の建設に取り組みました。マイナーキースという名前の米国の実業家は、彼の仕事と引き換えに鉄道とコスタリカ政府の建設を監督し、彼がバナナ農園にした広大な土地を彼に与え、それらを米国に輸出しました。これにより、コスタリカからの主要な輸出品であるコーヒーとともにバナナが作られ、ユナイテッドフルーツカンパニー(外資系企業)が国民経済において大きな役割を果たしました。

コスタリカ人は政治的安定と平和の恩恵を享受してきましたが、過去100年間に暴力の時期がいくつかありました。 1917年から1919年まで、フェデリコチノコグラナドスは転覆して亡命を余儀なくされるまで独裁者でした。 1948年、論争の的となった大統領選挙の余波を受けたホセ・フィゲーレス・フェレールが武装蜂起を主導しました。これにより、2000人が死亡し、44日間のコスタリカ内戦が発生しました。これは20世紀のコスタリカで最も暴力的な出来事でした。この出来事により、勝利した政府は1949年に軍を廃止しました。新政府はまた、民主的に選出された議会によって新憲法を起草しました。議会によって設立された新しいコスタリカ政府は、1953年に新憲法の下で最初の民主的選挙を行い、国民的英雄となったフィゲラスを選出しました。それ以来、コスタリカは平和的な民主的選挙と政権交代を享受してきました。

この政府の安定は、多くの点でコスタリカ人に利益をもたらしました。コスタリカは、人間開発指数で一貫してラテンアメリカのトップ国の1つであり、2006年には50位にランクされています。コスタリカは、環境パフォーマンス指数で世界5位、南北アメリカで1位です。そして、コスタリカ政府は、コスタリカが2021年までに最初のカーボンニュートラル国になる計画を発表しました。コスタリカは、ハッピープラネットインデックスで第1位にランクされています。ハッピープラネットインデックスは、国が地球の資源をどれだけ使用しているか、そして国の市民がどれだけ長く幸せな生活を楽しんでいるかを測定します。この調査によると、コスタリカは世界で最も環境に優しい国でもあります。


コスタリカの歴史

コスタリカの歴史は、この地域の先住民がメソアメリカとアンデスの文化圏の中間地域の一部であったコロンブス以前の時代に始まり、イスモコロンビア地域の影響も含まれています。コスタリカは、メソアメリカと南アメリカの先住民文化が出会った地域でした。

無料の休暇計画

クリストファーコロンブスは1502年にコスタリカを発見したとされており、この土地は貴金属で満たされていると信じていたため、実際には「コスタリカの海岸」を意味する名前をコスタリカに付けました。当時、ニコヤ半島はナワトル文化の最南端であり、コスタリカの中央部と南部はチブチャ文化の影響を受けていました。両方の文化は基本的に病気(主に天然痘)と征服したスペイン人による虐待によって排除されました。

スペイン植民地時代の中央アメリカで最大の都市はグアテマラ市でした。グアテマラ市はコスタリカからかなり離れており、交易路の確立が困難であったため、コスタリカは主にスペインの君主制によって無視され、独自に発展するために残されました。コスタリカはスペイン君主制による介入が比較的少ないため、これには良い面がありましたが、コスタリカが他の植民地が経験していた繁栄を分かち合わなかったため、貧困の一因にもなりました。 1719年、あるスペインの知事は、コスタリカを「すべての南北アメリカで最も貧しく、最も惨めなスペインの植民地」と表現しました。先住民の多くが病気や虐待に屈したという事実は、スペイン人の強制労働として働くために多くの人口を残しませんでした。ほとんどのコスタリカ人は自分たちの土地で働かなければなりませんでした。

これらの状況が、今日のコスタリカのイデオロギーをラテンアメリカの近隣諸国の多くとは異なるものにし、コスタリカの平等主義社会の発展につながったと考えられています。コスタリカは、抑圧された階級のない&ldquorural民主主義&rdquoになりました。ほとんどのスペイン人入植者は、気候が涼しく、土壌が豊かなセントラルバレーの高い丘に家を建てました。

中央アメリカの州は、コスタリカとともに、1821年にスペインからの独立を宣言しました。コスタリカがメキシコ帝国の一部であった短い期間の後、コスタリカは1823年から1839年まで中央アメリカ連邦共和国の州になりました。サンホセは1824年に国会議事堂として宣言されました。しかし、新しい連邦はこの地域での継続的な国境紛争に悩まされ、1838年にコスタリカによる連邦からの離脱につながりました。コスタリカは弱体化した連邦から撤退し、主権を宣言しました。連邦はすぐに解散し、中央アメリカ政府はすぐに独立した州になり、現在も存在しています。しかし、すべての中米諸国は依然として9月15日を独立記念日として祝っています。これは、中央アメリカがスペインから独立した日です。

1880年代、コスタリカの東部に鉄道が建設され、多くのジャマイカ人移民がコスタリカのカリブ海沿岸にやって来ました。鉄道での労働のためのこの移民は、国の黒人アフリカ人人口の約3%に責任があります。米国と中国の移民からの囚人も鉄道の建設に取り組みました。マイナーキースという名前の米国の実業家は、彼の仕事と引き換えに鉄道とコスタリカ政府の建設を監督し、彼がバナナ農園にした広大な土地を彼に与え、それらを米国に輸出しました。これにより、コスタリカからの主要な輸出品であるコーヒーとともにバナナが作られ、ユナイテッドフルーツカンパニー(外資系企業)が国民経済において大きな役割を果たしました。

コスタリカ人は政治的安定と平和の恩恵を享受してきましたが、過去100年間に暴力の時期がいくつかありました。 1917年から1919年まで、フェデリコチノコグラナドスは転覆して亡命を余儀なくされるまで独裁者でした。 1948年、論争の的となった大統領選挙の余波を受けたホセ・フィゲーレス・フェレールが武装蜂起を主導しました。これにより、2000人が死亡し、44日間のコスタリカ内戦が発生しました。これは20世紀のコスタリカで最も暴力的な出来事でした。この出来事により、勝利した政府は1949年に軍を廃止しました。新政府はまた、民主的に選出された議会によって新憲法を起草しました。議会によって設立された新しいコスタリカ政府は、1953年に新憲法の下で最初の民主的選挙を行い、国民的英雄となったフィゲラスを選出しました。それ以来、コスタリカは平和的な民主的選挙と政権交代を享受してきました。

この政府の安定は、多くの点でコスタリカ人に利益をもたらしました。コスタリカは、人間開発指数で一貫してラテンアメリカのトップ国の1つであり、2006年には50位にランクされています。コスタリカは、環境パフォーマンス指数で世界5位、南北アメリカで1位です。そして、コスタリカ政府は、コスタリカが2021年までに最初のカーボンニュートラル国になる計画を発表しました。コスタリカは、ハッピープラネットインデックスで第1位にランクされています。ハッピープラネットインデックスは、国が地球の資源をどれだけ使用しているか、そして国の市民がどれだけ長く幸せな生活を楽しんでいるかを測定します。この調査によると、コスタリカは世界で最も環境に優しい国でもあります。


コスタリカの歴史

コスタリカの歴史は、この地域の先住民がメソアメリカとアンデスの文化圏の中間地域の一部であったコロンブス以前の時代に始まり、イスモコロンビア地域の影響も含まれています。コスタリカは、メソアメリカと南アメリカの先住民文化が出会った地域でした。

無料の休暇計画

クリストファーコロンブスは1502年にコスタリカを発見したとされており、この土地は貴金属で満たされていると信じていたため、実際には「コスタリカの海岸」を意味する名前をコスタリカに付けました。当時、ニコヤ半島はナワトル文化の最南端であり、コスタリカの中央部と南部はチブチャ文化の影響を受けていました。両方の文化は基本的に病気(主に天然痘)と征服したスペイン人による虐待によって排除されました。

スペイン植民地時代の中央アメリカで最大の都市はグアテマラ市でした。グアテマラ市はコスタリカからかなり離れており、交易路の確立が困難であったため、コスタリカは主にスペインの君主制によって無視され、独自に発展するために残されました。コスタリカはスペイン君主制による介入が比較的少ないため、これには良い面がありましたが、コスタリカが他の植民地が経験していた繁栄を分かち合わなかったため、貧困の一因にもなりました。 1719年、あるスペインの知事は、コスタリカを「すべての南北アメリカで最も貧しく、最も惨めなスペインの植民地」と表現しました。先住民の多くが病気や虐待に屈したという事実は、スペイン人の強制労働として働くために多くの人口を残しませんでした。ほとんどのコスタリカ人は自分たちの土地で働かなければなりませんでした。

これらの状況が、今日のコスタリカのイデオロギーをラテンアメリカの近隣諸国の多くとは異なるものにし、コスタリカの平等主義社会の発展につながったと考えられています。コスタリカは、抑圧された階級のない&ldquorural民主主義&rdquoになりました。ほとんどのスペイン人入植者は、気候が涼しく、土壌が豊かなセントラルバレーの高い丘に家を建てました。

中央アメリカの州は、コスタリカとともに、1821年にスペインからの独立を宣言しました。コスタリカがメキシコ帝国の一部であった短い期間の後、コスタリカは1823年から1839年まで中央アメリカ連邦共和国の州になりました。サンホセは1824年に国会議事堂として宣言されました。しかし、新しい連邦はこの地域での継続的な国境紛争に悩まされ、1838年にコスタリカによる連邦からの離脱につながりました。コスタリカは弱体化した連邦から撤退し、主権を宣言しました。連邦はすぐに解散し、中央アメリカ政府はすぐに独立した州になり、現在も存在しています。しかし、すべての中米諸国は依然として9月15日を独立記念日として祝っています。これは、中央アメリカがスペインから独立した日です。

1880年代、コスタリカの東部に鉄道が建設され、多くのジャマイカ人移民がコスタリカのカリブ海沿岸にやって来ました。鉄道での労働のためのこの移民は、国の黒人アフリカ人人口の約3%に責任があります。米国と中国の移民からの囚人も鉄道の建設に取り組みました。マイナーキースという名前の米国の実業家は、彼の仕事と引き換えに鉄道とコスタリカ政府の建設を監督し、彼がバナナ農園にした広大な土地を彼に与え、それらを米国に輸出しました。これにより、コスタリカからの主要な輸出品であるコーヒーとともにバナナが作られ、ユナイテッドフルーツカンパニー(外資系企業)が国民経済において大きな役割を果たしました。

コスタリカ人は政治的安定と平和の恩恵を享受してきましたが、過去100年間に暴力の時期がいくつかありました。 1917年から1919年まで、フェデリコチノコグラナドスは転覆して亡命を余儀なくされるまで独裁者でした。 1948年、論争の的となった大統領選挙の余波を受けたホセ・フィゲーレス・フェレールが武装蜂起を主導しました。これにより、2000人が死亡し、44日間のコスタリカ内戦が発生しました。これは20世紀のコスタリカで最も暴力的な出来事でした。この出来事により、勝利した政府は1949年に軍を廃止しました。新政府はまた、民主的に選出された議会によって新憲法を起草しました。議会によって設立された新しいコスタリカ政府は、1953年に新憲法の下で最初の民主的選挙を行い、国民的英雄となったフィゲラスを選出しました。それ以来、コスタリカは平和的な民主的選挙と政権交代を享受してきました。

この政府の安定は、多くの点でコスタリカ人に利益をもたらしました。コスタリカは、人間開発指数で一貫してラテンアメリカのトップ国の1つであり、2006年には50位にランクされています。コスタリカは、環境パフォーマンス指数で世界5位、南北アメリカで1位です。そして、コスタリカ政府は、コスタリカが2021年までに最初のカーボンニュートラル国になる計画を発表しました。コスタリカは、ハッピープラネットインデックスで第1位にランクされています。ハッピープラネットインデックスは、国が地球の資源をどれだけ使用しているか、そして国の市民がどれだけ長く幸せな生活を楽しんでいるかを測定します。この調査によると、コスタリカは世界で最も環境に優しい国でもあります。


コスタリカの歴史

コスタリカの歴史は、この地域の先住民がメソアメリカとアンデスの文化圏の中間地域の一部であったコロンブス以前の時代に始まり、イスモコロンビア地域の影響も含まれています。コスタリカは、メソアメリカと南アメリカの先住民文化が出会った地域でした。

無料の休暇計画

クリストファーコロンブスは1502年にコスタリカを発見したとされており、この土地は貴金属で満たされていると信じていたため、実際には「コスタリカの海岸」を意味する名前をコスタリカに付けました。当時、ニコヤ半島はナワトル文化の最南端であり、コスタリカの中央部と南部はチブチャ文化の影響を受けていました。両方の文化は基本的に病気(主に天然痘)と征服したスペイン人による虐待によって排除されました。

スペイン植民地時代の中央アメリカで最大の都市はグアテマラ市でした。グアテマラ市はコスタリカからかなり離れており、交易路の確立が困難であったため、コスタリカは主にスペインの君主制によって無視され、独自に発展するために残されました。コスタリカはスペイン君主制による介入が比較的少ないため、これには良い面がありましたが、コスタリカが他の植民地が経験していた繁栄を分かち合わなかったため、貧困の一因にもなりました。 1719年、あるスペインの知事は、コスタリカを「すべての南北アメリカで最も貧しく、最も惨めなスペインの植民地」と表現しました。先住民の多くが病気や虐待に屈したという事実は、スペイン人の強制労働として働くために多くの人口を残しませんでした。ほとんどのコスタリカ人は自分たちの土地で働かなければなりませんでした。

これらの状況が、今日のコスタリカのイデオロギーをラテンアメリカの近隣諸国の多くとは異なるものにし、コスタリカの平等主義社会の発展につながったと考えられています。コスタリカは、抑圧された階級のない&ldquorural民主主義&rdquoになりました。ほとんどのスペイン人入植者は、気候が涼しく、土壌が豊かなセントラルバレーの高い丘に家を建てました。

中央アメリカの州は、コスタリカとともに、1821年にスペインからの独立を宣言しました。コスタリカがメキシコ帝国の一部であった短い期間の後、コスタリカは1823年から1839年まで中央アメリカ連邦共和国の州になりました。サンノゼは1824年に国会議事堂として宣言されました。しかし、新しい連邦はこの地域での継続的な国境紛争に悩まされ、1838年にコスタリカによる連邦からの離脱につながりました。コスタリカは弱体化した連邦から撤退し、主権を宣言しました。連邦はすぐに解散し、中央アメリカ政府はすぐに独立した州になり、現在も存在しています。しかし、すべての中米諸国は依然として9月15日を独立記念日として祝っています。これは、中央アメリカがスペインから独立した日です。

1880年代、コスタリカの東部に鉄道が建設され、多くのジャマイカ人移民がコスタリカのカリブ海沿岸にやって来ました。鉄道での労働のためのこの移民は、国の黒人アフリカ人人口の約3%に責任があります。 Convicts from the United States and Chinese immigrants also worked on the building of the railway. A United States businessman named Minor Keith oversaw the construction of the railway and the Costa Rican government in exchange for his work granted him large tracts of land which he made into banana plantations and exported them to the United States. This made bananas, along with coffee, a principal export from Costa Rica, and gave the United Fruit Company (a foreign-owned corporation) a large role in the national economy.

Although Costa Ricans have enjoyed the benefits of political stability and peace, there were some periods of violence in the last hundred years. From 1917-1919, Federico Tinoco Granados was dictator until he was overthrown and forced into exile. In 1948, Jose Figueres Ferrer in the aftermath of a disputed presidential election led an armed uprising. This led to 2000 deaths and a 44 day Costa Rican Civil War that was the most violent event in Costa Rica in the twentieth century. This event led the victorious government to abolish the military in 1949. The new government also drafted a new constitution by a democratically-elected assembly. The new Costa Rican government established by the assembly held their first democratic election under the new constitution in 1953, when they elected Figueres who had become a national hero. Since that time, Costa Rica has enjoyed peaceful democratic elections, and peaceful transitions of power.

This stability of government has benefited Costa Ricans in many ways. Costa Rica has consistently been among the top Latin American countries in the Human Development Index, ranking 50th in 2006. Costa Rica ranks 5th in the world, and 1st in the Americas in terms of Environmental Performance Index! AND the Costa Rican government announced plans for Costa Rica to become the first carbon neutral country by 2021. Costa Rica ranks first in the Happy Planet Index! The Happy Planet Index measures how much of the Earth's resources nations use and how long and happy a life the country's citizens enjoy. Costa Rica is also the greenest country in the world according to this study.


Costa Rica History

The history of Costa Rica starts in Pre-Columbian times when the indigenous people of the area were part of the Intermediate Area between Mesoamerican and Andean cultural regions, and also includes the influence of the Isthmo-Columbian area. Costa Rica was the area where the Mesoamerican and South American native cultures met.

Free Vacation Planning

Christopher Columbus is credited with discovering Costa Rica in 1502 and gave Costa Rica its name which actually means &ldquorich coast&rdquo because he believed the land to be filled with precious metals. At this time, the Nicoya Peninsula was the southernmost point of the Nahuatl culture, and the central and southern areas of Costa Rica were influenced by the Chibcha culture. Both cultures were basically eliminated by diseases (mostly smallpox) and mistreatment by the conquering Spaniards.

The largest city in Central America during Spanish Colonial times was Guatemala City. Because Guatemala City was quite a distance from Costa Rica making it hard to establish trade routes, Costa Rica was mainly ignored by the Spanish Monarchy and left to develop on its own. This had its good side as Costa Rica was relatively free of intervention by the Spanish Monarchy, but it also contributed to its poverty as Costa Rica did not share in the prosperity that other Colonies were experiencing. In 1719 one Spanish governor described Costa Rica as &ldquothe poorest and most miserable Spanish colony in all Americas&rdquo. The fact that many of the indigenous people had succumbed to disease and mistreatment did not leave a large population to work as forced labor for the Spaniards. Most Costa Ricans had to work their own land.

It is believed that these circumstances are what make the Costa Rican ideology today different from many of its neighboring countries in Latin America, and led to the development of Costa Rica's egalitarian society. Costa Rica became a &ldquorural democracy&rdquo with no oppressed classes. Most Spanish settlers made their homes in the higher hills of the Central Valley where the climate was cooler and the soil was rich.

The provinces of Central America, along with Costa Rica, declared independence from Spain in 1821. Following a brief period in which Costa Rica was part of the Mexican Empire, Costa Rica became a state in the Federal Republic of Central America from 1823 thru 1839. San Jose was declared the capitol in 1824. But the new Federation was plagued by continuous border disputes in the region, and that led to a break from the Federation by Costa Rica in 1838. Costa Rica withdrew from the weakened Federation and proclaimed itself sovereign. The Federation soon dissolved and the Central American government soon became independent states that still exist today. But all the Central American countries still celebrate September 15th as Independence Day, which is the day Central America became independent from Spain.

In the 1880's construction of railways in the eastern portion of Costa Rica brought many Jamaican immigrants to the Caribbean coast of Costa Rica. This immigration for labor on the railways is responsible for the approximately 3% of the country's black African population. Convicts from the United States and Chinese immigrants also worked on the building of the railway. A United States businessman named Minor Keith oversaw the construction of the railway and the Costa Rican government in exchange for his work granted him large tracts of land which he made into banana plantations and exported them to the United States. This made bananas, along with coffee, a principal export from Costa Rica, and gave the United Fruit Company (a foreign-owned corporation) a large role in the national economy.

Although Costa Ricans have enjoyed the benefits of political stability and peace, there were some periods of violence in the last hundred years. From 1917-1919, Federico Tinoco Granados was dictator until he was overthrown and forced into exile. In 1948, Jose Figueres Ferrer in the aftermath of a disputed presidential election led an armed uprising. This led to 2000 deaths and a 44 day Costa Rican Civil War that was the most violent event in Costa Rica in the twentieth century. This event led the victorious government to abolish the military in 1949. The new government also drafted a new constitution by a democratically-elected assembly. The new Costa Rican government established by the assembly held their first democratic election under the new constitution in 1953, when they elected Figueres who had become a national hero. Since that time, Costa Rica has enjoyed peaceful democratic elections, and peaceful transitions of power.

This stability of government has benefited Costa Ricans in many ways. Costa Rica has consistently been among the top Latin American countries in the Human Development Index, ranking 50th in 2006. Costa Rica ranks 5th in the world, and 1st in the Americas in terms of Environmental Performance Index! AND the Costa Rican government announced plans for Costa Rica to become the first carbon neutral country by 2021. Costa Rica ranks first in the Happy Planet Index! The Happy Planet Index measures how much of the Earth's resources nations use and how long and happy a life the country's citizens enjoy. Costa Rica is also the greenest country in the world according to this study.


Costa Rica History

The history of Costa Rica starts in Pre-Columbian times when the indigenous people of the area were part of the Intermediate Area between Mesoamerican and Andean cultural regions, and also includes the influence of the Isthmo-Columbian area. Costa Rica was the area where the Mesoamerican and South American native cultures met.

Free Vacation Planning

Christopher Columbus is credited with discovering Costa Rica in 1502 and gave Costa Rica its name which actually means &ldquorich coast&rdquo because he believed the land to be filled with precious metals. At this time, the Nicoya Peninsula was the southernmost point of the Nahuatl culture, and the central and southern areas of Costa Rica were influenced by the Chibcha culture. Both cultures were basically eliminated by diseases (mostly smallpox) and mistreatment by the conquering Spaniards.

The largest city in Central America during Spanish Colonial times was Guatemala City. Because Guatemala City was quite a distance from Costa Rica making it hard to establish trade routes, Costa Rica was mainly ignored by the Spanish Monarchy and left to develop on its own. This had its good side as Costa Rica was relatively free of intervention by the Spanish Monarchy, but it also contributed to its poverty as Costa Rica did not share in the prosperity that other Colonies were experiencing. In 1719 one Spanish governor described Costa Rica as &ldquothe poorest and most miserable Spanish colony in all Americas&rdquo. The fact that many of the indigenous people had succumbed to disease and mistreatment did not leave a large population to work as forced labor for the Spaniards. Most Costa Ricans had to work their own land.

It is believed that these circumstances are what make the Costa Rican ideology today different from many of its neighboring countries in Latin America, and led to the development of Costa Rica's egalitarian society. Costa Rica became a &ldquorural democracy&rdquo with no oppressed classes. Most Spanish settlers made their homes in the higher hills of the Central Valley where the climate was cooler and the soil was rich.

The provinces of Central America, along with Costa Rica, declared independence from Spain in 1821. Following a brief period in which Costa Rica was part of the Mexican Empire, Costa Rica became a state in the Federal Republic of Central America from 1823 thru 1839. San Jose was declared the capitol in 1824. But the new Federation was plagued by continuous border disputes in the region, and that led to a break from the Federation by Costa Rica in 1838. Costa Rica withdrew from the weakened Federation and proclaimed itself sovereign. The Federation soon dissolved and the Central American government soon became independent states that still exist today. But all the Central American countries still celebrate September 15th as Independence Day, which is the day Central America became independent from Spain.

In the 1880's construction of railways in the eastern portion of Costa Rica brought many Jamaican immigrants to the Caribbean coast of Costa Rica. This immigration for labor on the railways is responsible for the approximately 3% of the country's black African population. Convicts from the United States and Chinese immigrants also worked on the building of the railway. A United States businessman named Minor Keith oversaw the construction of the railway and the Costa Rican government in exchange for his work granted him large tracts of land which he made into banana plantations and exported them to the United States. This made bananas, along with coffee, a principal export from Costa Rica, and gave the United Fruit Company (a foreign-owned corporation) a large role in the national economy.

Although Costa Ricans have enjoyed the benefits of political stability and peace, there were some periods of violence in the last hundred years. From 1917-1919, Federico Tinoco Granados was dictator until he was overthrown and forced into exile. In 1948, Jose Figueres Ferrer in the aftermath of a disputed presidential election led an armed uprising. This led to 2000 deaths and a 44 day Costa Rican Civil War that was the most violent event in Costa Rica in the twentieth century. This event led the victorious government to abolish the military in 1949. The new government also drafted a new constitution by a democratically-elected assembly. The new Costa Rican government established by the assembly held their first democratic election under the new constitution in 1953, when they elected Figueres who had become a national hero. Since that time, Costa Rica has enjoyed peaceful democratic elections, and peaceful transitions of power.

This stability of government has benefited Costa Ricans in many ways. Costa Rica has consistently been among the top Latin American countries in the Human Development Index, ranking 50th in 2006. Costa Rica ranks 5th in the world, and 1st in the Americas in terms of Environmental Performance Index! AND the Costa Rican government announced plans for Costa Rica to become the first carbon neutral country by 2021. Costa Rica ranks first in the Happy Planet Index! The Happy Planet Index measures how much of the Earth's resources nations use and how long and happy a life the country's citizens enjoy. Costa Rica is also the greenest country in the world according to this study.


Costa Rica History

The history of Costa Rica starts in Pre-Columbian times when the indigenous people of the area were part of the Intermediate Area between Mesoamerican and Andean cultural regions, and also includes the influence of the Isthmo-Columbian area. Costa Rica was the area where the Mesoamerican and South American native cultures met.

Free Vacation Planning

Christopher Columbus is credited with discovering Costa Rica in 1502 and gave Costa Rica its name which actually means &ldquorich coast&rdquo because he believed the land to be filled with precious metals. At this time, the Nicoya Peninsula was the southernmost point of the Nahuatl culture, and the central and southern areas of Costa Rica were influenced by the Chibcha culture. Both cultures were basically eliminated by diseases (mostly smallpox) and mistreatment by the conquering Spaniards.

The largest city in Central America during Spanish Colonial times was Guatemala City. Because Guatemala City was quite a distance from Costa Rica making it hard to establish trade routes, Costa Rica was mainly ignored by the Spanish Monarchy and left to develop on its own. This had its good side as Costa Rica was relatively free of intervention by the Spanish Monarchy, but it also contributed to its poverty as Costa Rica did not share in the prosperity that other Colonies were experiencing. In 1719 one Spanish governor described Costa Rica as &ldquothe poorest and most miserable Spanish colony in all Americas&rdquo. The fact that many of the indigenous people had succumbed to disease and mistreatment did not leave a large population to work as forced labor for the Spaniards. Most Costa Ricans had to work their own land.

It is believed that these circumstances are what make the Costa Rican ideology today different from many of its neighboring countries in Latin America, and led to the development of Costa Rica's egalitarian society. Costa Rica became a &ldquorural democracy&rdquo with no oppressed classes. Most Spanish settlers made their homes in the higher hills of the Central Valley where the climate was cooler and the soil was rich.

The provinces of Central America, along with Costa Rica, declared independence from Spain in 1821. Following a brief period in which Costa Rica was part of the Mexican Empire, Costa Rica became a state in the Federal Republic of Central America from 1823 thru 1839. San Jose was declared the capitol in 1824. But the new Federation was plagued by continuous border disputes in the region, and that led to a break from the Federation by Costa Rica in 1838. Costa Rica withdrew from the weakened Federation and proclaimed itself sovereign. The Federation soon dissolved and the Central American government soon became independent states that still exist today. But all the Central American countries still celebrate September 15th as Independence Day, which is the day Central America became independent from Spain.

In the 1880's construction of railways in the eastern portion of Costa Rica brought many Jamaican immigrants to the Caribbean coast of Costa Rica. This immigration for labor on the railways is responsible for the approximately 3% of the country's black African population. Convicts from the United States and Chinese immigrants also worked on the building of the railway. A United States businessman named Minor Keith oversaw the construction of the railway and the Costa Rican government in exchange for his work granted him large tracts of land which he made into banana plantations and exported them to the United States. This made bananas, along with coffee, a principal export from Costa Rica, and gave the United Fruit Company (a foreign-owned corporation) a large role in the national economy.

Although Costa Ricans have enjoyed the benefits of political stability and peace, there were some periods of violence in the last hundred years. From 1917-1919, Federico Tinoco Granados was dictator until he was overthrown and forced into exile. In 1948, Jose Figueres Ferrer in the aftermath of a disputed presidential election led an armed uprising. This led to 2000 deaths and a 44 day Costa Rican Civil War that was the most violent event in Costa Rica in the twentieth century. This event led the victorious government to abolish the military in 1949. The new government also drafted a new constitution by a democratically-elected assembly. The new Costa Rican government established by the assembly held their first democratic election under the new constitution in 1953, when they elected Figueres who had become a national hero. Since that time, Costa Rica has enjoyed peaceful democratic elections, and peaceful transitions of power.

This stability of government has benefited Costa Ricans in many ways. Costa Rica has consistently been among the top Latin American countries in the Human Development Index, ranking 50th in 2006. Costa Rica ranks 5th in the world, and 1st in the Americas in terms of Environmental Performance Index! AND the Costa Rican government announced plans for Costa Rica to become the first carbon neutral country by 2021. Costa Rica ranks first in the Happy Planet Index! The Happy Planet Index measures how much of the Earth's resources nations use and how long and happy a life the country's citizens enjoy. Costa Rica is also the greenest country in the world according to this study.


Costa Rica History

The history of Costa Rica starts in Pre-Columbian times when the indigenous people of the area were part of the Intermediate Area between Mesoamerican and Andean cultural regions, and also includes the influence of the Isthmo-Columbian area. Costa Rica was the area where the Mesoamerican and South American native cultures met.

Free Vacation Planning

Christopher Columbus is credited with discovering Costa Rica in 1502 and gave Costa Rica its name which actually means &ldquorich coast&rdquo because he believed the land to be filled with precious metals. At this time, the Nicoya Peninsula was the southernmost point of the Nahuatl culture, and the central and southern areas of Costa Rica were influenced by the Chibcha culture. Both cultures were basically eliminated by diseases (mostly smallpox) and mistreatment by the conquering Spaniards.

The largest city in Central America during Spanish Colonial times was Guatemala City. Because Guatemala City was quite a distance from Costa Rica making it hard to establish trade routes, Costa Rica was mainly ignored by the Spanish Monarchy and left to develop on its own. This had its good side as Costa Rica was relatively free of intervention by the Spanish Monarchy, but it also contributed to its poverty as Costa Rica did not share in the prosperity that other Colonies were experiencing. In 1719 one Spanish governor described Costa Rica as &ldquothe poorest and most miserable Spanish colony in all Americas&rdquo. The fact that many of the indigenous people had succumbed to disease and mistreatment did not leave a large population to work as forced labor for the Spaniards. Most Costa Ricans had to work their own land.

It is believed that these circumstances are what make the Costa Rican ideology today different from many of its neighboring countries in Latin America, and led to the development of Costa Rica's egalitarian society. Costa Rica became a &ldquorural democracy&rdquo with no oppressed classes. Most Spanish settlers made their homes in the higher hills of the Central Valley where the climate was cooler and the soil was rich.

The provinces of Central America, along with Costa Rica, declared independence from Spain in 1821. Following a brief period in which Costa Rica was part of the Mexican Empire, Costa Rica became a state in the Federal Republic of Central America from 1823 thru 1839. San Jose was declared the capitol in 1824. But the new Federation was plagued by continuous border disputes in the region, and that led to a break from the Federation by Costa Rica in 1838. Costa Rica withdrew from the weakened Federation and proclaimed itself sovereign. The Federation soon dissolved and the Central American government soon became independent states that still exist today. But all the Central American countries still celebrate September 15th as Independence Day, which is the day Central America became independent from Spain.

In the 1880's construction of railways in the eastern portion of Costa Rica brought many Jamaican immigrants to the Caribbean coast of Costa Rica. This immigration for labor on the railways is responsible for the approximately 3% of the country's black African population. Convicts from the United States and Chinese immigrants also worked on the building of the railway. A United States businessman named Minor Keith oversaw the construction of the railway and the Costa Rican government in exchange for his work granted him large tracts of land which he made into banana plantations and exported them to the United States. This made bananas, along with coffee, a principal export from Costa Rica, and gave the United Fruit Company (a foreign-owned corporation) a large role in the national economy.

Although Costa Ricans have enjoyed the benefits of political stability and peace, there were some periods of violence in the last hundred years. From 1917-1919, Federico Tinoco Granados was dictator until he was overthrown and forced into exile. In 1948, Jose Figueres Ferrer in the aftermath of a disputed presidential election led an armed uprising. This led to 2000 deaths and a 44 day Costa Rican Civil War that was the most violent event in Costa Rica in the twentieth century. This event led the victorious government to abolish the military in 1949. The new government also drafted a new constitution by a democratically-elected assembly. The new Costa Rican government established by the assembly held their first democratic election under the new constitution in 1953, when they elected Figueres who had become a national hero. Since that time, Costa Rica has enjoyed peaceful democratic elections, and peaceful transitions of power.

This stability of government has benefited Costa Ricans in many ways. Costa Rica has consistently been among the top Latin American countries in the Human Development Index, ranking 50th in 2006. Costa Rica ranks 5th in the world, and 1st in the Americas in terms of Environmental Performance Index! AND the Costa Rican government announced plans for Costa Rica to become the first carbon neutral country by 2021. Costa Rica ranks first in the Happy Planet Index! The Happy Planet Index measures how much of the Earth's resources nations use and how long and happy a life the country's citizens enjoy. Costa Rica is also the greenest country in the world according to this study.


Costa Rica History

The history of Costa Rica starts in Pre-Columbian times when the indigenous people of the area were part of the Intermediate Area between Mesoamerican and Andean cultural regions, and also includes the influence of the Isthmo-Columbian area. Costa Rica was the area where the Mesoamerican and South American native cultures met.

Free Vacation Planning

Christopher Columbus is credited with discovering Costa Rica in 1502 and gave Costa Rica its name which actually means &ldquorich coast&rdquo because he believed the land to be filled with precious metals. At this time, the Nicoya Peninsula was the southernmost point of the Nahuatl culture, and the central and southern areas of Costa Rica were influenced by the Chibcha culture. Both cultures were basically eliminated by diseases (mostly smallpox) and mistreatment by the conquering Spaniards.

The largest city in Central America during Spanish Colonial times was Guatemala City. Because Guatemala City was quite a distance from Costa Rica making it hard to establish trade routes, Costa Rica was mainly ignored by the Spanish Monarchy and left to develop on its own. This had its good side as Costa Rica was relatively free of intervention by the Spanish Monarchy, but it also contributed to its poverty as Costa Rica did not share in the prosperity that other Colonies were experiencing. In 1719 one Spanish governor described Costa Rica as &ldquothe poorest and most miserable Spanish colony in all Americas&rdquo. The fact that many of the indigenous people had succumbed to disease and mistreatment did not leave a large population to work as forced labor for the Spaniards. Most Costa Ricans had to work their own land.

It is believed that these circumstances are what make the Costa Rican ideology today different from many of its neighboring countries in Latin America, and led to the development of Costa Rica's egalitarian society. Costa Rica became a &ldquorural democracy&rdquo with no oppressed classes. Most Spanish settlers made their homes in the higher hills of the Central Valley where the climate was cooler and the soil was rich.

The provinces of Central America, along with Costa Rica, declared independence from Spain in 1821. Following a brief period in which Costa Rica was part of the Mexican Empire, Costa Rica became a state in the Federal Republic of Central America from 1823 thru 1839. San Jose was declared the capitol in 1824. But the new Federation was plagued by continuous border disputes in the region, and that led to a break from the Federation by Costa Rica in 1838. Costa Rica withdrew from the weakened Federation and proclaimed itself sovereign. The Federation soon dissolved and the Central American government soon became independent states that still exist today. But all the Central American countries still celebrate September 15th as Independence Day, which is the day Central America became independent from Spain.

In the 1880's construction of railways in the eastern portion of Costa Rica brought many Jamaican immigrants to the Caribbean coast of Costa Rica. This immigration for labor on the railways is responsible for the approximately 3% of the country's black African population. Convicts from the United States and Chinese immigrants also worked on the building of the railway. A United States businessman named Minor Keith oversaw the construction of the railway and the Costa Rican government in exchange for his work granted him large tracts of land which he made into banana plantations and exported them to the United States. This made bananas, along with coffee, a principal export from Costa Rica, and gave the United Fruit Company (a foreign-owned corporation) a large role in the national economy.

Although Costa Ricans have enjoyed the benefits of political stability and peace, there were some periods of violence in the last hundred years. From 1917-1919, Federico Tinoco Granados was dictator until he was overthrown and forced into exile. In 1948, Jose Figueres Ferrer in the aftermath of a disputed presidential election led an armed uprising. This led to 2000 deaths and a 44 day Costa Rican Civil War that was the most violent event in Costa Rica in the twentieth century. This event led the victorious government to abolish the military in 1949. The new government also drafted a new constitution by a democratically-elected assembly. The new Costa Rican government established by the assembly held their first democratic election under the new constitution in 1953, when they elected Figueres who had become a national hero. Since that time, Costa Rica has enjoyed peaceful democratic elections, and peaceful transitions of power.

This stability of government has benefited Costa Ricans in many ways. Costa Rica has consistently been among the top Latin American countries in the Human Development Index, ranking 50th in 2006. Costa Rica ranks 5th in the world, and 1st in the Americas in terms of Environmental Performance Index! AND the Costa Rican government announced plans for Costa Rica to become the first carbon neutral country by 2021. Costa Rica ranks first in the Happy Planet Index! The Happy Planet Index measures how much of the Earth's resources nations use and how long and happy a life the country's citizens enjoy. Costa Rica is also the greenest country in the world according to this study.